SNOWアプリがインストール/ダウンロードできない場合の対処法!

絶対SNOWをインストールしたい、どうしてもインストールしたい、と思わせてしまう程の超人気アプリSNOW、そんなどうしてもをこの場所でこのページで解決してみませんか、インストールできないのには必ず理由があります。それをこのページで考えて納得しましょう。

SNOWアプリがインストール/ダウンロードできない場合の対処法!のイメージ

目次

  1. 1SNOW(スノー)がインストール/ダウンロードできない!
  2. 2SNOWアプリがインストールできない場合の対処法【OS・容量編】
  3. 3SNOWアプリがインストールできない場合の対処法【ストア編】
  4. 4SNOWアプリがインストールできない場合の対処法【通信環境編】
  5. 5SNOWアプリがインストールできない場合は原因を確かめてみよう

SNOW(スノー)がインストール/ダウンロードできない!

SNOW(スノー)インストールできない。

若い女の子にSNOU(スノー)は大人気のアプリです。ビューティ効果&メイク機能付き自撮りカメラと銘打っているように動画も編集出来てとても楽しいアプリです。そこでSNOW(スノー)がダウンロード出来ない、インストールできない、となるととても悲しいですよね。

この記事ではそんなあなたに成り代わり”どうしても出来ない”を調べてみました。ご安心ください”対処法”もしっかり掲載してあります。

SNOWアプリがインストールできない場合の対処法【OS・容量編】

SNOW(スノー)がインストールできない。これにはいくつか原因があります。チェックしていきましょう。

  • スマホのOSが最新ではない。
  • 空き容量が不足している。
  • 通信≪電波≫の状態が良くない。

ダウンロードができない対処法を調べる。

最新のアプリはOSも最新でこそ安定します。”OSのバージョン”を確認しましょう。簡単です。

対処法をさぐる

OSを最新にアップデートする

インストールSNOWの手順

上の画面はアンドロイドです。番号順に赤枠に囲まれているところをタップしていきますと、OSのバージョンがアップデートします。各々見ていきましょう①の赤枠に囲われているアイコンは”設定”アイコンです。


iPhoneを使われている方でもすぐお判りでしょう。②の赤枠で囲われて居るところは”システム”項目でOSの中枢となるところです。そして”システム”をタップしますと③の”システムアップデート”の項目にたどり着きます。ここをタップ”して頂きますと、OSを最新にしてくれます。

SNOW(スノー)インストールの設定

iPhoneのホーム画面です。

iPhoneでiOSのバージョンを調べるのは”設定”⇒”一般”⇒”情報”⇒”バージョン”で確認することが出来ます。確認しましたら”一般”に戻り”ソフトウェアアップデート”をタップします。そこの欄に最新の”iOSのバージョン”が示されています。

先程の”バージョン”よりすこしでも数字が大きかったら”ダウンロードとインストール”をタップしてダウンロードしてください。

インストールできない

ダウンロードが完了すると”ソフトウェアアップデート”画面が表示されるので今すぐ”インストール”をタップして画面に従ってインストールしましょう。

スノーアプリのログイン

どうですか?。無事インストールはお済でしょうか。つづいてシステムの空き容量を確認しましょう。クラウドで大容量を確保なさっている方なら心配ありませんが、そうでないのなら空き容量対策はSNOW(スノー)アプリにとって必須事項です。

SNOW(スノー)ストレージ確認

  • アンドロイド空き容量

アンドロイド ”設定”をタップするとストレージ項目の下に空き容量の数字がみられます。
iPhone          "設定”⇒”一般”⇒ストレージ"で空き容量が確認でき、使われないアプリも
       削除できます。

スノー動画

端末の容量を確認する

空き容量の確認ご覧になりましたでしょうか。時々は気にかけられたらと思います。次に空き容量を増やす設定をご説明します。

ダウロードのカギ
インストールできない1

前の空き容量確認ページから”ストレージ、ストレージ”と2ページ進むと、この画面になり、殆ど使わないかなという”アプリのリスト”が出てアンインストールが出来ます。ホーム画面からでも”長押し”から”×押し”でできますが、ここは殆ど使われないアプリが大きさ順に並んでいるので分かりやすいです。

iPhoneの空き容量の確認して”設定””一般””ストレージ””情報”へと順に進み”Appを削除”をタップします。

SNOW(スノー)ログイン

スマホの空き容量を増やす

アプリをアンインストールして空き容量を増やすということはすでにご説明申し上げた通りですので、ここからはアプリ本体以外のいらないファイルを削除して、スマホアプリを軽く動作させることにしましょう。

アンインストールはスノー

iPhoneではSafariから”履歴とWebサイトデータ”をタップすると不用な”キャッシュファイル”が削除されます。

iPhoneのウェブキャッシュを削除してみます。iPhoneを使い続けていると当然インターネットに知らず知らず関わっています。アプリをダウンロードしたり、サイトを開いたりすれば付属する情報が一緒についきます。これが一時ファイルとしてキャッシュとしてゴミのように溜まっていきます。

ゴミと言いましたがキャッシュファイルはアプリをスムーズに動かしたり。ウェブサイトを再び開く時、瞬時に開くためににきます。ホーム”から”設定”Safari"”履歴とWebサイトデータを消去”をタップしますとスマートフォンのゴミファイルが削除されます。

ダウンロード
SNOW(スノー)インストールできない。

アンドロイドのアプリ別キャッシュ削除ページです。

  1. ”設定”をタップ
  2. ”アプリと通知”をタップ
  3. ”アプリ情報”をタップ
  4. ”すべてのアプリ”をタップ
  5. アプリの中から一つ選びタップ
  6. ”ストレージ”をタップ
  7. 上に示したページの”キャッシュ”をタップ

”キャッシュ”だけを消去してください。そし順にアプリを選びキャッシュを消去します。
全部しなくても良いです。大き目なアプリを選ぶと良いでしょう。

対処法をさぐる

SNOWアプリがインストールできない場合の対処法【ストア編】

SNOWrogin

ストアからサインアウトする

サインインとはパソコンでいうところのログインのことです。スマホアプリをいつもダウンロードやインストールの時の動作重いとかスムーズに進まないとかまたは妙な警告がでるという場合は一度iphoneならAppStore、アンドロイドならGoogleplayから”サインアウト”してみてもう一度”サインイン”して様子をみるというのも効果が期待できます.

SNOW(スノー)ログイン

iPhoneのサインアウトは”AppStore”をタップして次のページの右上にある顔の形のアイコンをタップしてアカウントのページから一度サインインしてサインアウトの設定をします。

SNOWインストールでも

アンドロイドの場合上の図のように順に進みログインボタンからサインインのページに入れます。

サインアウトしてから再度サインインする

実は”サインアウト”してから”サインイン”するという方法はアプリにおけるダウンロードからインストールする手順の2倍手数のかかる作業でアプリの”インストール””ログイン”するだけでもうまくいかないこともあるのにアカウント登録で、もしつまづいたらと思うと、あまりお勧めできません。

アプリ対処法

SNOWアプリがインストールできない場合の対処法【通信環境編】

SNOW(スノー)アプリがンストールできないということの多くは電波の受信状態が悪いということがいえます。OS(iosかAndroid)も日々アップデートされていますし、メモリー(空き容量)のことも”クラウド”でデータ保存が出来ます。

”設定”で空き容量をたまにチェックして、いらない不用なアプリをアンインストールするだけでもメモリー不足になることはないでしょう。そこで此処からはアプリをインストールできない、ダウンロードできないことの本命だろうと思われる電波受信について調べてみることにしましょう。

正解はスノー

電波状況の確認

モバイル通信機器のスマートフォンを利用するということは電波を利用するということです。その電波には簡単にいうと2種類あります。”Wifi”と”Lte(3G.4G)”ですが、Wifiはインターネット回線でだいぶ前までは”無線LAN”といわれていたものです。かたやLteですがこちらは携帯電話用通信回線という規格のことです。

SNOW(スノー)アプリ

分かりやすく言いますとLteとは高速安定な電話回線でWifiは家や施設(会社等)で使うインターネット回線といえます。Lteも、もちろんインターネットに利用されますが、

重い動画や負担のかかるアプリを頻繁に利用すると、ひと月5G,7G、三日で10Gの利用制限に触れてしまい翌日のpm6時からam6時までひどい低速になり、とても使えたものではないという状態になります。

ログインは戦い

ですから結論をもうしますと、通話、メール若しくはSNS等はLte通常回線ですね、これで大丈夫ですが、動画アプリ、インターネットゲーム対戦などSNOW(スノー)もそうですが大変盛りあがるアプリを利用するにはWifi環境の整った場所に行くとか、Wifiモバイルルーターを持って行かれると

ストレス無くアプリのダウンロード、インストールに対処できることでしょう。念のため替え電池、モバイル電源も用意されると万全でしょうね。ご存じでしょうが、フリーWifiはトラブル(ハッキング)が懸念されるので利用は控えたほうがよろしいかと思います。

インストール

先程SNOW(スノー)アプリがインストールできない、”対処法”がみつからないのは、電波の受信状況が悪いせいだと申しました。でも私は家にいるの、部屋にいるのよ、という方もいらっしゃるかもしれませんそういう方には次に申し上げる”対処法”が良いかもしれません。それは

スマートフォンをお持ちの友人に来ていただいて同じ操作をしてもらうのです。友人の方のスマートフォンも同じくダウンロードがしにくければ、やはり電波が弱いということになります。

対処法は仲良く

Wifiは通信距離最大50~100mと家の中では十分な範囲ですが、外部からの通信規格により差がでてしまいます。アナログのADSLと光回線では100倍くらい速度差がありますから当然Wifiも違いが出ます。もしあなたのルーターがADSLで部屋がルーターがある部屋と離れているとしたら、つながりにくくなっているかもしれません。

対処法としてはルーターの近くにいくのがもっとも簡単です。もうひとつの”対処法”はモバイルWIfiルーターを部屋に置くのが一番いいですねこれならお出かけの時にも持って行けるわけですから。いづれにしてもWifiとLteの”電波強度”をチェックする無料アプリもたくさんありますので試してはいかがでしょうか?。

SNOWインストール

Wimaxモバイルルーター、持ち運びできる大変手頃なルーターといえます(家電量販店にございます。)

ストアアプリの再起動

もし電波状況も良くダウンロードは無事に終わってインストールでフリーズか警告がでる様なら一旦インストールはやめて多分”アイコン”はできているでしょうから、普通のアプリ同様アンインストールしましょう。そして先程からの項目、OSのバージョン確認、空き容量の確認、をしてもう一度SNOW(スノー)のインストールをしてみてください。

innsuto-ru

スマホの再起動

どうですか、無事インストール出来ましたでしょうか?。"OK"それは良かったですね。しかし念のため今夜は電源を切っておきましょう。PCでは起動するときに不具合を修復するといいます。スマートフォンもコンピューターです。

ログインの天使

SNOWアプリがインストールできない場合は原因を確かめてみよう

インストールできない原因

  • 電波状況が悪い(場所が良くない)
  • OSとアプリの相性が良くない(どちらかが古い)
  • 空き容量が不足している(不用アプリは削除)
以上まとめてみました。SNOW(スノー)はとても愉快なアプリです楽しんでください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ