iCloudからサインアウトする方法!サインアウトするとどうなるかも解説!

iCloudはiPhoneやiPadから自動で写真などを同期してくれる非常に便利なサービスですが、サインアウトするとデータが消えてしまうと不安を持っている方も多いと思います。今回はiCloudをサインアウトどうなるかについて、方法とともに説明します。

iCloudからサインアウトする方法!サインアウトするとどうなるかも解説!のイメージ

目次

  1. 1iCloudからサインアウト・ログアウトするとどうなる?
  2. データは削除されない
  3. サインインすれば以前と同様にデータにアクセスできる
  4. 2iCloudからサインアウト・ログアウトする方法
  5. iPhone・iPadの場合
  6. Macの場合
  7. 3iCloudからサインアウト・ログアウトできない場合
  8. デバイスを再起動する
  9. iPhoneを探すを無効にする
  10. iMessageもしくはFacetimeにApple IDでサインインする
  11. パスワードのリセットをする
  12. 4iCloudからサインアウトしても大丈夫!

iCloudからサインアウト・ログアウトするとどうなる?

iCloudは自動的に写真やその他のデータなどを同期できて非常に便利ですが、逆にデータが消えてしまうかもしれないという不安で、ログアウトできないといった人も多いと思います。今回の記事ではiCloudからログアウトするとどうなるのか、サインアウト・ログアウトする方法について説明していきます。

データは削除されない

ログアウトするとどうなるかというと、まずiCloudからログアウトしただけではデータは削除されません。「iCloudに保存しているすべてのフォトストリームの写真とiCloud DriveがこのiPhoneから削除されます」という表示が出るかと思いますが、これはiPhone・iPadと同期が取れなくなるため一時的に表示を早めるために保存していた写真を削除するよという意味で、ログアウトしても全ての写真はiCloud上に残ります。

サインアウト中は自動保存できないので注意

データは削除されないものの、サインアウトすると写真のバックアップの自動設定を行っていても、バックアップ先であるiCloudからログアウトした状態になってしまっているので、自動保存することはできません。自動保存したい場合はiPhone・iPadから再びログインしましょう。

サインインすれば以前と同様にデータにアクセスできる

再度サインインすることで、以前と同じようにiCloud上に自動保存したデータにアクセスを行うことができます。iPhone・iPadから再び消えたように見えた写真にアクセスすることができるため、ログアウトによって困ったときは再度サインインすることで解決できる可能性は高いといえます。

iCloudからサインアウト・ログアウトする方法

このようにiCloudのログアウトで写真が消えることはないという点について説明してきましたが、ここからは、そんなiCloudからログアウトする方法について説明します。iCloudからのログアウト方法については、iPhone・iPadとMacの場合でそれぞれ異なっているため、順に説明していきます。

iPhone・iPadの場合

まずiPhoneやiPadの場合についてですが、下記のように「設定」アプリを開き、一番上のAppleIDで登録した自分のユーザー名の部分をタップします。

iPhoneでログアウトする方法

次に、一番下までスクロールして「サインアウト」を選択することで、iCloudからサインアウトすることが可能となります。

iPhoneでログアウトする方法2

Macの場合

次にMacの場合ですが、こちらはまずiCloudの公式サイトに移動してログインします。

Sign in to iCloud - Apple

ログイン後は右上に「自分のユーザー名」が表示されると思いますが、ここを下画像のようにクリックして「サインアウト」を選択することによってiCloudをサインアウトできます。

MacからのiCloudログアウト方法

iCloudからサインアウト・ログアウトできない場合

次に、この手順で正常にiCloudからサインアウトできなかった場合の対処方法について説明していきます。

デバイスを再起動する

iCloudから正常にサインアウトできなかった場合は、まずデバイスの再起動を試してみてください。再起動を行うことで情報がリセットされるため、無事にサインアウトを行える可能性があります。Macの場合はブラウザの再起動から試してみてください。

iPhoneを探すを無効にする

iPhoneには、端末をなくした時のために「iPhoneを探す」という機能が搭載されています。これを一旦オフにすることで、無事にサインアウトを行えるようになる可能性があります。

iMessageもしくはFacetimeにApple IDでサインインする

iMessageやFacetimeに一度AppleIDでサインインしてからもう一度ログアウトを試すことでうまくいく場合もあるようです。上の二つを試してもダメだった場合にこの方法を試してみてください。

パスワードのリセットをする

上記の3つの方法でもダメだった場合は、iCloudにアクセスして「AppleIDがロックされています」という表示が出るまでサインアウトのボタンをタップしてみてください。その後は「アカウントのロック解除→セキュリティ質問に答える」を押すことでパスワードのリセットが可能です。これで、iCloudのログインが可能となります。

iCloudからサインアウトしても大丈夫!

繰り返しになりますが、iCloudからログアウトしても写真が消えることはありません。必要に応じてログアウトすることもできますが、まれにログアウトできないという状況もあり、そんな人は上記のような方法を試してみることをおすすめします。iCloudは非常に便利な仕組みなので、使いこなしておしゃれなApple社製品ライフを送りましょう。

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
hibino_yuu
よろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ