Apple WatchでのLINEの使い方と設定方法!通知表示や返信の仕方を解説!

Apple Watchは時間やスケジュールだけでなく、LINEの通知がApple Watchに届いたりLINEの新着メッセージを確認できたりと便利なので様々な場面で活躍します。今回はApple WatchでのLINEの使い方と設定方法について解説します。

Apple WatchでのLINEの使い方と設定方法!通知表示や返信の仕方を解説!のイメージ

目次

  1. 1Apple WatchのLINEアプリでできることは?
  2. 2Apple WatchでのLINEアプリの設定方法
  3. 3Apple WatchでのLINEアプリの使い方
  4. 4Apple WatchでLINEの通知がこない対処法
  5. 5Apple WatchでLINEアプリの通知を受けよう!

Apple WatchのLINEアプリでできることは?

Apple Watchは使い方も特に難しい操作がなく、時計とは思えないような機能で日常に感じる少しの不便を改善してくれるので持っているとできることも増えて便利です。また、アプリもApple Watch上で通知を確認できたりもするので、そういった点が評価され、学生やビジネスマンにも人気の時計のひとつとなっているのでしょう。

今回はApple WatchのLINEアプリでできることについて解説していきます。Apple WatchでLINEのメッセージを送信できたり、最新の通知を確認できたりするとかなり便利ですよね。できることに加え、その機能の使い方も解説していきますのでApple Watchユーザーや買おうか迷っている方は参考にしてみてください。

LINEの通知を受け取る

まず1つ目がLINEの通知を受け取ることができますこの機能があると携帯をわざわざポケットやしまっている場所から出して確認する手間を省くことができるのでかなり楽になりますよね。また、ランニングや趣味をしている時にも手軽に確認することができるこの機能はApple Watchのユーザーが多い理由の1つでしょう。

LINEのメッセージ内容を確認する

2つ目がLINEのメッセージ内容を確認することができる事ですメッセージ内容は最新のメッセージから過去のメッセージまで確認することができます。ふと思い立った時にすぐ手元で確認できるのも良い点ですね。また、スタンプは表示されますが、動画の再生はiPhone本体のみでしか再生できないのでその点は注意しておきましょう

LINEのメッセージに返信する

3つ目がLINEのメッセージに返信できることです。この機能まで使えるのであればiPhone本体の機能と比べても遜色ないですよね。Apple Watchでできることはスタンプ、音声入力、録音した音声、Apple Watchに登録している定型文の4種類です

もちろんiPhoneと違ってキーボードはないので、手で文字を入力することは不可能ですが音声入力が出来る事を考えるとApple WatchでできるLINEの機能としては十分すぎるくらいでしょう。また、Apple Watch本体に挨拶等の定型文を登録することもできるので内容によって使い分けることもできます。

LINEのマイQRコードを表示する

4つ目がLINEのマイQRコードを表示することができる点です。iPhoneでLINEを使っている場合、自身のアカウントを追加してもらう場合は画面上にLINEのマイQRコードを表示し、読み取ってもらうことで友達になれます。そのQRコードを自身のApple Watch上で表示して読み取ってもらう機能はかなり使えるでしょう。

LINEを仕事でも連絡手段として使う会社も増えてきている中、こういった機能はビジネスマンにもかなりありがたい機能でしょう。ビジネスマンのみならず多くの人にとって便利な機能となっているでしょう。

Apple WatchでのLINEアプリの設定方法

上記ではApple WatchのLINEアプリではどういった事ができるのかについて解説しましたが、LINEをApple Watchで使うのにはメリットしかないでしょう。次は、実際にApple WatchでのLINEアプリの設定方法について解説していきます。

Apple WatchにLINEアプリをインストールする

Apple Watchは自身のiPhoneとペアリングし、iPhone内にあるアプリでApple Watchにも対応しているものがApple Watch上でも使えるようになる仕組みです。そのためまずは自身のiPhoneで「ホーム画面」→「Watch」を選択してアプリを表示してください

その後、「マイウォッチ」→「Apple Watch」→「LINE」を選択してください。選択すると「AppをApple Watchで表示」と表示が出るのでそれをオンにするとApple Watchにインストールされます

ThumbApple WatchのiPhoneとのペアリング方法!初期設定や接続の解除方法も解説!
Apple WatchをiPhoneとペアリングする方法はどのようにしたらいいのでしょうか。...

Apple Watchで通知を受け取る

Apple Watchでは上記でも解説したようにLINEの通知を受け取り、確認することができます。しかし、腕時計はみえやすい位置にもあるので通知が見られないか心配ですよね。そういった点も通知の設定方法で変更することができます。

まず、上記と同様に「Watch」→「マイウォッチ」を開いてください次に「通知」を選択してください。「通知のプライバシー」をオンにすることで通知を確認するには一度画面をタップする必要があるので見えてしまう可能性は低くなるでしょう

通知設定方法

着信の場合

着信の場合は、「◯◯から着信がありました。」というように着信の通知が届きます。着信の場合はApple Watchで対応することは不可能なのでiPhoneの方のLINEで対応するようにしましょう。

Apple WatchでのLINEアプリの使い方

上記で解説してきたように、Apple WatchでLINEアプリを使えることは多くの人にとって便利で実用的です。同じApple製品ということもあってか通知の確認の時の操作方法はiPhoneと似た部分があるので特に困ることはないでしょう。それでは、実際にApple WatchでのLINEアプリの使い方について解説していきます。

LINEのメッセージ内容を確認する

まずは、Apple WatchでLINEのメッセージ内容を確認する方法について解説します。この点はiPhoneとほとんど同じで、Apple Watch上で「LINEアプリ」を起動してくださいその後トークの画面が表示されるので見たいトークを選択することで最新のトーク内容が表示されます

LINEアプリ使い方

その後、過去のトークを振り返って見たい場合は下記画像のように「もっと見る」を選択すると過去の内容も確認することができます

LINEアプリ使い方

LINEのメッセージに返信する

次に、LINEのメッセージに返信する方法について解説していきます。上記の方でも解説したようにApple WatchのLINEアプリでできることは4パターンあり、スタンプ、音声入力、録音音声、登録している定型文の4種類です定型文はiPhone上でLINEのアプリから設定することができます

テキスト

音声入力でテキストを入力する場合、通知画面から直接返信する場合とApple WatchのLINEアプリから返信する場合の2パターンあります。通知画面から返信する場合は通知確認後、通知の下に表示される「返信」と「スタンプ」のうちから「返信」を選択すると音声入力のSiriが起動し入力することができます

Apple Watch内のLINEアプリから返信の場合は、下記画像のようにトーク内容を遡る「もっと見る」ボタンの下に3種類あるうちの真ん中を選択して入力が可能になります

LINEアプリ使い方

スタンプ

スタンプの場合も上記の音声入力テキストと使い方自体は同様です。通知画面から送信する際は「スタンプ」を選択していただければ送信することができます。上記では真ん中の音声入力ボタンを選択しましたが、次は左のニコちゃんマークを選択していただければスタンプの送信が可能です。

LINEのマイQRコードを表示する

次に、LINEのマイQRコードを表示させる方法について解説します。QRコードを表示させたい時、わざわざiPhoneを手元に用意して開く必要もなくなるこの機能はかなり実用的で便利な機能です。

まず、LINEアプリをApple Watch上で開き一番左の画面までスワイプしてくださいスワイプするとマイQRコードが表示されるので読み取ってもらうだけです

Apple WatchでLINEの通知がこない対処法

Apple WatchはiPhoneとペアリングして使うことができるのですが通知の設定が稀にうまくいかなくなり通知がこなくなることがあります。そういった場合の多くは今回解説することが原因となっています。LINEの通知がきていないとなっているのであれば早急に対処してみましょう。

通知の設定を確認する

Apple WatchにLINEの通知がこない不具合は通知の設定が理由になっている事が多いです。まずはApple WatchとiPhoneの通知の設定について確認して見ましょう。

iPhone

iPhoneでの通知の設定確認方法はまず「ホーム画面」→「設定」を選択し設定アプリを開いてください。次に「設定」→「通知」を選択し「LINE」の通知設定を選択してください。設定画面になったら「通知を許可」がオンになっているかを確認しましょう

通知設定

Apple Watch

Apple Watchでの設定確認方法はiPhoneの「ホーム画面」→「Watch」を選択してアプリを開いてください「マイウォッチ」→「通知」を選択し、下記画像のように「LINE」がオンになっているかを確認しましょう

LINE通知設定

iPhone・Apple Watchの両方を再起動する

上記の設定方法でも解決しない場合は、一度iPhoneとApple Watchの両方を再起動して見ましょう。一度ペアリングを解除してペアリングしなおしてみるのも良いでしょう。iPhoneX以降の場合は、サイドボタンと音量ボタンのどちらかを長押しApple Watchはサイドボタンを長押し後、「電源オフ」を選択で電源オフにできます

iPhoneのロックを解除している場合

Apple WatchはiPhoneとペアリングしているものなので通知はどちらかにしかきません。その為、iPhoneのロックを解除している場合、iPhoneを使用中と判断されiPhoneに通知が届きます。そういった場合はApple Watchには通知が届かないので覚えておきましょう。

Apple WatchでLINEアプリの通知を受けよう!

今回はApple Watchの使い方とできることについて詳しく解説してきました。LINEも多くの機能を使えるので使い勝手も良くApple Watchを多くのユーザーが使っているのも納得ですね。Apple WatchでLINEを便利に使いこなして日々の生活の充実度をアップさせましょう!

関連するまとめ

Original
この記事のライター
gu_cci_0
よろしくお願い致します。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ