iPhoneの無料ウイルスチェック方法!ウイルス対策アプリがない理由は?

iPhoneでできる無料ウイルスチェック方法や、iPhoneにウイルスチェックアプリがない理由まで、iPhoneのウイルス感染について解説します。本記事紹介するiPhoneの無料ウイルスチェック方法をマスターして、快適iPhoneライフを送りましょう。

iPhoneの無料ウイルスチェック方法!ウイルス対策アプリがない理由は?のイメージ

目次

  1. 1iPhoneのウイルスチェックアプリがない理由とは?
  2. iPhoneのウイルス感染はアプリから?
  3. 2iPhoneの無料ウイルスチェック方法
  4. 脱獄したiPhoneはウイルス感染に要注意!
  5. 身に覚えのアプリをチェックして削除しよう
  6. 3iPhoneのおすすめ無料ウイルス対策アプリ
  7. 【iPhoneの無料アプリ】ウイルスバスター モバイル
  8. 4iPhoneでウイルスに感染を防ぐ無料対処法
  9. App Store以外からアプリをインストールしない
  10. iPhoneを脱獄しない
  11. パソコンのセキュリティ対策・ウイルススキャンをしよう
  12. 無料Wi-Fiや信頼できないWi-Fiに接続しない
  13. iOSとアプリのアップデートをチェックする
  14. 不審なアプリがないかiPhoneをチェック・削除する
  15. 5iPhoneに入っている不審なアプリには要注意しよう!

iPhoneのウイルスチェックアプリがない理由とは?

iPhone 1

MacやWindowsパソコンでは常識となっているウイルス対策ソフトウェアですが、iPhoneにウイルスチェックアプリがないのを知っていますか?iPhoneにウイルスチェックアプリがない理由は下記の通りです。
 

  • 理由その1:iPhoneのアプリは、原則Apple公式のApp Storeで厳正にチェックされたアプリしかインストールできないため
  • 理由その2:iPhoneのシステム情報はブラックボックス化(非公開)のため、iPhone専用のウイルス開発ができないため
  • 理由その3:iPhoneにはウイルスを無効化するシステムを搭載されている

iPhoneにウイルス対策アプリがない主な理由を紹介しましたが、実際にiPhoneはウイルス感染しないのでしょうか?次の項では、さらに詳しくiPhoneのウイルス感染について解説します。

iPhoneのウイルス感染はアプリから?

iPhoneのアプリ画面

iPhoneのウイルス感染の可能性がまったくないわけではありません。iPhoneが感染した過去の事例を紹介します。
 

  • 中国の公式App Storeで提供されてた【XcodeGhost(OSX.Codgost)】
この【XcodeGhost(OSX.Codgost)】はApp Storeで公開されていたのにもかかわらず、ウイルス感染が発生しました。Appleが認めていない開発環境で作られたアプリであったことが原因と言われています。
 
  • トロイの木馬【Wirelurker(OSX.Wirelurker / Trojan.Wirelurker)】
【Wirelurker(OSX.Wirelurker / Trojan.Wirelurker)】は【トロイの木馬】タイプのウイルスで、MacやWindowsパソコンで感染するとiPhoneのアプリにも感染するタイプのウイルスです。

このようにウイルスに対して非常に強いiPhoneですが、過去にウイルス感染が発生したという事例があるので過信は禁物です。特に脱獄(ジェイルブレイク)と呼ばれる、iPhoneのSIMロックを不正に解除したiPhoneはウイルス感染しやすいので、十分に注意が必要です。

iPhoneの無料ウイルスチェック方法

iPhone 2

本章では自分でできる無料のウイルスチェック方法を紹介します。iPhoneの挙動がおかしい、心当たりがある方は本章で紹介する無料ウイルスチェックの方法を実行してみてください。

脱獄したiPhoneはウイルス感染に要注意!

iPhone 3

お使いのiPhoneを脱獄(ジェイルブレイク)している場合は要注意です。脱獄(ジェイルブレイク)状態だとiOSのアップデートが正常にできまません。iOSが最新の状態になっていない場合は、ウイルス感染の確率が非常に高まります。

一度脱獄(ジェイルブレイク)をしたiPhoneは、元に戻すことができない場合が多いですが、可能であればiPhoneを初期化して脱獄(ジェイルブレイク)を解除することをおすすめします。

身に覚えのアプリをチェックして削除しよう

iPhone 4

前にも述べた通りiPhoneはウイルス感染する経路は、非正規アプリのインストールや、パソコン経由で不正に侵入してくるアプリがほとんどです。そのためiPhoneでウイルスチェックをする場合は、iPhoneに身に覚えのないアプリが入っていないかチェックしてください。インストールした覚えのないアプリを発見した場合はすぐに削除する必要があります。

iPhoneのアプリ削除方法

iPhoneアプリを削除する方法は、アプリアイコンを長押しして表示される【】アイコンをタップしてください。

iPhoneのおすすめ無料ウイルス対策アプリ

iPhoneには無料ウイルス対策アプリはありません。ですが、iPhoneでネットブラウジング中に発生する個人情報の漏えいを防止、ウイルス感染のある危険な広告をブロックするなどの機能を持った無料のiPhoneアプリがあります。

【iPhoneの無料アプリ】ウイルスバスター モバイル

App Store【ウイルスバスター モバイル】1
‎「ウイルスバスター モバイル」をApp Storeで

パソコンのセキュリティ対策ソフトウェアで有名な【ウイルスバスター】が、Apple専用の無料アプリを公開しています。

ウイルススキャンは可能?

App Store【ウイルスバスター モバイル】2

【ウイルスバスター モバイル】アプリにはウイルススキャン機能は搭載されていません。ですがネットブラウジング中の様々なセキュリティ対策を実行してくれる頼もしい無料アプリです。

ウイルスとは関係ありませんが、iPhoneに保存されている個人情報の漏えいはネットブラウジング中に発生することがあります。【ウイルスバスター モバイル】はこういった危険な場面から保護してくれるので、iPhoneにインストールしておけば安心です。

iPhoneでウイルスに感染を防ぐ無料対処法

iPhone 4

本記事最後の本章ではiPhoneのウイルス感染を防ぐ無料の対処法を紹介します。iPhoneのウイルス感染を防ぐ対処法は下記の通りです。
 

App Storeからアプリをインストール iPhoneを脱獄しない
パソコンのセキュリティ対策をチェック 無料Wi-Fiや信頼できないWi-Fiに接続しない
iOSとアプリのアップデートをチェック 不審アプリがないかiPhoneをチェック

App Store以外からアプリをインストールしない

Apple公式ページ【App Store】

iPhoneをウイルス感染から防ぐ対処法として最も有効的なのが、App Store以外からアプリをインストールしないことです。前にも述べた通り、App Storeで提供されているiPhone専用アプリは、厳正なチェックを受けたアプリしか公開されません。

App Store以外で提供されているアプリはAppleの厳正なチェックを受けておらず、iPhoneにインストールするとウイルス感染する可能性が高いアプリだと言えます。ウイルス感染以外にiPhoneの動作に異常をきたす可能性もあるので、App Store以外からアプリをインストールしないことがウイルス感染の予防につながります。

iPhoneを脱獄しない

iPhone 6

前にも述べた通りiPhoneを不正に脱獄(ジェイロブレイク)するとiOSのアップデートができません。最新のiOSにして置かなければ、iPhoneがウイルスに感染する可能性が高くなります。いかなる状況であってもiPhoneの脱獄(ジェイロブレイク)はしないでください。

パソコンのセキュリティ対策・ウイルススキャンをしよう

こちらも前にも述べた通り、MacやWindowsパソコンとiPhoneに接続した際、パソコンがウイルスに感染しているとiPhoneに伝染するウイルスがあります。パソコンにセキュリティ対策ソフトをインストールして、ウイルススキャンを定期的に実行しておくことをおすすめします。

パソコンでウイルススキャンを定期的に実行しておくことで、iPhoneへのウイルス感染の可能性を下げることができます。パソコンにセキュリティ対策ソフトをインストールしていない方は、この機会にセキュリティ対策ソフトを購入しウイルススキャンを実行してみてください。

パソコンのウイルスは内部に侵入して、表面に現れないウイルスもあります。気づかないうちにウイルス感染している可能性もあるので、定期的なウイルススキャンは必須項目です。ほぼすべてのセキュリティ対策ソフトにウイルススキャン機能は搭載されているので、対応OSと値段などを比較して自分にあったウイルススキャンソフトを購入してみてください。

無料Wi-Fiや信頼できないWi-Fiに接続しない

Wi-Fi

携帯キャリア回線接続以外に利用できる、飲食店や商業施設にある無料のWi-Fiを利用する場合は、Wi-Fi回線が信頼できるものか確認してください。iPhoneはWi-Fi回線からのウイルス感染にしづらいですが、可能性はゼロではありません。稀に名前を偽ってWi-Fi回線を提供し、個人情報を盗むという手口も存在するので注意が必要です。

iOSとアプリのアップデートをチェックする

iPhone 7

iPhoneのiOSとアプリの定期的なアップデートも、ウイルス感染予防の有効な対処法の1つです。iPhoneのOSを手動アップデートに設定している方は、自動アップデートに切り替えておくことをおすすめします。iOSの自動アップデートに設定する方法は、下記のApple公式ヘルプ・サポートページを参照してください。

iPhone、iPad、iPod touch をアップデートする - Apple サポート

不審なアプリがないかiPhoneをチェック・削除する

iPhone 8

こちらも前にも述べましたが、定期的に不審なアプリがないかiPhoneをチェックしてください。特にアプリを大量にインストールしている方は、不審なアプリに気づかないことがあります。不要なアプリを削除して、不審なアプリを見つけやすくしておくことが重要です。

iPhoneに入っている不審なアプリには要注意しよう!

iPhone 9

本記事ではiPhoneのウイルス感染について紹介しました。iPhoneはウイルス感染の可能性が低く、ウイルススキャンなどを実行するアプリはありません。ですが紹介した通りウイルス感染する可能性はゼロではありません。本記事紹介した感染予防対策を実行し、安全なiPhoneライフを過ごしてください。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
KFJ
Apple製品を中心に、アプリやガジェットなど、役に立つ情報を皆さんに提供していきます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ