楽天スーパーポイントを現金化する6つの方法!おすすめの換金方法を紹介!

皆さんは楽天ポイントを有効に活用できていますか?楽天ポイントは、楽天市場で買い物をすることで貯まっていき、様々な活用方法のある便利なポイントです。この記事では、楽天スーパーポイントを現金化する6つの方法に加え、おすすめの現金化方法をご紹介していきます。

楽天スーパーポイントを現金化する6つの方法!おすすめの換金方法を紹介!のイメージ

目次

  1. 1楽天のポイントを現金化しよう!
  2. 楽天スーパーポイントとは?
  3. 楽天ポイントの種類
  4. 2楽天ポイントを現金化!おすすめの換金方法
  5. 楽天ポイントで金券(ギフトカード)を購入する
  6. 3楽天ポイントを現金と同じように使えるおすすめの方法
  7. 楽天ポイントでEdyをチャージする
  8. 楽天ポイントでお買い物する
  9. 4楽天ポイントで少しでも利益を増やすのにおすすめの方法
  10. 楽天ポイントで投資信託の購入をする
  11. 5楽天ポイントの用途がない場合におすすめの方法
  12. 楽天ポイントで株主優待券の購入をする
  13. 楽天ポイントをふるさと納税に使う
  14. 6楽天ポイントを現金化してお得に使おう!

楽天のポイントを現金化しよう!

皆さんは貯まった楽天ポイントを無駄にすることなく有効に活用できていますか?この「楽天ポイント」は、楽天市場で買い物をすることで貯まっていき、様々な活用方法のある便利なポイントです。この記事では、楽天スーパーポイントを現金化する6つの方法に加え、おすすめの換金方法をご紹介していきます。

まずはじめに、「楽天スーパーポイントとは何か」を詳しくご紹介していきます。楽天市場でよく買い物をするユーザーの皆さんは、この機会に楽天ポイントの内容を確認してみましょう。

楽天スーパーポイントとは?

楽天スーパーポイント

楽天スーパーポイントとは、「貯まる! 使える! 交換できる!」をモットーにした、便利な楽天のポイントサービスのことです。楽天ポイントとして貯めたポイントは、「1ポイント1円」として、楽天グループが提供しているサービスや、その他 サービスで利用できます。

貯まりやすというポイントは、日頃の街でのお買い物で、楽天ポイントカードの機能が付いている楽天カードを会計時に提示するだけで「100円につき1ポイント」貯まるという点があります。楽天市場や街での買い物をする際にポイントが使えることに加え、「楽天トラベル(旅行サイト)」といった楽天が提供するサービス内で利用すればするほどポイントがアップします。 

また、楽天ポイントはユーザーが選ぶ 「ポイント総合満足度」「昨年もっとも貯まったポイント」「もらって嬉しいポイント」という三部門のランキングにおいて一位を獲得しています。多くのユーザーに指示されているポイント制度と言えます。

楽天ポイントの種類

楽天ポイントの種類

次に、楽天ポイントの種類についてご紹介していきます。楽天のポイントには2種類あり、「通常ポイント」と「期間限定ポイント」という種類があります。

通常ポイント

楽天の通常ポイントとは、ポイントの有効期限が、最後にポイントを獲得した日から1年間 のポイントのことです。ポイント獲得期間内に1度でもポイントを獲得する機会があった場合は、 獲得するごとにポイントの有効期限が延長となります。

期間限定ポイント

期間限定ポイントとは、様々な特定キャンペーン期間中などで付与されるポイントで、それぞれのキャンペーンごとに固有の有効期限が設けられています。通常ポイントと比べ、ポイントが使える有効期間に気を付けなければならないポイントです。

楽天ポイントを現金化!おすすめの換金方法

次に、楽天ポイントを現金化したい方向けに、おすすめの換金方法をご紹介していきます。楽天ポイントを現金化したい場合は「楽天ポイントで金券(ギフトカード)を購入する」という方法をおすすめしています。

楽天ポイントで金券(ギフトカード)を購入する

楽天ポイントで金券

楽天ポイントを現金化したい方におすすめの換金方法は、楽天ポイントで金券(ギフトカード)を購入する方法です。楽天ポイントを無駄にすることなく換金するためには、需要の高い金券を選ぶようにしましょう。金券やギフト券を購入する場合は、以下のような金券やギフト券がおすすめです。
 

  • 全国共通百貨店商品券
  • JCB・VISA・UCなどのカードブランドのギフト券
  • イオンのギフト券

これらの金券やギフト券を楽天市場で購入し、換金するという流れになります。ほしい金券やギフト券の名前をサイトで検索することで購入が可能になります。

ポイントサイトを経由し、楽天市場などでこれらの金券やギフト券を購入することで、サイトによって少し異なるような場合もありますが、購入金額の「1%程度」が、ポイントサイトのポイントとして貯まるのでお得になります。

楽天ポイントを現金と同じように使えるおすすめの方法

次に、楽天ポイントを現金と同じように使えるおすすめの方法をご紹介していきます。楽天ポイントを現金と同じように使えるおすすめの方法は「楽天ポイントでEdyをチャージする」「楽天ポイントでお買い物する」の2種類があります。

楽天ポイントでEdyをチャージする

楽天ポイントでEdyをチャージ

まずご紹介するおすすめの方法は、楽天ポイントでEdyをチャージする方法です。電子マネーの「楽天Edy」へチャージすることで、楽天スーパーポイントが使えます。楽天Edyにチャージした分は、現金と同じ扱いで使用が可能です。

普段の買い物でよく楽天Edyを使っている場合は、貯まった楽天スーパーポイントを楽天Edyにチャージして使うのがおすすめです。まだ楽天Edyを使ったことがない場合は、クレジットの楽天カードと楽天Edyを一体型にするのがおすすめです。

楽天ポイントでお買い物する

次にご紹介するおすすめの方法は、楽天ポイントでお買い物する方法です。楽天スーパーポイントを現金として使うには、楽天市場での買い物で利用するのが一番簡単ま利用方法です。会計時にポイント利用を選択するだけで、ポイントでの支払いが可能になります。

通常通り、1ポイント1円からポイントを利用できるので、現金と同じような感覚で使用が可能になります。

楽天ポイントで少しでも利益を増やすのにおすすめの方法

次に、楽天ポイントで少しでも利益を増やすのにおすすめの方法をご紹介していきます。

楽天ポイントで投資信託の購入をする

楽天ポイントで投資信託の購入

楽天ポイントで少しでも利益を増やすのにおすすめなのは、楽天ポイントで投資信託の購入をする方法です。

老後の年金の心配がつのるにつれ、個人一人一人が老後の生活資金を確保するように促す傾向がみられるようになり、個人での投資信託が注目されるようになりました。そんな中、楽天ポイントを利用し、楽天証券で投資信託を購入が可能になりました。

貯めた楽天ポイントを投資信託の購入に回すことができ、これまでは「1ポイント1円」として利用してきたものが、投資にポイントを回すことで「1ポイント1円以上」になる可能性も出てきます。

あくまでも変動のリスクがある投資であるため、必ず利益が出るといいきれませんが、楽天ポイントで少しでも利益を増やすのにおすすめの方法としてご紹介しました。

楽天ポイントの用途がない場合におすすめの方法

楽天ポイントの用途がない場合におすすめの方法

最後に、楽天ポイントの用途がない場合におすすめの方法をご紹介していきます。特に使用用途がないという方には、「楽天ポイントで株主優待券の購入をする」「楽天ポイントをふるさと納税に使う」という2種類の使用方法をおすすめします。

楽天ポイントで株主優待券の購入をする

楽天ポイントの用途がない場合におすすめなのは、楽天ポイントで株主優待券の購入をする方法です。

先にご紹介した商品券や金券を楽天ポイントで購入する方法にも似ていますが、今話題になっているフリマアプリ「ラクマ」では、様々なユーザーが株主優待券を出品しています。特にほしい商品がない、生活必需品も間に合っているというユーザーの方は、株主優待券を購入し、普段受けないようなサービスを経験してみてはいかがでしょうか。

優待券

貯まった楽天ポイントで株主優待券を購入すれば、通常の方法で株主優待券を使うときよりももっとお得になるため、通常楽天ポイントは「1ポイント1円」ですが、「1ポイント1円以上」の価値にしてポイントを利用できる方法にもなり、大変お得な利用方法です。

現金を使って株式を購入したり、現金を使ってラクマで株主優待券を買うような余裕はないといった方にとっては、楽天ポイントを利用することで、株式や株主優待券を購入するハードルが低くなります。試しに購入してみるといった感覚で一度購入することを検討してみましょう。

楽天ポイントをふるさと納税に使う

ふるさと納税

楽天ポイントの用途がない場合におすすめなのは、楽天ポイントをふるさと納税に使う方法です。

楽天スーパーポイントを利用してふるさと納税することで、ポイントを使う前の金額が寄附金控除の対象となるため、楽天ポイントを使うほどお得になります。ふるさと納税として楽天ポイントを利用すれば、利用した分だけ翌年の所得税、住民税から節税できるため、大変お得な利用方法です。

また、楽天ふるさと納税を通して楽天スーパーポイントを使う場合は、「100の倍数」で楽天ポイントを使うのがおすすめです。楽天ふるさと納税でも、100円ごとに1ポイントが貯まります。

たいしたポイントの差にはなりませんが、よりお得にポイントをためていくため、ポイントの還元に関しても意識しておくと、よりお得にポイントが貯められるようになり、次回の会計の際にお得な思いができるようになります。

楽天ポイントを現金化してお得に使おう!

この記事では、楽天スーパーポイントを現金化する6つの方法に加え、おすすめの換金方法をご紹介してきました。楽天ポイントには、様々な換金方法、現金化の方法、その他商品の購入方法があるため、皆さんの生活スタイルに合った方法を選択し、お得に楽天ポイントを活用していきましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
tiamomare

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ