Affinity Designerの機能やメリットなどをIllustratorと比較解説!

Affinity Designerの機能などを解説していきます。買い切りで使えるというAffinity Designerの特徴など、人気のIllustratorとの比較も行いますのでデザインソフト選びでお困りの方はぜひ参考にしていただけましたら幸いです。

Affinity Designerの機能やメリットなどをIllustratorと比較解説!のイメージ

目次

  1. 1Affinity Designerについて
  2. Affinity Designerとは
  3. Affinity Designerの特徴
  4. 2Affinity DesignerとIllustratorの比較
  5. 料金の比較
  6. 機能やメリットの比較
  7. 3Affinity DesignerはIllustratorの代用になるのか
  8. 日本で使うには欠点もある
  9. アマチュアなら良い代用ソフトになる
  10. 4Affinity Designerの使い方
  11. 反復複製の操作方法
  12. オブジェクトを斜め変形する方法
  13. ペンやノードツールを使う方法
  14. PDFにエクスポートする方法
  15. 5Affinity Designerなら買い切りで使える!

Affinity Designerについて

Affinity Designer

はじめに「Affinity Designer」とはどのようなものなのか、その概要から解説していきます。

Affinity Designerとは

「Affinity Designer(アフィニティデザイナー)」とは、多種多様の機能を備えたグラフィックデザインソフトのことで、プライベートで利用する人からWebデザイナーまで幅広い人から、現在徐々に人気を集めています。

Affinity Designerの特徴

数あるグラフィックデザインソフトの中から自分にあったソフトを探すためには、それぞれのソフトの特徴を知ることが大切です。ここでは、Affinity Designerの特徴、Affinity Designerでできることを解説していきます。

買い切りで使える

まず特徴となるのがAffinity Designerは買い切りで、1度ソフトを購入すれば、使えるということです。月額の維持費がかからないので気軽に使い続けることができます。

イラスト制作に使える

イラストツールの操作性が高く、色鮮やかな色彩なのでイラスト制作にも使うことができます。高品質なイラスト制作にも使用できるクオリティはこのソフトのメリットだと言えるでしょう。

立体を表現できる

Affinity Designerは、平面のイラストだけでなく立体を正確に表現することも可能です。幅広いデザインに使用可能であることもメリットとなっています。

アーティスティックテキストが使える

見出しなどに使用することが多い、装飾のついたテキストが使えるので高度なデザイン制作の際にも便利です。テキストの行間・カーニング・トラッキング等の処理によって自在にスタイルをカスタマイズしたり、通常のテキストをカーブさせたりできます。

ベクターやピクセルも切り替え可能

Affinity Designerといえば、ベクターイラスト用のツールとして良い評判を集めていますが、ピクセルへの切り替えもできるようになっているので便利です。

精度の高さ

1,000,000%を超える倍率でズームインすることができるので、細やかな調整やスムーズなパン操作が可能となります。

画面分割やアウトライン表示にも対応

画面分割やアウトライン表示にも対応しています。表示の変更操作も簡単で、レイヤ上の要素が分かりやすくなることにより、正確にオブジェクト選択ができるので作業の効率化が可能となっています。

Thumbクリスタの自動彩色機能の使い方!イラストに着色するやり方を解説!
クリスタの自動彩色機能の使い方を解説します。イラストに着色する際にクリスタの自動彩色機能を活...

Affinity DesignerとIllustratorの比較

デザインソフト「Illustrator(イラストレーター)」のことはご存知の方も多いのではないでしょうか。ここからは、プロも含めイラスト制作をする人の間では非常に有名なIllustratorとAffinity Designerを比較していきますので、ご購入を検討される方はぜひ参考にしてください。

料金の比較

Affinity DesignerとIllustratorの料金は以下の通りです。

 

ソフト名 料金 料金種別
Affinity Designer 6,100円→4,280円 買い切り
Illustrator 2,480円/月  月額料金

 

Illustratorは月額料金制のため、利用し続けるためには毎月の支払いが必要となるので注意が必要です。Affinity Designerであれば買い切りなので支払いも1度だけで使い続けることができます。

1ヶ月以内の期間中に使用を終えて、その後はもうソフトを使うことが無いというような特別なケースを除けば、料金の条件についてはAffinity Designerの方が良いと言えるでしょう。

Affinity Designerの料金

機能やメリットの比較

気になる機能やメリットについても比較していきましょう。

デフォルトの図形について

デフォルトの図形は、IllustratorよりもAffinity Designerの方が種類が多くなっています。例えば、ハートや吹き出しなどをIllustratorで使おうとすると一手間かけなければならないのですが、Affinity Designerではデフォルトの図形に含まれており、そのまま使用できるので使用者の間でも良い評価をえています。

グリッドについて

グリッドの種類

Affinity Designerでは、ソフト内の「表示」から「グリッドおよび軸マネージャー」クリックするとグリッドの詳細設定を行うことができます。「自動グリッドの使用」のチェックをはずせば「標準」以外にも「等角投影」「三角形」「2軸カスタム」などを選択可能です。

ペルソナのモードについて

Affinity Designerには「描画ペルソナ」と「ピクセルペルソナ」という2種類のペルソナモードがあり、切り替えて使用することが可能です。描画ペルソナはベクトル、ピクセルペルソナはピクセルをそれぞれ扱うようになっています。

Illustratorでパス、Photoshopでカラーといった風に2つのソフトを使い分けて作業をするのと比較すると描画ペルソナとピクセルペルソナを切り替えるだけで、簡単にイラスト制作に取り組めるのはメリットでしょう。

シンボル機能について

Affinity DesignerにもIllustratorにもシンボル機能はありますが、Affinity Designerのシンボル機能の操作性、機能性はさほどよくありません。なお、UIデザインというところで評価するならば「Sketch」が良い評価を得ていますので参考にするのも良いでしょう。

Affinity DesignerはIllustratorの代用になるのか

もっとも気になるところとして、Affinity DesignerはIllustratorの代用になるのかということが挙げられますので、これについても詳しく解説をしていきます。

日本で使うには欠点もある

Affinity Designerを日本で使う場合、特にプロのデザイナーが使うソフトとしては欠点も多いというのが実情となっています。Affinity Designerを日本で使う上での主な欠点は以下の通りです。
 

  • 縦書きに対応していない
  • 日本式トンボができない
  • 印刷会社での受付不可

 

イラストソフトの機能は十分でも印刷事情などに適応していないという問題は大きいと言えますが、WEB上を前提としたデザイン制作であれば代用としても使えるでしょう。

アマチュアなら良い代用ソフトになる

Illustratorの最大のデメリットは毎月課金し続けなければならないということです。アマチュアの場合は特にこの点でIllustratorの使用を躊躇することが多いのですが、先ほどの3点のデメリットを問題としないアマチュアであれば、買い切りで低価格のAffinity Designerが良い代用ソフトになります。

ThumbiPadでイラストや絵を描く方法!アプリやApple Pencilの使い方を解説!
iPadでイラストや絵を描くことができるのをご存知でしたか。PCでイラストや絵を描くのとは違...

Affinity Designerの使い方

最後に、Affinity Designerの使い方を解説していきます。

反復複製の操作方法

反復複製とは、オブジェクト複製の際、位置・サイズ・回転についてもリピートして複製する機能のことです。反復複製の操作には以下の3つの方法があります。
 

  • 「編集」>「複製」を選択
  • 「Alt」+ドラッグ
  • 「⌘ (command)」+「J」

オブジェクトを斜め変形する方法

続いて「シアー」や「スキュー」とも呼ばれる図形を斜め方向へ変形させる際の操作方法です。

変換パネル

変換パネルから横方向に斜め変形をしたい場合は、パネル内に数値を直接入力するか図形をハンドル操作してください。また、手元のマウス操作でもオブジェクトの斜め変形ができます。ハンドルから少し離れたところにマウスをおくとカーソルが変化しますので、その状態のままドラッグすることでオブジェクトを斜めに変形させられます。

ペンやノードツールを使う方法

基本的なペンやノードツールについても見ていきましょう。

ペンのモード

Affinity Designerペンのモード

Affinity Designerのペンのモードは4種類あり、画面上の左から「ペンモード」「スマートモード」「ポリゴンモード」「線モード」となっています。それぞれの特徴は以下の通りです。
 

モード名 特徴
ペン 線と曲線をコントロールできる
スマート 自動でスムーズな曲線を描ける・なめらか
ポリゴン 自動でシャープなカーブを描ける・角ばった印象
線だけが描ける

ノードツール

ノードツール

画面上の左から「シャープ」「スムーズ」「スマート」の3種類があります。ノードツールを有効にして操作してみましょう。特徴は以下の通りです。

ノードツール 特徴
シャープ 角がある直線的でギザギザのライン
スムーズ スムーズな流れのライン
スマート もっとも自然なカーブ

PDFにエクスポートする方法

PDFとしてエクスポートする手順はこちらです。

 

  1. A4を選択したら「アートボードを作成」にチェックを入れて新規ドキュメントを作成する
  2. アートボードを複製し、それぞれのアートボードに名称を設定する
  3. PDFとして最初のページにしたいものを1番下、最後にしたいものを1番上にして並べる
  4. 「ファイル」から「書き出し」をクリックしてエクスポートする
  5. 「PDF」を選択してエクスポートする

PDFにエクスポートする方法

Affinity Designerなら買い切りで使える!

Affinity Designerは買い切りで使えて機能も充実した非常にコスパの良いデザインソフトです。現在Affinity Designerは割引価格で購入できるので、ソフト選びで迷っていた方もぜひこの機会に購入して使ってみましょう。

ThumbiPad版のイラストレーター風のアプリ2選!iPadで使えるイラスト編集アプリを紹介!
隙間時間にちょっとした趣味で、また本格的にイラストレーターのような素敵なイラストをiPadで...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
mi-mo
ママライター。生活の中でちょっと困った時に役立つ情報をお届けしていきます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ