Safariが重い時の対処法!iPhoneとMacで読み込みが遅い時に高速化する方法!

iOSデバイス及びMacパソコンのSafariが重い・遅い場合の対処方法を紹介します。本記事で紹介するiPhone、iPad、MacパソコンのSafariが重い・遅い場合の対処方法を実行し、Safariブラウザを高速化してみてください。

Safariが重い時の対処法!iPhoneとMacで読み込みが遅い時に高速化する方法!のイメージ

目次

  1. 1Safariの読み込みが重い場合・遅い場合の原因とは?
  2. 2Safariが重い・遅い時の対処法【iPhone編】
  3. 3iPadでSafariの読み込みが重い・遅い時の対処法はiPhoneと一緒
  4. 4Safariが重い・遅い時の対処法【Mac編】
  5. 5Safariが重い・遅い場合は対処して高速化しよう

Safariの読み込みが重い場合・遅い場合の原因とは?

iPhone、Macユーザーの方でSafariブラウザの読み込みスピードが遅い、また重くて悩んでいる方はいませんか?本記事冒頭では、なぜSafariブラウザの読み込みスピードが遅くなるのか、原因をご紹介します。

Safariブラウザの読み込みが遅くなる場合、主な原因は下記の通りとなります。

閲覧履歴データが大量に保存されている Safariブラウザで大量のタブを開いている
キャッシュデータが大量に保存されている デバイスに不具合が発生している

Safariの読み込みスピードが遅くなる主な原因を理解した上で、これらの対処法をご紹介します。iPhoneとMacでは対処法が異なるので、それぞれのデバイスの対処法を次の章からご紹介していきます。対処法を実行すればSafariブラウザの高速化につながるので、ぜひ試してみて下さい。

Safariが重い・遅い時の対処法【iPhone編】

iPhone

本章ではiPhoneにインストールされているSafariアプリの読み込みが遅い場合の対処法をご紹介します。主な対処法は下記の通りです。
 

  • Safariの読み込みが遅い場合はまずデバイスとアプリの再起動
  • Safariの履歴データを削除する
  • Safariの不要なタブをクローズする
  • バックグランドで起動しているアプリをクローズする
  • 不要なアプリを削除する

上記の対処法を実行することでSafariを高速化することができます。Safariの挙動や読み込みが遅くなっている場合は、1つずつ実行してみて下さい。

Safariの読み込みが遅い場合はまずデバイスとアプリの再起動

Safariの読み込みが遅い場合は、最初にiPhoneやiPadデバイスの再起動、及びSafariアプリの再起動を実行してください。デバイスの再起動は、Safariアプリ以外の挙動がおかしい場合や、不具合が発生した場合にも有効です。

iPhoneの再起動方法

iPhoneの再起動方法

iPhone、iPadデバイスを再起動する場合は【スリープ】ボタンを長押しして、【スライドで電源オフ】部分を左から右に向けてスワイプしてください。iPhoneの電源がオフになったら、再度【スリープ】ボタンを長押ししてiPhoneデバイスの電源をオンにしてください。

Safariアプリの再起動方法

iPhone X

  • iPhone Xよりも新しい機種の場合
1.ホームボタンで画面下から上に向かってスワイプしてください。
2.バックグランドで起動中のアプリが表示されます。
3.Safariアプリを探して【】をタップしてアプリを終了させます。

  • iPhone 8よりも古い機種の場合
1.【ホームボタン】をすばやくダブルプッシュしてください。
2.バックグランドで起動中のアプリが表示されます。
3.Safariフォトを探して、画面上部向かってスワイプしアプリを終了します。

iPhoneの再起動方法、およびSafariアプリの再起動方法の手順は以上です。再起動後に再度Safariアプリを起動して、Safariの挙動をチェックしてください。iPhoneデバイスの再起動で問題が解消されない場合は、次の章に進んでください。

Safariの履歴データを削除する

Safariブラウザの履歴データが蓄積すると、Safariブラウザの読み込みスピードがおそくなることがあります。iPhoneの再起動、Safariアプリの再起動を実行しても、Safariのブラウザの読み込みが遅い場合は、Safariに保存されている履歴データを削除してください。

Safariの履歴データの削除方法1

Safariブラウザの履歴データを削除する方法は下記の手順を実行してください。

1.iPhoneからSafariアプリを起動してください。
2.Safariの画面右下に表示されている【ブックマーク】アイコンをタップします。
3.タブが表示されます。一番右に表示されている【時計】タブをタップして下さい。
4.閲覧履歴一覧が表示されます。画面右下の【消去】をタップします。

Safariの履歴データの削除方法2

【消去】をタップすると、Webサイト閲覧履歴の削除したい範囲を選択することが可能です。選択可能な削除範囲は【直近一時間】【今日】【今日と昨日】【すべて】の4通りとなります。任意の削除範囲をタップしてください。Web閲覧履歴の削除方法【の手順説明は以上となります。

Safariの不要なタブをクローズする

Safariアプリでタブを開きすぎていると、Safariアプリの読み込みが遅くなる場合があります。なタブをクローズすると、Safariアプリの読み込みスピードが高速化することがありますので、一度起動中のすべてのタブをクローズしてみてください。

Safariの不要なタブをクローズする方法1

Safariアプリの全てのタブをクローズする方法は下記の手順を実行してください。

1.Safariブラウザを起動してください。
2.画面右下の【タブ】アイコンをタップしてください。
3.画面右下の【完了】アイコンを長押しします。
4.表示されるメニューから【◯個のタブを閉じる】をタップしてください。

全てのタブをクローズする方法の手順説明は以上です。一つずつタブをクローズしたい場合は【タブ】アイコンをタップして、タブの左上にある【☓】をタップしてください。

バックグランドで起動しているアプリをクローズする

iPhone XS

バッググランドで起動しているアプリが複数ある場合は、不要なアプリをクローズしてください。バックグランドで起動しているアプリのクローズ方法は、前章【Safariアプリの再起動方法】で紹介した方法と同様です。

不要なアプリを削除する

iPhoneで不要なアプリを削除する方法

iPhoneやiPadに不要なアプリがあれば、削除してください。アプリがストレージを圧迫している場合、Safariアプリの読み込みだけでなく、iPhone自体の動作スピードが遅くなります。

iPhoneやiPadからアプリを削除する方法は、任意のアプリをタップして長押ししてください。アプリの右上に【☓】アイコンが表示されるので、不要なアプリを選択して【☓】をタップして削除します。

Safariアプリの読み込みが遅い場合の対処法は以上となります。これらの対処法を実行しても問題が解決されない場合は、iPhoneのバージョンが古いということが考えられます。残念ながらこの場合は、新しいiPhoneに移行する以外に解決方法はありません。

iPadでSafariの読み込みが重い・遅い時の対処法はiPhoneと一緒

iPad

iPadのSafariアプリの挙動が遅いなどの問題が発生した場合は、これまでに紹介してきたiPhoneの対処法を実行してください。iPhoneとiPadの対処法は同じとなります。

Safariが重い・遅い時の対処法【Mac編】

Macパソコン

本章ではMacパソコンのSafariブラウザの読み込みが遅い場合の対処法をご紹介します。MacパソコンからSafariブラウザの読み込みスピードを高速化する対処法は下記の通りです。
 

  • Safariブラウザの検索効果を無効にする
  • ブラウザのキャッシュを削除する
  • 拡張機能を無効にする

それぞれの対処法を実行することで、Safariブラウザの読み込みスピードを高速化することが可能です。それぞれの対処法を詳しく解説していきますので、実際にMacパソコンを操作しながら、対処法を読み進めてみてください。

Safariブラウザの検索効果を無効にする

Safariのスマート検索フィールド設定画面

Safariブラウザの検索効果を無効にすることで、Safariブラウザの重い動作を高速化することができます。

Safariブラウザの検索効果を無効にする方法は下記の手順を実行してください。

1.MacからSafariアプリを起動してください。
2.Safariの画面上部のメニューから【Safari】>【環境設定】をクリックします。
3. 環境設定画面から【検索】タブを選択してください。
4.【スマート検索フィールド】の項目のチェックを外してください。

ブラウザのキャッシュを削除する

Safariのキャッシュの削除方法

Safariブラウザのキャッシュを削除する方法は下記の通りです。

1.MacからSafariアプリを起動してください。
2.Safariの画面上部に表示されているメニューから【開発】アイコンをクリックします。
3.表示されるメニュー一覧から【キャッシュを空にする】をクリックしてください。

拡張機能を無効にする

Safariの拡張機能を無効にする方法

Safariブラウザに拡張機能を追加しすぎると、Safariブラウザの読み込みが重くなることがあります。一度Safariブラウザに追加されている、拡張機能を無効にしてみてください。

Safariブラウザ拡張機能を無効にする場合は、Safariブラウザの画面上部メニューから【開発】>【機能拡張を無効にする】をクリックしてください。

Safariが重い・遅い場合は対処して高速化しよう

本記事ではiPhone、iPad、MacパソコンのSafariが重い・遅い場合の対処方法をご紹介しました。Safariを仕事で利用している方は、Safariの読み込みスピードは作業効率に直結します。本記事で紹介したiPhone、iPad、MacパソコンのSafariが重い・遅い場合の対処方法を実行してSafariブラウザを高速化してみてください。

Safariの記事が気になった方にはこちらもおすすめ!

Thumb初心者のためのSafariブラウザの環境設定!iPhoneのセキュリティを高める!
本記事ではSafariのセキュリティを強化するための設定方法をご紹介します。Safariのセ...
ThumbSafariのビジターアンケートは詐欺!ユーザーにiPhoneが当たるポップアップには注意!
Safariで突然表示されるビジターアンケートはフィッシング詐欺と呼ばれる詐欺です。Safa...
ThumbSafari開発者ツールの表示方法!デベロッパーツールでの検証方法も解説!
本記事ではSafari開発者ツールの表示方法や、デベロッパーツールでの検証方法を解説します。...
ThumbSafariのアイコンが消えた?iPhone画面にSafariがない時の対処法を解説!
Safariのアイコンが消えた経験はありませんか?今回はiPhoneの画面からSafariが...
ThumbSafariのアップデート方法!Mac/iPhoneで最新版にバージョンアップ!
Safariのアップデート方法を解説します。Macの場合、iPhoneの場合、それぞれでSa...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
KFJ
Apple製品を中心に、アプリやガジェットなど、役に立つ情報を皆さんに提供していきます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ