iCloudアカウントの新規作成方法!iOSデバイスやPCからの作り方を解説!

iPhoneなどのApple製デバイスを使用する際に、iCloudアカウントを使ってクラウドサーバーでデータを同期する機能があります。今回の記事ではiCloudのアカウントの作り方や設定方法などを詳しく解説していきます。

iCloudアカウントの新規作成方法!iOSデバイスやPCからの作り方を解説!のイメージ

目次

  1. 1iCloudアカウントの作り方は?
  2. 2iCloudアカウントをiOSデバイスで新規作成する方法
  3. 3iCloudアカウントをPCで新規作成する方法
  4. 4iCloudアカウントを作成してみよう

iCloudアカウントの作り方は?

iPhoneなどのアップル製品を使用する際、Apple IDを取得して各種サービスを利用します。このAppleの各種サービスの1つに『iCloud』があります。

iCloudアカウントとは

iCloud

iCloud』とは、Apple製デバイスに組み込まれている機能です。インターネットを経由してAppleのクラウドサーバーに写真やメモやカレンダーなどのあらゆるデータを保存します。お使いのデバイスが複数あれば、同じアカウントを設定すると最新の状態に自動で同期されます。この非常に便利な機能を利用する為に必要になるのが『iCloudアカウント』です。

iCloudアカウントを作成するために用意するもの

iCloudアカウント作成する際には、以下の個人情報を入力する必要があります。
 

  1. Apple ID(持っていなければ新規取得する)に設定するメールアドレス
  2. Apple IDに対する強力なパスワード
  3. 氏名(なるべく本名で)
  4. 生年月日(13歳未満は作成不可)
  5. 秘密の質問とその答え(3つ)

またiCloudを含むAppleのサービスには課金をする物もあります。後で忘れる事がないように、ノートや手帳などに記載してしっかり保管してください。

iCloudアカウントをiOSデバイスで新規作成する方法

まず最初にiPhoneなどのiOSデバイスでApple IDとiCloudアカウントを作成する方法を解説します。

iPhone・Pad・iPod touchでApple IDを新規作成する

iCloudアカウント1

iOSデバイスで『設定』を開くと、画面上部に『アカウント』情報が表示されます。ここで『iPhoneにサインイン』の項目をタップします。

iCloudアカウント2

Apple IDの入力画面に切り替わります。ここで『Apple IDをお持ちでないか忘れた場合』の項目をタップします。

iCloudアカウント3

すると『Apple IDを作成』『Apple IDを忘れた場合』『キャンセル』の選択項目が表示されます。ここで『Apple IDを作成』をタップします。

必要な情報を入力する

ここからが注意点です。Apple IDの作成は本名などを正しいものにしなくても行えます。しかしAppleの様々なサービスを利用したり、修理などでApple正規サービスを利用する際に、すべてApple IDの情報に紐付いてきます。ご自身の正しい情報を設定されない場合は、登録した情報をしっかり把握しておいてください。

iCloudアカウント4

Apple IDの新規作成では個人情報を入力します。まず『生年月日』を入力します。ここで、先程解説したように、13歳未満の方はApple IDが取得できないという年齢制限があります。13歳未満の方は、保護者の方にファミリー共有でApple IDを作成してもらう必要があります。

ファミリー共有とお子様用の Apple ID - Apple サポート
iCloudアカウント5

次に『名前』を入力します。姓と名をそれぞれ入力します。漢字・ひらがな・カタカナ・ローマ字のいずれでも登録できます。この登録情報はアカウント復旧などのサービスで、Appleサポートを利用する際に一字一句確認されますので、しっかり把握してください。

iCloudアカウント6

次にApple IDに使用するするメールアドレスを設定します。『現在のメールアドレスを使用』をタップして既にお持ちのメールアドレスを入力します。ここで無料のiCloudメールを取得する事もできます。Apple IDに設定するメールアドレスも様々なサービスに紐付いてきます。キャリアメールを設定すると、iPhoneが故障した際に確認メールが受け取れないといったトラブルが発生する場合があります。PCメールを設定するのも良いでしょう。

iCloudアカウント8

次に『パスワード』を設定します。『大文字』『小文字』『数字』の組み合わせで『8文字以上・20文字以内』で設定します。

iCloudアカウント9

次に『セキュリティ質問』を全3問設定します。セキュリティ質問は、質問をタップすると、『子供の頃に育った街の名前は?』といったように設定する項目が複数表示されます。お好みの質問を選択して答えを入力します。この項目も名前の設定と同じくサポートを利用する際に一字一句確認されます。

iCloudアカウント10

個人情報の入力が完了すると『利用規約』の画面に映りますので、『同意する』をタップします。

iCloudアカウント11

するとiCloudサーバーサインインする処理が始まります。この処理は通信環境やiCloudサーバーのアクセス状況によって時間がかかる場合があります。

iCloudアカウント12

iCloudサーバーへのサインイン作業が進むと、登録したメールアドレス宛に『6桁の確認コードが記載された確認メール』が送信されます。『メールアドレスを確認』をタップして受信したメールを確認します。

iCloudアカウント13

確認メール』に記載された『6桁の確認コード』を入力します。

iCloudアカウント14

これでiCloudへのサインイン完了しました。iCloudではユーザーのアカウント情報やiCloudの設定、iTunesとApp Storeなどの情報が一括して管理されます。ここでiCloudの項目をタップします。

iCloudアカウント15

iCloudの詳細情報が表示されます。iCloudは無料で利用できるデータ保存容量は5GBです。足りない場合は月額課金をしてiCloudの容量をアップグレード(増やす)します。またiCloudに同期して保存する項目を選択できますので、お好みに合わせて設定してください。

iCloudアカウントをPCで新規作成する方法

iOSデバイスでのiCloudアカウントの作成以外に、PCのWebブラウザからiCloudアカウントを作成する方法を解説します。

PCでApple IDを新規作成する

AppleID 作成

PCでApple IDを新規作成するには『https://appleid.apple.com/#!&page=signin』にアクセスします。ページが表示されたら『Apple IDを作成』をクリックします。これでApple IDの新規取得とiCloudアカウントの作成が行えます。

必要な情報を入力する

AppleID 作成

iOSデバイスでのApple IDの新規取得とiCloudアカウントの作成と同じように、各個人情報等を入力していきます。作業の進捗はiOSデバイスと同じです。

iCloudアカウントを作成してみよう

iCloudアカウント

今回の記事ではiCloudアカウントの作り方を解説しました。Apple製品を使う上で、Apple IDとiCloudアカウントは切っても切れない関係です。複数のApple製デバイスを使えば更に必要になってきます。iCloudのサービスには、App StoreやiCloudストレージプランのアップグレードなどの課金をするサービスが含まれます。作成したアカウント情報は個人情報です。ご自身でしっかり管理してください。

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
ヤマコ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ