PayPal(ペイパル)の手数料まとめ!利用するメリットや安くする方法を解説

国内・海外で使えるオンライン決済サービスのPayPalは、ECサイトへの支払いのみならず、送金や送金の受け取り、銀行口座への出金も可能です。しかもPayPalでは、個人であれば登録手数料も年会費も支払い手数料も、送金・受け取り手数料もすべて無料と安く済みます。

PayPal(ペイパル)の手数料まとめ!利用するメリットや安くする方法を解説のイメージ

目次

  1. 1PayPal(ペイパル)は手数料が安く済むオンライン決済サービス
  2. 2PayPal(ペイパル)は国内サイトの支払い手数料が無料
  3. 3PayPal(ペイパル)は海外サイトの支払いで手数料が発生
  4. 4PayPal(ペイパル)では為替手数料と出金手数料が問題
  5. 5PayPal(ペイパル)で手数料を安くお得に利用しよう

PayPal(ペイパル)は手数料が安く済むオンライン決済サービス

PayPalロゴ

アメリカ生まれのPayPal(ペイパル)は、世界中の2億5000万人以上が利用し、1800万以上のお店で使える、世界規模のオンライン決済サービスです。

PayPalでオンライン決済できるサイトは、MicrosoftやPlayStation Store、Steamやe-Bay、YouTubeといった大手のサイトからgeekbuyingといった中国通販サイト、さらにはDMMやヤマダ電機、pixivなどの国内のサイトにまで及んでいます。

PayPalはクレジットカード会社同様、サイト側が利用手数料の支払いを負担するため、通販を利用する側は手数料をほとんど気にする必要はありません。ほとんどというのは、海外通販では為替手数料が発生するため、その点に注意しなければならないためです。これについてはのちほど「PayPal(ペイパル)は海外サイトの支払いで手数料が発生」で説明します。

PayPalは支払い受け取り時に自分の情報が相手に渡らない

Paypalアプリのイメージ

出典: https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/personal/why-use-paypal

海外の通販サイトでは、ほとんどのサイトでクレジットカードが利用できます。そのためわざわざPayPal経由で支払いする理由があるのかと、不審に思うことでしょう。しかし、海外・国内にかかわらずクレジットカード情報を安易に相手に渡すと、そのカード番号が流出する可能性が高まります特に海外の異様に安く利用できるサイトは危険です。

そんなとき、オンライン決済サービスのPayPalで支払いをすれば相手のサイトにクレジットカード情報が渡る心配がありません。10個のサイトを使えば、通常なら10か所にあなたのクレジットカード情報が伝わってしまうところが、PayPalにクレジットカードを登録すれば、PayPalにしかクレジットカード情報が伝らないため、セキュリティがアップします。

PayPalは海外のECサイト利用時の支払いに便利

PayPalの海外サイト利用のイメージ

PayPalはアメリカ生まれのオンライン決済サービスですから、特に海外通販や海外への送金には非常に便利です。為替手数料を無視すれば、クレジットカードの代わりにPayPalで支払うだけで済みます。クレジットカードの番号の流出や、それに伴う不正利用のことを思えば、むしろPayPalに対応していない海外サイトは利用すべきではないくらいです。

PayPalは個人間送金・受け取りにも対応

PayPalの個人間送金のイメージ

出典: https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/personal/how-paypal-works

PayPalは通販サイトやサービス提供サイトへの支払いのみならず、家族や友人間への送金にも対応しています。当然PayPalの残高の受け取りも可能ですし、国内同士の送金・受け取りであれば手数料も不要ですし、PayPal残高でECサイトの支払いもできます。ただし、PayPal残高を銀行口座に出金しようとすると手数料が発生するので注意が必要です。

PayPalの始め方

PayPalのアカウント登録のイメージ

PayPalを利用するには、まず下のリンクからPayPalのサイトにアクセスして、画面右上にある「新規登録」を選択します。

PayPal(ペイパル) - かんたん&安全なオンライン決済サービス

つづいて「パーソナルアカウント」を選択して、住所・氏名などの個人情報、それに支払い情報としてクレジットカードかデビットカード、あるいは銀行口座を登録し、認証メールでメールアドレスを認証すればOKです。

PayPalのアカウントが登録できたら、あとはPayPalが使えるサイトで支払い手段をPayPalにすればメールアドレスとパスワードだけで支払いができるようになります。

ThumbPayPalとは?メリット/デメリットや仕組みと危険性・安全性を解説!
PayPalとは、安全に海外決済ができるオンライン決済サービスです。ここではPayPalのメ...

PayPal(ペイパル)は国内サイトの支払い手数料が無料

国内サイトで無料のイメージ

出典: https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/personal/why-use-paypal

先にも記したように、PayPal(ペイパル)は国内のアカウント同士の送金・受け取り手数料が無料です。加えてPayPalに支払う決済手数料も販売サイトが負担します。そのため国内サイトへの支払いではユーザー側に手数料が発生しません。同様に国内のアカウント同士で、友達などに円での送金・受け取りを行っても手数料は発生しません

一方、海外への送金時には490円の送金手数料と2.5〜4%の為替手数料がかかります。そのため、たとえばアメリカに留学した家族に1000ドル(約10万8000円)を送金すると、送金手数料490円と為替手数料3780円の合計4,270円と、ほぼ4%の手数料が掛かってしまいます。なお、この為替手数料は海外サイトの支払いでも発生します。

ThumbPayPalの支払いの上限額は?10万円までの利用限度額を外す方法は?
PayPalの支払い上限額は10万円っていうのは本当なのでしょうか。PayPalには支払い上...

PayPal(ペイパル)は海外サイトの支払いで手数料が発生

コインのイメージ

冒頭で述べたように、PayPal(ペイパル)は海外での採用の多いオンライン決済サービスですが、海外サイトでPayPalを利用する際には、支払い時に円からドルやユーロ、元などに両替する必要があり、その際に為替手数料が発生することに注意しなければなりません。

PayPalの海外サイトへの支払いは為替手数料が安くない

PayPalの為替手数料のイメージ

出典: https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/personal/paypal-fees

PayPalで海外通販を行うと、為替手数料として2.5〜4%の為替手数料が徴収されるのが普通です。全焼でもお伝えしたように、アメリカドルへの為替手数料は3.5%です。したがってアメリカドルでの支払い金額を当日の為替相場で円に換算して安くなっているとかんじたとしても、実際の支払い金額はそれに3.5%を加えたものとなります。

これだけでは、この為替手数料が高くつくのか安くつくのか区別がつきませんので、以下にクレジットカードと比較して為替手数料を記します。
 

  • JCB………………………1.60%
  • VISA、MasterCard……1.63%
  • AmericanExpress………2.00%
  • PayPal………………………2.5〜4%

こうして比べるとPayPalの為替手数料が飛び抜けて高いことがわかります。

クレジットカードでPayPalの為替手数料で安く済ませる

クレジットカードのイメージ

この高くつくPayPalの為替手数料ですが、実は「クレジットカード→円→PayPal→ドル→支払い」という形ではなく、「クレジットカード→ドル→PayPal→支払い」とPayPalへの支払いをドル払いにすることで、PayPalの為替手数料より安いクレジットカードの為替手数料で外貨を使うことが可能です。

この方法を使うには、まずサイトの支払い方法でPayPalを選択します。

クレジットカードの為替手数料で支払う01

つづいて支払い画面で「通貨換算オプションを表示する」を選びます

クレジットカードの為替手数料で支払う02

その上で支払い通貨に、JPY(円)ではなく、ドルやユーロの現地通貨を選択します。

クレジットカードの為替手数料で支払う03

そして「現地通貨で支払う」(下図の場合は「USDで支払う」)をクリックして、通常の購入手続きを続行します。

クレジットカードの為替手数料で支払う04

これだけで為替手数料を1〜2%安くできます

ThumbPayPalの購入・支払い方法!海外送金の決済にかかる手数料についても解説!
こちらの記事では、PayPalでショッピングをした際の支払い方法、国内だけでなく海外送金の方...

PayPal(ペイパル)では為替手数料と出金手数料が問題

しかめっ面の少年

PayPal(ペイパル)では、先にも触れたように為替手数料が高くつきます。それと同時にPayPalの手数料で問題になるのが出金手数料です。

個人向けの出金手数料と為替手数料

PayPalで通貨換算手数料が必要な場合のイメージ

出典: https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/personal/paypal-fees

PayPalでは、個人間送金の場合、
 

  • 送金手数料は無料
  • 相手と自分の口座で使用通貨が異なる場合(たとえば送金側が円で受け取り側ドル)
    • 送金側が負担(円をドルに両替して送金)するなら3.5〜4%の為替手数料
    • 受け取り側が負担(円で受け取ってドルで出金)するなら2.5%の為替手数料

が必要です。

また出金の際にも、1回に5万円以上の出金は無料ですが、1回の出金が5万円未満の場合は250円の手数料が必要です。なお個人間送金は、銀行口座からの振替でしか行えませんクレジットカードによる送金はビジネス向けと見なされ、送金ではなく支払い扱いとなり、受け取り側が決済手数料を支払う必要があります。

ビジネス向けの出金手数料と決済手数料

PayPalのビジネスアカウントのイメージ

出典: https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/merchant/paypal-seller-fees

ビジネスアカウントであっても、1回に5万円以上の出金は無料で、1回の出金が5万円未満の場合は250円の手数料が必要なのは同じです。ただし、ビジネスアカウントの場合は、受け取り側がPayPalに決済手数料を支払わなければなりません。これは国内と海外でレートが異なります。

 

PayPalの月間売り上げ 国内向け決済手数料 海外向け決済手数料
30万円以下 3.6%+40円/件 4.1%+40円/件
30万超100万円以下 3.4%+40円/件 3.9%+40円/件
100万円超1000万円以下 3.2%+40円/件 3.7%+40円/件
1000万円超 2.9%+40円/件 3.4%+40円/件

ThumbPayPalが不正利用される原因と対処法!サポートに連絡するとどうなる?
PayPalはオンラインで簡単に決済できるサービスで、世界中で多くの人が利用していますが、メ...

PayPal(ペイパル)で手数料を安くお得に利用しよう

買い物する女性

PayPal(ペイパル)は、アカウント作成も利用料も国内での送金・受け取り手数料も無料と非常にお得なオンライン決済サービスです。ただし、為替手数料が高めなので、海外通販を利用する際にはクレジットカードで両替して為替手数料を安く済ませるのが、PayPalをお得に使う方法です。本記事を参考に、海外通販を安く安全に利用してください。

ThumbPayPalの評判は?ペイパルの危険性や注意点とデメリットについて解説!
今流行りの電子決済サービスの先駆者PayPal(ペイパル)ですが、その評判は一体どのようなも...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
julyten
junteraです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ