CSVファイルのExcelへの読み込み方法!0落ちする場合の対処法も解説!

CSVファイルをダブルクリックで開くと、Excelへ正しく読み込みされないことがあります。この記事では、ExcelでCSVファイルを読み込みする方法を解説します。また、電話番号の先頭の0が落ちてしまう0落ちの原因と対処法もお伝えします。

CSVファイルのExcelへの読み込み方法!0落ちする場合の対処法も解説!のイメージ

目次

  1. 1CSVファイルをExcelへ読み込みする方法
  2. CSVファイルをダブルクリックして開かないこと
  3. 外部データとしてCSVファイルをインポートして取り込みする方法
  4. 2Excelで作成したファイルをCSV形式のファイルで保存する方法
  5. 3読み込みしたCSVファイルが0落ちする場合の対処法
  6. 0落ちとは?
  7. 0落ちさせずにデータをインポートする方法
  8. 4CSVファイルを読み込みするときの注意点について
  9. データの内容が変換してしまうときには外部データとしてインポートする
  10. 0落ちへの対処法が面倒なときにはあらかじめデータの先頭に0を入れない
  11. 5CSVファイルを読み込みする方法を使えるようにしよう!

CSVファイルをExcelへ読み込みする方法

CSVファイルとは、表計算形式のファイルを、テキストで表示させることで、互換性を高めたファイルのことです。

Excelなどの表計算ソフトでは、通常はデータはセルで区切られています。しかし、CSVファイルでは、区切りをカンマで表示しています。区切りをカンマで表示することで、メモ帳などでも開くことができるテキストファイルとして、表計算のデータをやり取りできます。

しかし、表計算のデータとして開く時には、CSVファイルのカンマ区切りの形式では扱いがとても難しくなります。Excelなどの表計算ソフトで開く時には、カンマ区切りをセルごとの区切りに変更する必要があります。

この記事では、カンマ区切りとなっているCSVファイルを、Excelなどの表計算ソフトで、表示を崩すことなく、安全に開く方法について詳しく解説します。

CSVファイルをダブルクリックして開かないこと

CSVファイルをExcelなどの表計算ソフトで開くときに注意しなければいけない点は、ファイルをダブルクリックして開くことです。通常、フォルダなどからファイルを開くときには、ダブルクリックすることで、そのファイルと紐づけられているソフトで自動的に開くことができます。

CSVファイルの場合も、多くの場合にはExcelもしくはExcelと互換性のある表計算ソフトに紐づけられています。そのために、CSVファイルをダブルクリックするとExcelなどで開くことができます。

しかし、ダブルクリックでCSVファイルを開くと、以下の画像のような開き方になり、表示がおかしくなります。

CSVファイルの読み込み方法

これは、CSVファイルがテキストファイルなので、ダブルクリックではテキストファイルのまま開いてしまうためです。本来であれば、CSVファイルに表示されているカンマがセルの区切りとなるように開かなくてはいけません。そのためには、CSVファイルは正しい手順で開く必要があります。その方法を次で解説します。

外部データとしてCSVファイルをインポートして取り込みする方法

ダブルクリックで開く方法では、CSVファイルが正しく表示されないので、外部データとしてCSVをインポートします。その手順を解説します。筆者はExcelではなくExcelと互換性のあるKingsoft OfficeのWPSスプレッドシートを利用しています。Excelと手順や表示形式が違う点もありますが、ほぼ同じ手順で開けるので参考にしてみて下さい。

CSVファイルの読み込み方法

まずは、Excelで新規のシートを作成して、CSVファイルのデータをインポートする先頭にカーソルを合わせます。

CSVファイルの読み込み方法

上のメニューバーの「データ」をクリックして「データの取り込み」もしくは「テキストデータ」を選択します。

CSVファイルの読み込み方法

ファイルを選択する画面になるので、Excelで読み込みするCSVファイルを選択して、「開く」を、Excelであれば「インポート」をクリックします。

CSVファイルの読み込み方法

画面をいくつか進んだら、「区切り記号」を選択します。これは、CSVファイルでは、セルのデータがカンマで区切られて、テキスト表示されているので、カンマ区切りをセルでの区切りに戻してあげることです。区切り記号で「カンマ」を選択して「完了」をクリックします。

CSVファイルの読み込み方法

そうすれば、このように正しい区切り方でCSVファイルをExcelで開くことができます。

クエリでインポートすれば自動読み込みも可能

CSVファイルをExcelで上書きなどの更新しようとすると、ファイルがロックされてしまい、すべてのデータが落ちてしまうことがあります。

これはExcelで作成した書式をCSVファイルでは保存できないためだと考えられます。しかし、上書き保存できないと、データの更新ができずに困ります。

そのようなときには、「クエリ」を使ってインポートしましょう。現在は、Excelでも筆者が使っているWPSでもクエリを使って、一度開いたCSVファイルを自動的に更新できる機能が標準搭載されています。自動的にCSVファイルをクエリで読み込みできるので安心しましょう。

ThumbGoogleスプレッドシートとExcelを相互に変換する方法!注意点や特徴を解説!
GoogleスプレッドシートとExcelは同じような機能を持ち合わせていますが、いざ自分が使...

Excelで作成したファイルをCSV形式のファイルで保存する方法

Excelで作成した表計算を、CSVで保存する方法も解説します。Excelなどの表計算ソフトで「名前を付けて保存」をクリックします。

CSVファイルの読み込み方法

ファイル名を付ける画面で、ファイル名を付けたら「ファイルの種類」をクリックします。すると多くの選択肢から保存するときのファイル形式を選択できます。

CSVファイルの読み込み方法

選択できるファイル形式の中から「CSV(カンマで区切り)(*.csv)」を選択します。するとそのファイルをCSVファイルで保存できます。

ThumbLINEのPDF/Excel/Word/PowerPointの各種ファイル送信方法![PC/スマホ]
仕事をするうえで重要なファイルの送信。現在はLINEでもファイルの送信が可能となりました。ス...

読み込みしたCSVファイルが0落ちする場合の対処法

Excelなどの表計算ソフトにCSVファイルを読み込みした時に、0落ちしてしまうということで困っている方も少なくありません。0落ちについて詳しく解説します。

0落ちとは?

0落ちとは、Excelにインポートした時に、データの先頭の0が表示されないことです。数値としてみた場合、小数点がなければ、データの左端の0は何も意味がありません。そのために、Excelではインポートするデータの先頭にある0は基本的に表示しません。

しかし、電話番号や会員0から始まるデータを表示させるためには、ひと手間加える必要があります。

0落ちさせずにデータをインポートする方法

電話番号などのデータを0落ちさせずにインポートする方法を解説します。

ExcelなどでCSVファイルを、データから開く手順で進めていきます。すると「列ごとのデータ形式」というところがあります。そちらで、0落ちしない設定を行います。

CSVファイルの読み込み方法

データのプレビュー」で0落ちさせたくない列を選択します。複数の列を指定したい場合には、ctrlキーを押しながら選択したい列をクリックします。すると、複数の列を指定できます。

CSVファイルの読み込み方法

全ての列を設定したい場合には、データのプレビューの中でクリックして、「ctrl+A(全選択のショートカットキー)」を押します。すると、すべての列を選択できます。

CSVファイルの読み込み方法

0落ちさせたくない列を選択したら「列のデータ形式」で「テキスト」を選び「完了」をクリックします。すると、セルに表示されるデータが数値ではなく、テキスト文字として認識されます。電話番号などは0落ちせずに、入力されているまま、テキストとして表示されます。

Thumbスプレッドシートのダウンロード方法!ExcelやPDF形式に変換して保存!
ここ数年、圧倒的に普及してきているスプレッドシートを6種類の形式に変換しダウンロードできる方...

CSVファイルを読み込みするときの注意点について

CSVファイルをExcelで読み込みするときの注意点について解説します。

データの内容が変換してしまうときには外部データとしてインポートする

この記事の最初の方でお伝えしましたが、CSVファイルをダブルクリックで開こうとすると、データの内容が変換してしまうことがあります。

外部データとしてインポートすることで、正しい形式で表示できるようになります。尚、一度、外部データとして読み込みしたデータは、次からはダブルクリックで自動的にExcel形式に変換されて開けるようになります。上手く開けないときには、外部データとしてのインポート方法も使えるようにしておきましょう。

0落ちへの対処法が面倒なときにはあらかじめデータの先頭に0を入れない

データを作成する側は、0落ち指せずに開く方法を知っていても、データを共有する側が知らないこともあります。電話番号の0落ち対策はやむをえませんが、会員番号などは0から始まらないように対策することで、0落ちを防げます。

また、電話番号などやむを得ず0から始めなくてはいけない場合もあります。その場合には、セルごとにデータの先頭にシングルクーテーション「’」を付けると、標準形式で読み込んでも、テキストとして認識されます。「’080-****-****」と入力します。

ThumbGoogleマップにExcelデータをインポートしてプロット・マッピングする方法を解説!
顧客データをExcelで管理している場合、Googleマップにインポートし、マッピングするこ...

CSVファイルを読み込みする方法を使えるようにしよう!

この記事では、CSVファイルを正しい表示方法で読み込みする方法と、0落ちさせずに読み込みする方法を解説してきました。特に他の人とデータのやり取りをするときには、今やCSVファイルの活用は欠かせないものとなっています。

正しい方法で読み込みできるようにしっかりと対策をして、データのやり取りをいつでもスムーズにできるようにしておきましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
K.C
皆様のお役に立てる情報をお届けするために日々精進していきます。どうぞよろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ