Apple Watchトランシーバーアプリの使い方!会話できる距離や機能を解説!

Apple Watchに新しい機能が追加されました。それは、トランシーバーアプリです。本記事では、Apple Watchのトランシーバーアプリで会話できる距離や機能・使い方などを詳しくご紹介していきます。是非参考にしてください。

Apple Watchトランシーバーアプリの使い方!会話できる距離や機能を解説!のイメージ

目次

  1. 1Apple Watchでトランシーバーを使おう!
  2. トランシーバーの機能とは?
  3. トランシーバーで会話できる距離
  4. 2Apple Watchでトランシーバーを使う準備
  5. Apple WatchのOSをwatchOS 5以降に更新する
  6. iPhoneのFaceTimeにApple IDでサインインする
  7. 3Apple Watchでのトランシーバーアプリの使い方
  8. 友達の連絡先を追加する方法
  9. 友達の連絡先を削除する方法
  10. 友達と会話する方法
  11. トランシーバーの設定を切り替える方法
  12. Apple Watchのみでトランシーバー機能を使う方法
  13. 4Apple Watchでトランシーバーが使えない場合の対処法
  14. トランシーバーアプリが表示されない
  15. 参加依頼を送受信できない
  16. どうしても無理な場合はAppleサポートに問い合わせよう
  17. 5Apple Watchでトランシーバーアプリを使ってみよう!

Apple Watchでトランシーバーを使おう!

Apple Watchの新しい機能である、トランシーバーアプリを使ったことがありますか。便利な機能のトランシーバーアプリですが、その機能や使い方・会話できる距離などを解説していきます。

Apple Watch

トランシーバーの機能とは?

Apple Watchのトランシーバーアプリの機能は、Apple Watchを持っている者同士で会話ができることです。Apple Watchに相手の連絡先を登録することで、Wi-Fi環境下であれば会話することができます。

トランシーバーで会話できる距離

通常のトランシーバーとは違い、Apple Watchのトランシーバーアプリで会話する場合は、距離は関係なく、どんなに距離が離れていても会話することが可能です。よって、環境下であれば、お互いApple Watchを持っていれば距離に関係なく会話ができるということです。

Apple Watch

Apple Watchでトランシーバーを使う準備

まずApple Watchでトランシーバーアプリを使うためには、事前に準備が必要です。ここでは、2つ必要な準備について解説していきます。

Apple WatchのOSをwatchOS 5以降に更新する

Apple Watchのトランシーバーアプリを使うためには、Apple WatchのOSをwatchOS 5に更新しておかないと使うことができません。もし、更新していない場合は下記の手順に沿って更新してください。

iPhoneとApple Watchをペアリングしたら、iPhoneホーム画面にある「Apple Watchアプリ」を起動します。

iPhone画面

Apple Watchが起動したら、「マイウォッチ」「一般」をタップします。

iPhone画面

「ソフトウエア・アップデート」をタップします。

iPhone画面

「ダウンロードとインストール」をタップします。

iPhone画面

「同意する」をタップするとアップデートが始まります。

iPhone画面

iPhoneでアップデートが完了すると、Apple Watchの画面にアップデートの画面が表示されるので、「インストール」をタップしてアップデートしてください。また、Apple Watchでバージョンを確認するには、「設定」「一般」「情報」「バージョン」で確認できます。アップデートが完了したら、一度確認するようにしてください。

iPhoneのFaceTimeにApple IDでサインインする

ペアリングしているiPhoneのFaceTimeに、AppleIDでサインインします。サインインする方法は、iPhoneホーム画面にある「設定」「FaceTime」をタップします。

iPhone画面

「FaceTimeにApple IDを使用」をタップしてサインインしてください。また、「FaceTime着信用の連絡先情報」できちんとメールアドレスが選択されているかを確認してください

iPhone画面

Apple Watchでのトランシーバーアプリの使い方

iPhoneとApple Watchで事前準備ができたら、トランシーバーアプリを使っていきます。ここからは、使い方について詳しく解説していきます。

Apple Watch

友達の連絡先を追加する方法

まずは、Apple Watchのトランシーバーアプリに友達の連絡先を追加します。Apple Watchホーム画面にある、「トランシーバーアプリ」をタップします。

Apple Watch画面

参加依頼を送る

トランシーバーアプリが起動したら、追加したい連絡先に参加依頼を送ります。下の画面にある「+」をタップします。

Apple Watch画面

連絡先一覧が表示されるので、その中から「追加したい友達」(Apple Watchを持っている人)を選んでタップすると、〇〇さん参加依頼済みと表示され、参加依頼が完了します。

Apple Watch画面

参加依頼を受け入れる

トランシーバーアプリから参加依頼がきたら、Apple Watchの画面では下のような画面が表示されますので、「常に許可」をタップして参加依頼を受け入れます。

Apple Watch画面

友達の連絡先を削除する方法

トランシーバーアプリに連絡先を追加したら、今度は追加した友達の連絡先を削除する使い方を解説していきます。まずは、削除したい友達を表示させます。そして、その削除したい「友達の名前」の上を左にスワイプ⇒「削除」をタップします。

もしくは、iPhoneホーム画面でApple Watchを開いたら、「トランシーバー」「編集」「-」「削除」をタップすると削除することができます。

友達と会話する方法

トランシーバーアプリでお互い連絡先を追加したら、次は会話をする使い方を解説していきます。まずは、トランシーバーアプリをタップします。

Apple Watch画面

下の画面のように、会話可能であることことを確認してから、会話したい「友達」を選んでタップします。

Apple Watch画面

「話す」をタップします。この、話すボタンを押している間だけ相手に音声を届けることができます。また、相手が話す時は話すボタンが非表示になります。また、相手との距離は関係なく会話することができます。

Apple Watch画面

会話は終了させる場合は、会話可能を「オフ」にします。

Apple Watch画面

音量を変更する

トランシーバーアプリの音量を変更したい場合は、Apple Watch右側面にあるデジタルクラウンを回すことで変更できます。その際、トランシーバーアプリの画面には、下の画面のようにボリュームアイコンが表示されます。

Apple Watch画面

トランシーバーの設定を切り替える方法

トランシーバーアプリで会話できたら、トランシーバーのオンとオフを切り替える使い方を解説していきます。トランシーバーアプリを開いたら、会話可能を「オフ」にします。これで、トランシーバー機能のオン・オフを切り替えることができます。

もし、オフに設定している時に友達から連絡があった場合は、通知が届きます。トランシーバーアプリ画面の「〇〇さんとの会話」をタップすれば会話ができます。

Apple Watch画面

Apple Watchで消音モード・シアターモード・おやすみモードにしている場合は下記のようになります。
 

  • 消音モード:お知らせ音と相手の音声は聞こえます。
  • シアターモード:話すことはできません。
  • おやすみモード:iPhoneでお気に入り登録している人とは話すことができるので、お知らせ音は聞こえます。しかしそれ以外の人の通話は聞こえません。

Apple Watchのみでトランシーバー機能を使う方法

ここまでは、iPhoneと一緒にトランシーバー機能を使う方法でしたが、Apple Watchのみでトランシーバー機能を使うこともできます。その場合は、iPhoneが近くになくてもWi-Fi接続・モバイルデータ通信のどちらかを設定していれば使うことができます。

Apple Watch

Apple Watchでトランシーバーが使えない場合の対処法

Apple Watchでトランシーバー機能がうまく使えない場合があります。そんな時にはどうしたらいいのか、項目ごとに解説していきます。

トランシーバーアプリが表示されない

トランシーバーアプリがApple Watchに表示されない場合は、下記の方法を試してみてください。
 

  • iPhoneで「FaceTimeアプリ」をダウンロードします。
  • iPhoneホーム画面の「設定」「FaceTime」⇒FaceTimeを「オン」にします。
  • FaceTimeアプリで「電話」をかけて正しく設定されているかを確認します。
  • Apple Watch本体を「再起動」します。
  • iPhone本体を「再起動」します。

Apple Watch

参加依頼を送受信できない

参加依頼を送受信できない場合は、下記の方法を試してください。
 

  • iPhoneホーム画面で「設定」「FaceTime」「FaceTimeにApple IDを使用」でサインインしているかを確かめてください。また、「FaceTime着信用の連絡先情報」できちんとメールアドレスが選択されているかを確認してください。
  • Apple Watch本体を「再起動」します。
  • iPhone本体を「再起動」します。
  • 再度、Apple Watchで参加依頼をします。トランシーバーアプリで、「送信できなかった連絡先」を左にスワイプ⇒「×」をタップして削除してから、もう一度送信する「連絡先」をタップして参加依頼をしてください。

Apple Watch

どうしても無理な場合はAppleサポートに問い合わせよう

対処法を試して、どうしてもうまくいかなかった場合は、Appleサポートに問い合わせしてみてください。何か解決策があるはずです。

Apple Watchでトランシーバーアプリを使ってみよう!

Apple Watch

今回は、Apple Watchでトランシーバーアプリを使う方法を解説しました。ちょっとした連絡には非常に便利なトランシーバーアプリですが、事前設定は必ずしてくだい。

watchOS 5にアップデート・FaceTimeにApple IDでサインインしてください。またその際、FaceTime着信用の連絡先情報で、きちんとメールアドレスが選択されているかを確認してください。設定ができたらあとは使うだけです。是非一度、友達と一緒にトランシーバーアプリを使ってみてください。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
leiyu
皆さんのお役に立てる記事を分かりやすく書いていくライターを目指しています。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ