インスタのリポストのやり方!アプリを使わずに写真投稿をシェアする方法を解説!

SNSで有名なインスタグラムですが、Twitterと違ってアプリがなければ簡単にリポストできないと、これまで言われていました。しかし今、インスタグラムにはアプリなしでリポストできる機能が実装されています。この記事でインスタグラムのリポストのやり方を解説します。

インスタのリポストのやり方!アプリを使わずに写真投稿をシェアする方法を解説!のイメージ

目次

  1. 1アプリを使わずにインスタにリポストする方法
  2. リポストする手順
  3. 2インスタにリポストした投稿を削除する方法
  4. ストーリーズの削除のやり方と手順
  5. 3インスタのリポストする時に注意すべきマナー
  6. 投稿者の許可をとるようにする
  7. 投稿者へのお礼を忘れない
  8. 投稿がオリジナルではなくリポストであることを忘れない
  9. リポストした投稿写真の編集は決してしない
  10. 4マナーを守ってインスタのリポストを試して見よう!

アプリを使わずにインスタにリポストする方法

SNSのユーザーが好んで利用する機能の中に、投稿をシェアするというものがありますこの機能で特に有名なのがTwitterです。Twitterでは他の人の投稿をシェアする行為をリツイートと言います。リツイートで主にシェアするのは単文の投稿です。

写真投稿専門で開発されたInstagram (インスタグラム)には当初、Twitterで言うリツイート機能、つまり写真投稿をシェアするリポスト(リグラム)機能が実装されていませんでした

ですからリポストアプリというInstagram(インスタグラム)が公式に提供しているわけではない非公式のアプリを使ってリポスト(リグラム)をする必要がありました。しかしInstagram(インスタグラム)がアップデートされ、今では新たな追加機能としてリポスト(リグラム)をアプリなしで行うことができるようになりました

TwitterのリツイートとInstagram(インスタグラム)のリポスト(リグラム)は意図しているものは同じです。しかしリツイートとリポスト(リグラム)との間には違いがあります

まず、先ほども言及しましたが、Twitterのリツイートで主にシェアする投稿は単文ですが、Instagram(インスタグラム)のリポスト(リグラム)でシェアするのは写真や動画です。またリツイートはボタン一つで行えますが、リポスト(リグラム)は設定をしなければできません。

どのようにこの新しいリポスト(リグラム)機能を使って、アプリなしで写真投稿をシェアできるのでしょうか。これから解説します。

リポストする手順

これからアプリを使わずにInstagram(インスタグラム)のリポスト(リグラム)でどのように投稿写真や動画をシェアできるのか、方法と使い方をこれからステップ・バイ・ステップで説明します使い方はとてもシンプルで分かりやすいので、リポストする方法さえ分かれば今すぐにでも試せます

リポストしたい写真投稿を見つける

リポストしたい写真投稿を見つける方法

アプリを使わずにInstagram(インスタグラム)のリポスト(リグラム)で投稿写真や動画をシェアする方法は、まずインスタグラムのアプリをスマホで開きます。インスタグラムのホーム画面下にあるメニューから、「虫眼鏡」で表示されている「検索」アイコンがあるのでそれをクリックします。世界中のユーザーが投稿した写真や動画が表示されています

その中からリポストしたい写真や動画を選択します。選択した写真や動画が表示されます。画面下に「紙飛行機」のアイコンがあるのでそれをクリックします

自分のストーリーズに追加する

自分のストーリーズに追加する方法

次に選択した写真をリポストするためストーリーズに追加します。「紙飛行機」のアイコンをクリックすると、選択した写真や動画を送り出すため、4つのオプションが表示されます。その中から「ストーリーズを追加」を選択します。「ストーリーズに追加」画面が立ち上がるので、「送信先」をクリックします。

投稿とシェアをしてリポストする

投稿とシェアをしてリポストする方法

「送信先」をクリックすると、「シェア」画面が立ち上がりますので、一番上に表示されている「ストーリーズ」の「シェア」をクリックします。「シェア済み」と表示が変わりますこれでストーリーズに投稿写真を追加されリポストできましたリポストの確認をするためホーム画面に戻ります。画面上に表示される「ストーリーズ」をクリックします。

追加した投稿写真がリポストされていることが分かります

Thumbインスタグラムのハイライトの使い方!ストーリーズの保存動画に足跡はつく?
インスタグラムがとても流行しています。そのインスタグラムも進化して、さまざまな機能が増えまし...

インスタにリポストした投稿を削除する方法

ここまでアプリなしでどのようにインスタにリポストして投稿写真をシェアできるのか、方法と使い方を説明しました。一度してしまった投稿写真や動画は削除できるのでしょうか削除は可能です。これからストーリーズに追加した投稿写真や動画をどのように削除できるのか、方法と削除機能の使い方を説明します

ストーリーズの削除のやり方と手順

ストーリーズの削除のやり方と手順

まずインスタグラムのホーム画面上にある「ストーリーズ」をクリックします。ストーリーズに追加した写真や動画が表示されるので、画面右下にある「もっと見る」を選択します。次の画面で6つのオプションが表示されるので「削除」を選択します。これでストーリーズに追加した投稿写真は削除されます

Thumbフォローチェックforインスタグラムの使い方!相互フォローの確認・管理方法など解説!
フォローチェックforインスタグラムの使い方を解説します。相互フォローの確認やフォロー管理の...

インスタのリポストする時に注意すべきマナー

Instagram(インスタグラム)のリポスト(リグラム)は、Twitterのリツイートのように投稿された画像や動画をシェアできる画期的な機能でアプリを使用せずに行えます。投稿写真や投稿動画を閲覧し、興味深いものをピックアップしてそれを友人にストーリーズという形で簡単にリポストできるからです。しかし注意すべき点もあります

例えばTwitterのリツイート機能によって、TwitterはSNSでFacebookと肩を並べるほどの人気とユーザーを獲得しました。しかしその一方でリツイートの爆発的な拡散力のために多くの問題が引き起こされているのも事実です。何かの問題が発生すると、非難や誹謗中傷が殺到する「炎上」のリスクをリツイートは常に抱えています

Instagram(インスタグラム)のリポスト(リグラム)が、Twitterのリツイートと類似した機能である以上、Instagram(インスタグラム)のリポスト(リグラム)にもTwitterのリツイートが抱える同様のリスクが潜んでいると考えるのは妥当なことです

それでInstagram(インスタグラム)のリポスト(リグラム)が潜在的に抱えるリスクを回避するために、注意すべきマナーをしっかり守る必要があります。どんなマナーでしょうかこれから4つの注意すべきマナーについて紹介します

投稿者の許可をとるようにする

アプリを利用せずにリポストする際に注意すべき最初のマナーは、Instagram(インスタグラム)のリポスト(リグラム)をする際には、シェアする写真や動画の投稿者の許可を必ずとることです

このマナーは、企業や企業が提供するサービスや商品の宣伝を目的に開設された「企業アカウント」ではなく個人が私的な理由で立ち上げたプライベートアカウントから写真や動画を拝借してリポストする際には特に重要です

リポストしようとしている写真や動画には、投稿者の顔や個人情報が含まれている可能性が大きく、それをストーリーズでリポストした結果、爆発的に拡散し、後から投稿者に嫌がらせ、非難、誹謗中傷が殺到する可能性があります

投稿者の中には、投稿写真や動画を拡散させることを目的として、あえてプライバシー設定をしないこともあります。しかし投稿者の中には、プライバシー設定の存在を知らずに写真や動画を投稿している場合もあります。自分の知らない所で、自分のプライベートな写真や動画が世界中に拡散していたら、間違いなく迷惑を被るはずです

ぜひ大切なマナーとして覚えておきましょう

投稿者へのお礼を忘れない

アプリを利用せずにリポストする際に注意すべき2番目のマナーは、投稿者へのお礼を忘れないことです。他人の投稿写真や動画を無料で使用し、リポストしておきながら、お礼の一言もないというのは、投稿者への感謝の欠如であり、そうした無礼な利用者の態度のゆえに、投稿者は非難や抗議をするかもしれません

またそうした投稿者からの非難や抗議のメッセージを見て、それに同調する他のユーザーから非難や誹謗中傷などが殺到し「炎上」する可能性もあります

今後もInstagram(インスタグラム)のリポスト(リグラム)で投稿写真や動画をシェアしたいなら、投稿者との良好な関係を維持することは重要であり、そのために投稿者へのお礼を忘れないことは最低限度のマナーであると言えます

投稿がオリジナルではなくリポストであることを忘れない

アプリを利用せずにリポストする際に注意すべき3番目のマナーは、投稿がオリジナルではなくリポストであることを忘れないことです。投稿写真や動画をリポストするときに、リポストした写真が他人のものであることを表示しなければ、それを閲覧する人はオリジナルの写真や動画だという印象を受けます

そしてそれが投稿者に見つかってしまうと、投稿者の許可なく「無断転載」をしたために訴えられ、法的問題に発展してしまう可能性も出てきます。Instagram(インスタグラム)のリポスト(リグラム)で投稿写真や動画をシェアする際には、1つのマナーとして、ぜひこのことを念頭に置くようにしましょう

リポストした投稿写真の編集は決してしない

アプリを利用せずにリポストする際に注意すべき4番目のマナーは、リポストした投稿写真の編集は決してしないことです。これまで紹介した3つのマナーを実践し、投稿者の許可を得投稿者への感謝を述べ、シェアする写真や動画が自分のオリジナル作品ではなく、他のユーザーから拝借したものであることをしっかり明記して投稿写真や動画をシェアします。

しかしリポストする前に写真や動画に手を加え編集してしまえば、それは著作権違反になり、訴訟や損害賠償に発展します著作権には「同一性保持権」というものがあります。「同一性保持権」」とは、投稿者が著作権を保有する写真や動画などの著作物が、投稿者の意に反して第三者の手によって勝手に改変されることを禁じる法律です

リポストするとは、他の投稿者の投稿写真や動画を引用する行為であることを忘れないようにしましょう

Thumbインスタグラムのストーリーで音楽を流す機能「MUSIC」の使い方を解説!
インスタグラムのストーリー投稿で音楽を流す機能が新しく追加されました。この「MUSIC」とい...

マナーを守ってインスタのリポストを試して見よう!

インスタでリポストすれば投稿写真や動画を簡単にシェアできます。使い方も簡単でいつでもアプリを使用せずにお気に入りの投稿動画や写真をストーリーズでシェアできます。他人の投稿写真や動画を引用するので、最低限度のマナーをしっかり守る必要はありますが、マナーさえしっかり守っていれば、これまで以上にインスタグラムを楽しめます。アプリを使用せずにインスタのリポストをぜひ試して見ましょう

関連するまとめ

Original
この記事のライター
伊藤清貴
現在南米のサッカー大国アルゼンチンに、妻と愛犬のミニチュア ピンシャー「チキ」と暮らしています。これまで20年間で...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ