【Android】スマホのホーム画面カスタマイズ方法!おすすめのアプリは?

Androidスマホの待ち受け画面はカスタマイズされないままですと、目的のアプリが見つけにくいですね。そこで待ち受け画面のカスタム化を当記事を参考にしてアプリの見つけやすいAndroidスマホにカスタマイズそしてカスタム化してみませんか。

【Android】スマホのホーム画面カスタマイズ方法!おすすめのアプリは?のイメージ

目次

  1. 1Androidスマホをカスタマイズするべき?メリットは?
  2. 2Androidスマホをカスタマイズする
  3. 待ち受け画面をスッキリさせる
  4. 3AndroidアプリのNova Launcherでホームをカスタマイズ
  5. ホーム画面から使わないものを削除
  6. インジゲーターを消す
  7. アプリのドロワーを消す
  8. Androidのウィジェットを消す
  9. アイコンを消す
  10. ドックを消す
  11. 4さらに細かいAndroidのカスタマイズが可能
  12. ホーム画面のアイコンの数・サイズが決められる
  13. ジェスチャーで起動させるアプリが選べる
  14. ドロワーのスタイルが変えられる
  15. 5Androidのカスタマイズアプリでもっと自由に
  16. アプリの種類はたくさん
  17. カスタマイズアプリには特徴がある
  18. 6Androidを自分専用にカスタマイズしよう

Androidスマホをカスタマイズするべき?メリットは?

Androidスマホのユーザーの皆さん待ち受け画面をどうお使いでしょうか。アイコンが画面いっぱいに広がり目的のアイコンを探すのに手間取るということはないでしょうか。

本記事では
Androidスマホのホーム画面(待ち受け画面)の整理、カスタマイズを最大テーマとして解説してまいります。最後まで読み進めましてスマホのカスタム化の手順を楽しみながら会得してください。

Androidスマホをカスタマイズする

ホームのカスタマイズ

まずはAndroidスマホに標準に搭載されている”設定機能”を駆使してカスタマイズ及びカスタム化してまいりましょう。後半にはホーム画面、のカスタマイズに慣れてない方にも安心な専用アプリを用いて解説してまいります。

待ち受け画面をスッキリさせる

アプリアイコンをカスタマイズ

下の図がデフォルト(標準)のAndroidスマホの待ち受けのホームとドロワーです。いささかごちゃごちゃしていますが、Androidスマホの待ち受けはカスタマイズして使用することが前提とのことです。ここからホーム画面を使いやすくカスタム化していきます。

「待ち受け画面」か「ドロワー」から→「設定」アイコンをタップ
 

ホーム画面をカスタマイズ

Androidスマホここではシャープ「Aquos706sh」でカスタム化の解説をしていきます。デフォルトではAndroid端末の種類により設定の仕方が違う場合がありますが、本記事を操作の参考にして頂ければよろしいかと存じます。まず設定アイコンをタップ、「ホーム切り替え」をタップ”ホーム切り替え”画面で「Aquosかんたんホーム」をタップします。

「設定」→「ホーム切り替え」このパターンは専用アプリとの切り替えで多用します。しっかり覚えましょう

  1. ”設定”ページで「ホーム切り替え」タップ
  2. ”ホーム切り替え”ページで「Aquosかんたんホーム」タップ

ホーム画面をカスタマイズ3040

Androidの設定を”かんたんホーム”に変えるだけでも待ち受け、ホーム画面が、かなりすっきりします。もう少しカスタマイズしてみましょう。ホーム画面の空いているところを長押ししますと待ち受け画面の中ほどに吹き出しが出、メニューの中から「アプリの表示設定」を選択します

  1. ”待ち受け画面”中央、長押し
  2. 吹き出し→「アプリ表示設定」タップ

ホーム画面をカスタマイズ5060

「アプリ表示設定」ページで「設定」アイコン以外のトグルスイッチを「OFF」にします。これによって思いのままにAndroidアプリアイコンの表示、非表示を操作することができます。「設定」アイコンを消してしまうと不慣れな初心者の方には元に戻す術がなく途方に暮れてしまいますので残しておいた方がよいでしょう。

  1. 「アプリ表示設定」でアイコンのトグルスイッチを「off」にする。
  2. 「設定」と「電話」は残す。

ホーム画面をカスタマイズカスタム

下の図でホームとドロワーがガランとすっきりしたのがお分かりだろうか。Android標準の設定からでもここまでのことができます。つづきましてにドック(下方にあるショートカット群)アイコンを消す手順を解説します。この画面の設定ではドックの表示個数は4個に設定してあります。

ホーム画面をカスタマイズ100110

下のドックにあるアイコンをはじくようにフリックします。一度では上手くいかないときは何度もやってみます。すると下の図のような吹き出しがあらわれ「はがす」という項目がありますのでタップしますと次の画面でアイコンが消えていることが確認できます。

  1. ”ドック”のアイコンを”フリック”
  2. 「はがす」をタップ

ドックの削除

次にAndroidギャラクシー端末の説明をしていきます。下の画面がギャラクシーの待ち受け画面ですここからデフォルトの機能を使い、待ち受けを整理していきます。だいぶAquosとは設定の項目が違うようですが,同じAndroidスマホですので、ふたつの機種のどちらかは貴方のスマホの機種設定手順に沿っていることでしょう。

ギャラクシーカスタムアイコンカスタマイズ

Androidの「設定」画面より「ディスプレイ」をタップして「ディスプレイ」画面に移動します。縦に並んでいる項目の中ほどから「ホーム画面」を選択してタップします。

  1. ”設定”ページの「ディスプレイ」をタップ
  2. ”ディスプレイ”ページの「ホーム画面」をタップ

ギャラクシーアイコンカスタマイズ25b

「ホーム画面」に移動しましたら「アプリを非表示」をタップしてください。右に示した画面よりアイコンの左肩付近にチェックを非表示にしたいアイコンにだけ入れてください。

  1. ”ホーム画面”の「アプリ非表示」をタップ
  2. アイコンに「×」をいれる。

ギャラクシー、アイコンカスタマイズ2730b

チェックを入れましたら右上の「適用」をタップしますと見事に選択したアイコンがかくれています。

  1. 「適用」をタップ
  2. アイコンを確認

ギャラクシーアイコンカスタマイズ45b

これより専用アプリの「Nova Launcher」を用いてAndroidの待ち受け、ホーム画面のカスタマイズを行います。

AndroidアプリのNova Launcherでホームをカスタマイズ

androidスマホの待ち受けやホーム画面のアプリの整理及びカスタム化に定評のある、Nova Launcherのインストールを御説明します。”1”検索欄に”カスタマイズ”と入力しますと、「Nova Launcherホーム」のインストール画面がアイコンとともにに表示されます。

”2”「インストール」”3”「開く」を続けてタップしてログインします。特にログインに際してアカウントを求められることもなく、すぐにホーム画面のカスタム化にかかれます。ログイン画面で”1”の「Nova backup」”2”「規定値を使用します」”3”「次へ」をタップしてください。

  1. Google Playの検索欄に「カスタマイズ」と入力
  2. Nova Launcherを「インストール」
  3. 「開く」をタップ
  4. 「Nova backup」をタップ
  5. 「規定値を使用します」をタップ
  6. 「次へ」をタップ

novaでカスタマイズ

ホーム画面から使わないものを削除

アイコンをホーム画面から消すには目的のアイコンを長押ししますと、吹き出しメニューが出ますその中に情報、削除、という項目がでますので「削除」をえらびタップします。そうしますとホーム画面上より消えます。

「削除」というのは初心者の方にはすこし不安で選択しづらいのではないでしょうか。ですが大丈夫です、Androidスマホからアンインストールしたわけではありません。隠れているドロワーにしっかり存在しますのでご安心を。

カスタムホーム画面10d30

インジゲーターを消す

ホーム画面下のドックにあるアイコンの上にある赤い点々がインジケータと呼ばれるページをめくるツールです。このインジケータを消してしまいましょう。まずNova Launcherアイコンをタップして「Novaの設定」の画面に移り「ページインジケータ」をスワイプしながら探します。

  1. ”Nova Launcher”アイコンをタップ
  2. ”Novaの設定”の「ページインジケータ」を探す。

インジケータを消す120130

「ページインジケータ」の項目を選択タップして出てくるダウンリストより「なし」をタップします。

  1. 「ページインジケータ」をタップ
  2. ”ページインジケータ”メニューから「なし」を選択

インジケータを消す140150

するとホーム画面のアイコンの上にあったインジケータが消えています。

インジケータを消す160170

アプリのドロワーを消す

Nova Launchrでは起動するだけでほとんどのアイコンは隠れてしまいます。そしてホーム画面が3ページになり、スワイプすることで次の待ち受けページへと切り替えられます。

したがっていわゆる”ドロワー”というスマホ中のアプリのアイコン集は隠されており、ホーム画面に表示されている小さなインジケータをタップすることによって姿を現す仕組みになっています。

残ったアイコンはドラッグアンドドロップで×に落とせば隠れているドロワーに収納されてしまいますし先程、説明しましたように長押し後の吹き出しメニューから削除を選択、タップすれば待ち受け、ホーム画面よりドロワーにかくれることになります。

ここで注意していただきたいことはホーム画面(待ち受け)のアイコンは削除してもドロワーに残りますが、ドロワーで削除すると”アンインストール”されてしまうということですので、気を付けてください。

ドロワーをけす

では”どのページがドロワーでホーム画面(待ち受け)なんだ”ということになりますが、分かりやすく申しますと、上の左の図のようにアイコンがズラっと出てくるページが”ドロワー”ということになります。

Androidのウィジェットを消す

ウイジェットとは初心者の方には聞きなれない単語だと思われるでしょう。分かりやすく説明しますと、ホーム画面に常駐する、便利な機能を集めた小さなアプリといえます。

ウイジェット削除

ウイジェットも同様のドラッグアンドドロップにより隠すことができます。カスタム化初心者にとって心配なのは消してしまってもとに戻せなくなってしまうことではないでしょうか。ご安心ください画面上から消えてしまってもスマホからなくなった訳ではありません。

アイコンを消す

安心してすべてのアイコンを消してしまいましょう

  1. アイコンを長押し。
  2. 吹き出しメニューの中から「削除」をタップ

novaでアイコンの削除

ドックを消す

Androidのドックとはホーム画面の一番下に標準に備わっているショートカット集です。Androidアプリのなかで特に使用頻度の高いアイコンが設置される傾向があります。ドックのアプリも「Novaの設定」で個数、列数のスタイルを変えることができます。

ドックの削除

ドックのアイコンも同様にドラッグアンドドロップで×に落とせますが長押しして吹き出しメニューから×を選んでも隠すことができます。通常はこの手順を用います。

ドックに表示することのできるアイコンの数は2~7個です。一番少ない2個に設定してから消すようにすれば効率良く消すことができます。「Novaの設定」→「デスクトップ」→「ドック」→「ドックアイコン」とタップしていき設定します。

  1. ”ドック”のアイコンを長押し
  2. ”吹き出し”から「はがす」か「削除」を選択

ドックのカスタマイズ

さらに細かいAndroidのカスタマイズが可能

細かいカスタマイズ

ホーム画面のアイコンの数・サイズが決められる

Androidの待ち受け(ホーム画面)に表示されるアイコンの数もデザインできます。下の図を見ながら視覚的に縦、横のアイコン数量を設定できます。

  1. ”Nova Launcher”アイコンをタップ
  2. 「デスクトップ」をタップ
  3. 「デスクトップのグリッド数」をタップ
  4. グリッド数の設定

Google ホーム画面

  1. ”Nova Launcher”をタップして「設定」を開く。
  2. 「デスクトップ」をタップ
  3. 「アイコンレイアウト」をタップ
  4. アイコンの大きさを設定する
  5. 「ホームボタン」を押してアイコンを確認

Android アイコンサイズ変更

ジェスチャーで起動させるアプリが選べる

ジェスチャーによるデザイン

ドロワーのスタイルが変えられる

今度はドロワーのページの変更を横へのスワイプから縦へのスワイプに変更してみます。「Novaの設定」のページに移動して、「アプリとウイジェットドロワー」をタップしますと「アプリドロワーのスタイル」が”横向き”になっています。これをタップして”縦向き”にしてみます。

  1. Android待ち受け(ホーム)画面から
  2. 「Nova Launcher」アイコンをタップ
  3. 「アプリとウイジェットドロワー」をタップ
  4. 「アプリドロワーのスタイル」の「横向き」をタップ
  5. 「縦向き」に変更

ドロワーデザイン変更1

表示が”縦向き”に変更されていることが確認されます。ドロワーの画面は変更前と変化は見られない様ですが、確かに横へのスワイプではページはスライドしません。縦にスワイプしてみるとスムーズにスライドされてページがめくることができます。

  1. 「アプリドロワーのスタイル」で「縦向き」になっていることを確認
  2. ホームボタンをタップ
  3. ホーム画面のドロワーインジケータ「^」をタップ
  4. ドロワー画面で縦向きにスワイプできるか確認

ドロワーデザイン変更

Nova Launcherを使用することにより、アイコンの形状も変更することができます。

ドロワーアイコンデザイン変更

Androidのカスタマイズアプリでもっと自由に

自由なカスタマイズ

アプリの種類はたくさん

これまでノバランチャー、トータルランチャーでホーム画面をカスタマイズする手法を紹介してまいりましたが、ホーム画面をカスタム化できる、ランチャーは他にもあります。

  • ノバランチャー      ホーム画面やアイコンをカスタマイズ
  • トータルランチャー    初心者に使いやすい
  • ホラランチャー      ウイジェットの豊富さ、アプリが軽い
  • チェキランチャー     使用頻度の高いアプリのカスタマイズに有利

  

カスタマイズアプリには特徴がある

アプリは種類が豊富

NovaLauncherにはデフォルトのホーム画面を自由にカスタム化できます。その他、アイコンの形状を変えたり、アプリの配置もカスタマイズしたりすることができます。本記事に掲載したNova Launcherや上に紹介したランチャー以外にもたくさんのAndroidスマホの待ち受け、ホーム画面をカスタマイズできるランチャーアプリがございます。

ホームカスタム化

Androidを自分専用にカスタマイズしよう

スマホ起動時にまず目にはいるのは待ち受け画面、ホーム画面になります。次にアイコンやメール、お知らせを開く訳ですが、ページを切り替えるときの起点となるのはやはりホーム画面となります。それだけに待ち受けのカスタム化、アイコンの配置カスタマイズはスピーディな操作にとり欠かせないものとなります。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
山口 長二
きょうは霜が降りていました冬本番ですね。皆さんがんばりましょう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ