TubeMateの使い方!ウイルス感染せずに安全にYouTube動画をダウンロードしよう!

TubeMateとは、YouTube等の動画をダウンロードや再生ができるアプリです。使い方は簡単ですが、インストールには、TubeMateの公式ページに行く必要があるなどコツが必要です。本記事では、TubeMateのインストール方法を使い方をお話しします。

TubeMateの使い方!ウイルス感染せずに安全にYouTube動画をダウンロードしよう!のイメージ

目次

  1. 1TubeMateとは?YouTubeから動画を安全にダウンロードしよう!
  2. TubeMateはウイルスフリーの安全な動画ダウンロードアプリ
  3. TubeMateは初心者でも簡単にYouTubeから動画をダウンロードできるアプリ
  4. TubeMateを使ってダウンロードするメリットとは?
  5. 2TubeMateのインストール方法と注意点
  6. TubeMateがインストール出来ない場合の対処法
  7. TubeMateをインストールする際の注意点とは?
  8. 3TubeMateのオススメ初期設定方法
  9. 4TubeMateの使い方とYouTube動画のダウンロード方法
  10. おすすめの保存形式はこちら
  11. 5TubeMateを使ってお気に入りのYouTube動画をダウンロードしてみよう!

TubeMateとは?YouTubeから動画を安全にダウンロードしよう!

TubeMateとは、YouTube等から動画をダウンロードしたり、再生したりすることができるAndroidアプリです。動画検索の便利さや操作が簡単であることから、人気が高く、利用している方も多いアプリです。実際、YouTubeで動画を見ているときに、ダウンロードして後で誰かに見せたい場面があります。

このようなシーンなどで役立つのがTubeMateなどの動画ダウンロードアプリです。その中でも、TubeMate自体がYouTube用のブラウザとなっていることから使い方も簡単で、人気があり、おすすめできるアプリです。本記事では、TubeMateについて説明していきます。

TubeMateはウイルスフリーの安全な動画ダウンロードアプリ

TubeMateは、当たり前ですが、ウイルスが含まれるようなアプリではありません。また、ダウンロードする動画もYouTubeやDailymotionといった有名どころに対応していますが、怪しげなサイトからダウンロードはできないようになっています。つまり、怪しい場所には接続しないので、ウイルス感染のようなものとは無縁といえるアプリです。

ただし、後述しますが、GooglePlayに公開されているものは偽物です。そのため、インストールは公式ページから行う必要があります。偽物はウイルスが混入したアプリだったり、アプリ自体がウイルスの可能性もあるので、その点、注意が必要です。安全な公式ページからインストールを行い、ウイルス感染しないよう気を付けましょう。

TubeMateは初心者でも簡単にYouTubeから動画をダウンロードできるアプリ

TubeMateは使い方も簡単で、初心者でもすぐに使い方を覚えることができるアプリです。動画検索も便利な点も、初心者にはうれしいところです。また、検索している動画を見ながら、ダウンロードボタンをタップするだけでダウンロードができる点も、操作が簡単でわかり易いです。

TubeMateを使ってダウンロードするメリットとは?

TubeMateを使ってダウンロードするメリットとして、まず、使い方が簡単である点を挙げることができます。ダウンロードボタンのタップだけでダウンロードを実行できる点は確かに便利です。

また、安全性が高い点もメリットと言えます。怪しいサイトが排除されている点が、ウイルスの混入した動画をダウンロードしてしまうリスクを軽減しています。

TubeMateのインストール方法と注意点

TubeMateをインストールする際に、まず注意しなければならないことは、公式サイトからインストールする必要があるという点です。GoolePlayストアで検索しても、TubeMateは出てこず、偽物か安全でないアプリが出てきます。そのため、まずやることとして、公式サイトを直接開くためにブラウザを立ち上げます。

ブラウザを立ち上げたら、URL入力欄に「http://tubemate.net」と入力しEnterをタップすると、下記画像の公式ページが開きます。公式ページに表示されているのは、安全性が確認されているダウンロードサイトです。

TubeMate公式ページ_URL入力により開いた状態

TubeMateの公式サイトには、最新バージョンと一つ前のバージョンのダウンロードページへのリンクが表示されています。本記事の操作例では、最新版のuptodownをタップしてダウンロードを進めます。uptodownと表示されたボタンをタップすると、下記画像の右側のダウンロードページが開きます

このダウンロードページが開いたら、表示されているDownloadボタンをタップします。すると、ダウンロードが始まります。ダウンロードが完了したら、ファイルマネージャーやメディアマネージャーでDownloadフォルダを開き、インストールを実行します

TubeMate公式ページとダウンロードページ

TubeMateがインストール出来ない場合の対処法

TubeMateのインストールを実行した際に、設定によっては下記画像のようなメッセージが出てブロックされることがあります。たいていのスマホやタブレットでは、安全面から、GooglePlay以外からのインストールができないように、初期設定ではブロックされるようになっていることが多いです。

安全面からブロックされる設定になっていることが多いものなので、たいていの場合、下記のメッセージが出てきます。これは、設定を変更することで解消可能です。また、設定を変更しても、不用意によくわからないアプリをインストールしなければ安全性には影響のない設定です。

それでも安全面で不安がある場合は、インストールが終わった後に設定を戻すことで、安全性を保つことができます。

TubeMate_インストールはブロックされましたメッセージ

TubeMateをインストールする際にブロックされるのは、GooglePlay以外からのインストールができないように設定されていることによるので、この設定を変更すればよいということになります。設定変更の手順は、まず、設定アプリを起動→セキュリティをタップ→「提供元不明のアプリ」にチェックを入れる

チェックを入れたら、再度、TubeMateのインストールを実行しましょう。問題なくインストールできるようになっています。インストールが完了したら、TubeMateを使えるようになります。また、提供元不明といっても、”TubeMate”であることが明らかなので、提供元は明確です。

あくまでGooglePlay以外からのインストールは、GooglePlayとして提供元を確認していないため、提供元不明という扱いになっているということです。よって、提供元ははっきりしているので、安全面には問題のないアプリです。心配せずにインストールを行いましょう。

TubeMate_「提供元不明のアプリ」にチェックを入れる

TubeMateをインストールする際の注意点とは?

TubeMateをインストールする際の注意点は、まず、GooglePlayからインストールことはできないという点です。GooglePlayで検索して見つかるものは偽物なので、安全性の観点から、誤ってインストールしないようにしましょう。

また、ダウンロード後にインストールを行う際は、GooglePlayでは自動的にインストールが始まりますが、TubeMateは公式ページからのインストールなので、ダウンロードしたインストーラーを、別途、実行することが必要です。

インストールの実行は、ファイルマネージャーを起動し、Downloadフォルダを開き、そこに保存されているTubeMateのインストーラーを実行します。ひと手間かかってしまいますが、ファイルマネージャーの使い方は簡単なので、ストレスなくインストールを行うことができますのでご安心ください。

TubeMate_ファイルマネージャーのダウンロードフォルダ

TubeMateのオススメ初期設定方法

TubeMateのインストールが完了したら、TubeMateを起動します。最初に利用規約が出てきますので、同意するをタップしてください。ダウンロードする動画は、当然著作物なので著作権があります。それらについての内容も含まれるので、しっかり読みましょう。

次に、Rease Notesが表示されます。これは新機能についての説明が記載されています。下の、閉じるボタンで次に進むことができます。

TubeMate_利用規約とReleaseNotes

次はChromecast機能を使用するかの確認画面です。環境によっては、下記画像のように文字が見にくいので注意が必要です。Chromecast機能を使用する場合はアップグレードを、使用しない場合は続けるをタップします。どちらにした場合でも使い方に大きな影響はないので、お好み、あるいは実際にChromecast機能を使用するかどうかで選んでください。

TubeMate_Chromecast機能の確認画面

次は、音楽のダウンロードのサポートを行っていない旨の警告が表示されます。記載されているリンクで詳細を確認することができます。ただし、英語です。内容的には、2017年9月5日の米国カリフォルニア州裁判所の決定を遵守するので、ユーザーもその決定に従った使い方を守ってほしい旨のものとなっております。

簡単にいうと、著作権違反になるような使い方はやめてほしいといった趣旨です。ということで、著作権侵害するような使い方はやめましょう。といっても、通常の使い方なら、著作権侵害になることはないですが、注意しましょう。

内容を理解したら、このメッセージを再表示しないにチェックを付けて、OKをタップします。このチェックを付けないと、起動するたびにこの警告メッセージが表示されます。

TubeMate_音楽のダウンロードはサポートされていませんの警告画面

ここまで来たらTubeMateを使ってDownloadができますが、その前に、設定を確認しましょう。下記画像の設定は、インストール直後の初期設定の状態です。初期設定では、制限付きモードがオフになっています。制限付きモードをオンにすると、不適切なコンテンツが含まれている可能性のある曲や動画を非表示にすることができます

そのため、制限付きモードをオンにして不快な動画などが表示されないようにしておくことがおすすめです。

TubeMate_Main画面と設定画面

TubeMateの使い方とYouTube動画のダウンロード方法

TubeMateの使い方は、まず動画を検索します。そしてお目当ての動画が見つかったら、その動画を開きダウンロードボタンをタップしてダウンロードを行います。というように使い方は簡単です。詳しい手順は、まず、右上の虫眼鏡マークをタップします。実際の場所は、下記画像を見て確認してください。

虫眼鏡マークをタップすると、下記画像の右側の検索画面が開きます。この画面の検索欄に、探したい動画のキーワードを入力しYouTube上の動画を検索します。入力したら、右側の虫眼鏡マークをタップします。このように、使い方としては、よくある検索操作と変わりありません。

TubeMate_動画検索

下記画像の左側のように、キーワードに当てはまるYouTube動画の検索結果が表示されます。検索された動画の中からお目当ての動画を探し、タップすると、下記画像右側のように動画のページが開きます。動画が開いたら、右下のピンクのダウンロードボタンをタップします。そうすると動画の解析が始まるので、終わるまで少しだけ待ちましょう。

TubeMate_検索結果

動画の解析が終わると、自動的にファイル形式の選択画面に進みます。任意のファイル形式を選択し、右下のピンク色のダウンロードボタンをタップするとダウンロードが開始します。

TubeMate_動画の解析と保存形式選択

ダウンロードが完了したら、下記画像のように、完了のメッセージが表示されます。ダウンロード機能の使い方はこのような感じです。手順としては難しいものではありません。

TubeMate_ダウンロード完了

おすすめの保存形式はこちら

TubeMateを使ってYouTubeから動画をダウンロードする際に、どのファイル形式を選ぶべきかは迷うところです。無難といえば無難ですが、MP4形式でダウンロードすれば、ほかのデバイスで再生した際にも対応していることがほとんどなので、MP4でのダウンロードがよいです。

ファイルサイズについては、使用端末の空き容量にもよるので、判断が難しいところではありますが、使っている端末の画面サイズに合わせてのダウンロードするとよいです。

TubeMate_保存形式選択

TubeMateを使ってお気に入りのYouTube動画をダウンロードしてみよう!

本記事では、TubeMateのインストールから使用方法までを紹介いたしました。公式ページからダウンロードする必要がるなど、インストールにはちょっとしたコツが必要ですが、インストールしてしまえば使い方は簡単です。動画を楽しむ際には、是非、TubeMateを活用しましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
Tak011
PCもスマホもガシェットも大好きです!皆さんのお役に立てる記事を書けるよう、日々努力!!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ