VR動画の再生におすすすめのプレイヤーアプリ11選![PC/iPhone/Android]

3Dを駆使したゲームや動画を視聴するVRをもうすでに試したでしょうか。通常の動画やゲームでは楽しむことのできない臨場感や迫力をVRプレイヤーで楽しめます。今回はこれからますます人気を増す、VR動画の再生におすすめのプレイヤーアプリを紹介します。

VR動画の再生におすすすめのプレイヤーアプリ11選![PC/iPhone/Android]のイメージ

目次

  1. 1VR動画プレイヤーアプリを使ってVR動画の再生しよう!
  2. VRとは?
  3. VRが楽しめるプレイヤーアプリ!
  4. 2VR動画プレイヤーアプリを使う注意点
  5. VR動画の再生は通信量の負担が大きい
  6. 指定されたアプリでしか再生できないVR動画がある
  7. プレイヤーアプリは無料版と体験版(有料)がある
  8. 3VR動画の再生におすすすめのプレイヤーアプリ【PC】
  9. SteamVR Media Player
  10. Simple VR Video Player
  11. 4VR動画の再生におすすすめのプレイヤーアプリ【iPhone】
  12. Fulldive VR
  13. 5VR動画の再生におすすすめのプレイヤーアプリ【 Android】
  14. VaR’s VR Video Player
  15. VR Theater for Cardboard
  16. 6VR動画を配信しているおすすめプレイヤーアプリ
  17. YouTube
  18. DMM
  19. 360channel
  20. Google Spotlight Stories
  21. dTV VR
  22. VR Cinema
  23. 7VR動画をプレイヤーアプリを使って再生しよう!

VR動画プレイヤーアプリを使ってVR動画の再生しよう!

現在大きな盛り上がりを見せているエンターテインメント産業の分野にVRがあります。VRはゲームや動画だけではなく、アトラクションや擬似旅行などの分野でも導入され、今後さらにその活用分野の裾野が広がっていくことが予想されています。VR技術の歴史は古く1930年代にまでさか上ります。

当初はアミューズメントパークなどの遊具としてこの技術が用いられていました。その後1960年代に入り、世界発のヘッドマウントディスプレイが開発されました。ゲーム業界が初めてVRを導入したのは1990年代で、ゲームメーカーの老舗である任天堂が「バーチャル・ボーイ」を販売しました。

このゲームは世界で初めて、スタンドアロン型のデバイスを使用するゲームでした。

その後VRはさらなる技術革新と進化を遂げ、2016年に大きな節目を迎えました。この年に「Oculus Rift」「HTC Vive」が市場にお目見えし、さらにゲーム会社大手のソニー・コンピュータエンタテインメントが「PlayStation VR」を発表したことにより、VR市場は一気に活気を得ました。この記念すべき年は「VR元年」と呼ばれています。

「PlayStation VR」

VRとは?

ではそもそもVRとは何でしょうか。VRは英語のVirtual Realityの頭文字を繋げた略語で、「仮想現実」という意味です。具体的には、3Dコンピューターグラフィックや実写映像を織り交ぜて、3次元の仮想空間を作り出し、あたかもその場にいるような感覚をユーザーに感じさせる技術のことです。

例えば、鳥や飛行機が空を自由に飛んでいる感覚や、ジェットコースターのようなスピード感あふれる乗り物にあたかも乗車しているような感覚を仮想空間で経験させます。

VR動画を視聴すると、自分が3次元の実世界にいる感覚だけではなく、自分の行動に合わせて画面の向きや背景も変わるので、仮想世界にいるという現実を忘れるほどのリアリティーを経験できます

VRが楽しめるプレイヤーアプリ!

VR動画やゲームをするのに欠かすことのできない物がVRゴーグルです。VRの本来の楽しみ方は、3次元空間を大画面で楽しむことです。しかしVRゴーグルを使って自分が既に持っている動画を再生することはできるのでしょうか

またテレビのような大画面ではなく、iPhoneやAndroid端末のような小さな画面でもVR本来の醍醐味を失うことなく動画を楽しむことができるのでしょうかその答えがVR動画プレイヤーアプリです。VR動画プレイヤーアプリとは、iPhoneやAndroid端末で使用できるVRアプリのことです。

VR動画を楽しむための準備も簡単です。お手持ちのPC、iPhone、またAndroid端末のスマホにVR動画プレイヤーアプリをインストールするだけです。

Thumbスマホ用の格安VRゴーグル「VR BOX」をレビュー!おすすめアプリゲームも紹介!
本記事は、バーチャルリアリティー(VR)の世界を体験するために、必要なVRゴーグルのVRBO...

VR動画プレイヤーアプリを使う注意点

PCだけでなく、iPhoneやAndroid端末でVR動画を楽しめるのは大きな魅力です。しかしVR動画プレイヤーアプリを使用してPCやスマホで動画を楽しむ前に、留意すべき幾つかの注意点があります。初めてVR動画プレイヤーアプリを試すユーザーは特に覚えておくべき点です。3つの注意点があります。

1つ目はVR動画の再生は通信量の負担が大きいことです。2つ目は指定されたアプリでしか再生できないVR動画があることです。そして3つ目はVR動画プレイヤーアプリには無料版と体験版(有料)があることです。これからこれら3つの注意点について詳しく説明します

VR動画の再生は通信量の負担が大きい

VR動画プレイヤーアプリを使用する前に覚えておくべき最初の注意点は、VR動画の再生は通信量の負担が大きいことです。VR動画は、ほぼ同じ画質を持つ普通の動画よりもはるかに大きなファイルサイズが必要になります。そのためより多くの通信料を必要とします。

一例として、YouTubeで動画のストリーミングを自動で連続再生した場合、1時間で消費する通信料は353.2MBです。毎日この調子で1時間視聴すると1ヶ月で10GBの通信料が消費されます。VR動画プレイヤーアプリが消費する通信料はこれ以上です。ですから、Wi-Fiでのインターネット接続が可能な環境で使用すべきです。

指定されたアプリでしか再生できないVR動画がある

VR動画プレイヤーアプリを使用する前に覚えておくべき2つ目の注意点は、指定されたアプリでしか再生できないVR動画があることです。それでVR動画プレイヤーアプリをダウンロードする前に、そのアプリが自分のPCやiPhone、Android端末のスマホで起動するかどうかを確認する必要があります。

プレイヤーアプリは無料版と体験版(有料)がある

VR動画プレイヤーアプリを使用する前に覚えておくべき3つ目の注意点は、プレイヤーアプリは無料版と体験版(有料)があることです。つまりVR動画プレイヤーアプリ全てが無料であるわけではないということです。体験版というのは、基本的に有料版の購入を促す目的で配布されます。

VR動画プレイヤーアプリの場合、体験版とは、一部は無料であるものの、基本的には有料であり、無料体験版とは異なります。それでダウンロードする前に、そのVR動画プレイヤーアプリが無料なのか、あるいは有料なのかを確認する必要があります

ThumbAR・VR・MR・SRとは?それぞれの違いと活用事例を合わせて解説!
AR・VR・MR・SRの違いを知っていますか?AR・VR・MR・SRのそれぞれの違いと活用事...

VR動画の再生におすすすめのプレイヤーアプリ【PC】

VR動画は、iPhoneやAndroid端末だけでなく、PCでも楽しむことができます。PCでVR動画プレイヤーアプリを起動させ、VR動画を視聴するメリットは、PCはiPhoneやAndorid端末以上に高性能であり、また画面も大きいので、iPhoneやAndroid端末では体験できない臨場感と興奮を味わいながらVR動画を楽しめることです。

これからPCで再生可能なVR動画おすすめのプレーヤーアプリを2つ紹介します。1つ目のおすすめは「SteamVR Media Player」、もう1つのおすすめは「Simple VR Video Player」です。これから、それら2つのおすすめPC版VR動画プレイヤーアプリを1つずつ紹介します。

SteamVR Media Player

VR動画の再生におすすすめのPC版VR動画プレイヤーアプリの1つ目は、SteamVR Media Playe」です。「SteamVR Media Player」は、2017年にベータ版が発表され、その後アップデートをし、新たにメディアプレーヤー機能を追加したSteamVR Media Playerとして再登場しました。

SteamVR Media Playe」は、360度で作成された画像や動画の視聴が可能です。メディアのレイアウトは、3方式あり、モノラル方式左右ステレオ方式上下ステレオ方式です。VR内では、平面180度360度魚眼視点で鑑賞できます。また動画のレイアウトは自動識別機能により再生されます。

SteamVR Media Playerのロゴ

Simple VR Video Player

VR動画の再生におすすすめのPC版VR動画プレイヤーアプリの2つ目は、「Simple VR Video Player」です。「Simple VR Video Player」は有料のVR動画プレイヤーアプリで、値段は800円です。Simple VR Video Playerはとてもシンプルであるものの、動きがとても軽快で、使いやすいVR動画プレイヤーアプリです。

VR内は、2D、180度、360度に対応し、3Dサイド バイ サイド方式と3Dオーバー アンダー形式を採用し、180度の魚眼視点での鑑賞も可能です。また明るさ、ガンマ、コントラストを設定できるので、目にやさしいVR動画プレイヤーアプリです。これもおすすめの理由です。

Simple VR Video Playerのロゴ
ThumbNetflixをVRで視聴する方法!VRにおすすめの作品と対応ゴーグルを紹介!
NetflixをVRで視聴することができると知っていましたか。ここではOculus GoやG...

VR動画の再生におすすすめのプレイヤーアプリ【iPhone】

ではこれからVR動画の再生におすすすめのiPhone版VR動画プレイヤーアプリを紹介します。現在、有料、無料のiPhone対応のVR動画プレイヤーアプリが存在します。機能やサービスも様々で、VR初心者には非常に難しく、どのVR動画プレイヤーアプリが最も自分に合うのか、見つけるのに苦労するかもしれません

大きな2つのカテゴリーに分けることができます。1つは360度の動画を視聴できるもの、もう1つは立体的なVR動画を視聴できるものです。360度の動画を視聴できるVR動画プレイヤーアプリは、画面左右にスクロールして、静止画像や動画を見ることができます。

そして360度の動画を視聴できるVR動画プレイヤーアプリは、VRゴーグルなしで視聴できるものが多いです。立体的なVR動画を視聴できるVR動画プレイヤーアプリは、「両眼視差」を巧みに利用し、物を立体的に見せる仕組みを採用しています。

そのためVRゴーグルが必要です。この立体的なVR動画を視聴できるVR動画プレイヤーアプリのデメリットは、「VR酔い」を起こすことがあることです。

Fulldive VR

今回紹介する、VR動画の再生におすすすめのiPhone版VR動画プレイヤーアプリは、「Fulldive VR」です。「Fulldive VR」は、平面画像の動画や360度動画を視聴できるVR動画プレイヤーアプリです。ですから「VR酔い」の心配はありません。「Fulldive VR」の最大の魅力は、手軽に楽しめることです。

さらにVR動画だけでなく、メニューも全てVRの仮想空間の中で行えることも他のアプリと異なる点です。また「Fulldive VR」対応の様々なジャンルの動画がたくさん出ているので、幅広く楽しむことができます。これらがおすすめの理由です。

Fulldive VRのロゴ
ThumbVR酔いして気持ち悪い時の症状や原因と5つの対策を紹介!
VRをプレイするとVR酔いしてしまいますが、原因は何なのでしょうか。ここではVR酔いの対策を...

VR動画の再生におすすすめのプレイヤーアプリ【 Android】

続いて紹介するのは、VR動画の再生におすすすめのAndroid版VR動画プレイヤーアプリです。現在配信されているスマホ対応のVR動画プレイヤーアプリの多くは、Android端末でもiPhone端末でも使用できます。

しかし、日本におけるスマホの使用率はiPhoneが68.6%と圧倒的に多いこと、さらにセキュリティの問題で、アプリの審査基準はiPhoneよりAndroid端末の方が厳しいことから、現在、
iPhone向けのVR動画プレイヤーアプリ方が、Android向けのVR動画プレイヤーアプリより多く配信されています。

それでも多くのAndroid版VR動画プレイヤーアプリが配信されています。今回はその中から2つのおすすめアプリを紹介します。1つ目のおすすめはVaR’s VR Video Player」、もう1つのおすすめは「VR Theater for Cardboard」です。これからそれら2つのアプリを詳しく解説します。

VaR’s VR Video Player

最初に紹介するVR動画の再生におすすすめのAndroid版VR動画プレイヤーアプリは、「VaR’s VR Video Player」です。このVR動画プレイヤーアプリはAndroid端末でのみ使用できます。「VaR’s VR Video Player」はスマホ端末内にある画像や動画を再生できます。このアプリがその力を最大限に発揮するのは動画の再生です

他のAndroid版VR動画プレイヤーアプリと比べても、その機能性は群を抜いています。高性能な動画再生ですが、中でも際立つのは、設定の詳細さと分かりやすさです。瞳孔間距離、歪み補正、明るさ、彩度、コントラストの微調整と設定が可能です。また動画再生をする際に、動画が画面いっぱいに映し出され、なおかつ180度、360度動画の再生も行えます

「VaR’s VR Video Player」

VR Theater for Cardboard

続いて紹介するVR動画の再生におすすすめのAndroid版VR動画プレイヤーアプリは、「VR Theater for Cardboard」です。このVR動画プレイヤーアプリもAndroid端末でのみ使用できます。現在のところ、ユーザーの満足度が最も高く、最も多く推奨されているAndroid版VR動画プレイヤーアプリが「VR Theater for Cardboard」です。

名前の通り、このVR動画プレイヤーアプリは、映画館でVR動画を見ているような感覚を演出します。「VR Theater for Cardboard」の優れた点は、操作性のよさ、また手軽に動画を大画面で視聴できる点です。動画を目線で操作できるのも魅力の1つです。

「VR Theater for Cardboard」は無料アプリですが、無料アプリに付きものの広告が出ることはありません

VR Theater for Cardboard
ThumbGoogle EarthのVRがストリートビュー対応!使い方を覚えてスマホで世界旅行!
Googleのサービスの一つであるGoogle Earthに、VR機能が搭載されました。私た...

VR動画を配信しているおすすめプレイヤーアプリ

これから紹介するのは、VRゴーグルで楽しめるVR動画配信サービスの紹介です。PCやiPhone、Androidといった端末にある動画や画像を、VR動画プレーヤーアプリで鑑賞すれば、3次元の仮想空間にいる感覚を楽しむことができます。

しかし、VRのためのVR動画を、市販のVRゴーグルで視聴できれば、本当の3次元空間に自分を投じ、仮想空間の中でいわば、自分だけの時間と旅を楽しむことができます

また、たくさんVR動画を配信してくれるVR動画配信サービスを知っていれば、様々なジャンルの様々なVR動画をVRゴーグル1つで視聴でき、それによって楽しみ方もさらに広がって行きます。今回そんなVR動画を配信しているおすすめの動画配信サービスを6つ紹介します。1つ目は「YouTube」です。2つ目は「DMM」です。

3つ目は「360channel」です。4つ目は「Google Spotlight Stories」です。5つ目は「dTV VR」です。そして6つ目は「VR Cinema」です。これからこれら6つのVR動画配信サービスを1つずつ解説します。

YouTube

最初に紹介するVRゴーグルで楽しめるVR動画配信サービスは、YouTubeです。YouTubeは世界で最も多くのユーザーを持つ、世界最大の動画配信サービスです。YouTubeは通常の動画配信だけでなく、VR対応のVR動画の配信サービスも2015年以来行っています

YouTubeには多くのVR動画がアップされていますが、全てが高品質なものではありません。中には低品質なものもあり、そうした低品質なVR動画を見ると、「VR酔い」を引き起こします。ですからしっかりと吟味して高品質なVR動画を選択し視聴する必要があります

iPhoneやAndroid端末でYouTubeのVR動画を視聴する場合、検索ボックスに「360度動画」「VR」と入力します。多くのVR動画が表示されますので、その中からVRを選び視聴します。iPhoneやAndroid端末でVR動画をYouTubeで視聴する場合、スマホで毎回操作をしなければならず、その度にVRゴーグルを外さいといけないので、非常に面倒です。

おすすめは、PCのGoogle ChromeブラウザからYouTubeを起動させ、そこで検索し、視聴したいVR動画を「再生リスト」に移し、後日スマホで視聴することです

DMM

次に紹介するVRゴーグルで楽しめるVR動画配信サービスは、「DMM」です。「DMM」動画は基本的に全て有料です。有料ではあるものの多くのVR動画を配信しています。

アニメがお好きな方なら、「VR 機動戦士ガンダム」「攻殻機動隊 劇場版」などがあり、スポーツが好きなら「SKI!スキー!」「VR プロレス」などがあり、自然が好きなら「VR ちゅらり 360度の度」などがあります。

「DMN.com」のWebサイトにあるVR動画

360channel

3つ目に紹介するVRゴーグルで楽しめるVR動画配信サービスは、「360channel」です。「サンロクマルチャンネル」と呼びます。この動画配信サービスは、360度動画を視聴できる動画配信サービスです。有料の動画もありますが、多くは無料です。

VRに特化した動画配信サービスなので、その数もジャンルも他の動画配信サービスと比べ多く、とても充実しています。さらにOculus Rift、Windows Mixed RealityといったPC対応VRゴーグルから、Gear VRのようなスマホ対応のVRゴーグルまで幅広く対応しています。

さらに「360channel」がとても魅力的なのは、「PlayStation VR」に対応していることです。PlayStation Storeで360Channel VRアプリをダウンロードすれば、「PlayStation VR」でも視聴できます

360channel

Google Spotlight Stories

4つ目に紹介するVRゴーグルで楽しめるVR動画配信サービスは、「Google Spotlight Stories」です。「Google Spotlight Stories」はGoogleが提供するVR技術を使い360度短編動画を配信する動画配信サービスです。

「Google Spotlight Stories」を一躍有名にしたのは、2017年にアカデミー賞にノミネートされ、エミー賞を受賞した、Google Spotlight Stories制作の「Pearl」です。「Google Spotlight Stories」はGoogleの先端技術開発チーム「ATAP」に属するメンバーによって立ち上げられたものです。

そのため、ストーリー性、映像クオリティー、サウンド、臨場感はまさにプロフェッショナルの域で、「Google Spotlight Stories」の作品を視聴した人は、映画館で映画を見ているかのような感覚に襲われます

「Google Spotlight Stories」の魅力は、動画をダウンロードして視聴する形式なので、一度ダウンロードしてしまえば、後は通信料を気にせずに視聴できることです。

Google Spotlight Stories

dTV VR

5つ目に紹介するVRゴーグルで楽しめるVR動画配信サービスは、「dTV VR」です。「dTV VR」は、NTTドコモが開始した、VRの映像を視聴できる動画配信サービスです。「dTV VR」の特徴は、アーティストのコンテンツが多いことです。その理由は、「dTV」の運営元が音楽事業を手掛ける株式会社「エイベックス」のグループ企業だからです。

数あるVR動画配信サービスの中で、ミュージシャンのミュージックビデオやライブ映像をVRで配信しているのは「dTV VR」だけです。「dTV VR」の視聴モードは、スマホの画面から視聴する「Normalモード」とVRゴーグルをセットして視聴する「VRモード」の2種類あります。

「dTV VR」は基本的に会員制を採用しているので、「dTV VR」の動画配信を受けるには会員になり、月額500円払う必要があります。

dTV VR

VR Cinema

最後に紹介するVRゴーグルで楽しめるVR動画配信サービスは、「VR Cinema」です。「VR Cinema」の売りの1つは、iPhoneやAndroidなどのスマホで映画気分を味わえることです。見たい映画や動画をまずスマホに保存し、その後視聴します

Android端末の場合は、端末に既に保存してある動画や映画をそのまま視聴し、iPhoneの場合はiTunesを起動させて「VR Cinema」アプリに動画を入れて視聴します。非常に視聴方法が簡単なことと、かなりの臨場感を経験できる性能ゆえに、とても人気のあるVR動画配信サービスアプリです。

ただ、無料アプリのため、映画や動画の放映中に広告が入ります

「VR Cinema」
Thumbスマホで見るVR動画のおすすめ21選!YouTubeで見られる360度映像も紹介!
専用のゴーグルを使って楽しむVR動画の人気がますます高まっています。YouTubeにもスマホ...

VR動画をプレイヤーアプリを使って再生しよう!

VR動画プレイヤーアプリを使って動画を視聴すれば、仮想空間の中で異次元の体験ができます。ストレスの多い現代社会のちょっとした息抜きに、現実から少し離れ、VR動画プレイヤーアプリを使って自分の仮想世界で至極の時を過ごしましょう

関連するまとめ

Original
この記事のライター
伊藤清貴
現在南米のサッカー大国アルゼンチンに、妻と愛犬のミニチュア ピンシャー「チキ」と暮らしています。これまで20年間で...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ