CSVファイルとは?Excelファイルとの違いやExcelでの開き方を解説!

Excelなどの表計算ソフトで一覧表を開くときに、ファイル形式がCSVとなっているファイルがあります。CSVとはいったいどのようなもので、Excelファイルとはどのような違いがあるのか、Excelで開くときの出力方法についてこの記事では詳しく解説します。

CSVファイルとは?Excelファイルとの違いやExcelでの開き方を解説!のイメージ

目次

  1. 1CSVファイルとはどういった種類のファイルなのか?
  2. 拡張子が「.csv」の表形式のファイル
  3. Excelとの違いとは?
  4. 2ExcelではなくCSVファイルを使うべき場面とは?
  5. 違う種類のソフト間で同じデータを共有する場合
  6. 相手がExcelを持っているか不明の場合
  7. 送信するファイルの容量を軽くしたいとき
  8. 表計算のデータを公開する時
  9. GoogleアナリティクスなどのCSV形式のデータを出力する時
  10. 3ExcelでのCSVファイルの開き方
  11. 【要注意!】ダブルクリックで直接開かない
  12. 安全にCSVファイルを開く方法
  13. 4CSVファイルも作成してみよう!

CSVファイルとはどういった種類のファイルなのか?

ExcelやGoogleスプレッドシートなどの表計算ソフトでデータを扱っていると、拡張子がCSVになっている、CSVファイルが送られてくることがあります。

CSVファイルは表計算のデータの種類のはずなのに、CSVファイルを普通のやり方で開こうと思うと、うまく開けずに困ってしまうという方が少なくありません。

この記事では、CSVファイルとはどのような種類のファイルで、どうすれば安全にCSVファイルをExcelなどの表計算ソフトで開けるのか、詳しく解説します。

拡張子が「.csv」の表形式のファイル

CSVファイルとは、拡張子が「.csv」となっているファイルです。拡張子はファイルの種類を表すために付けられるものです。拡張子が「.csv」となっているCSVファイルも、Excelなどのファイルと同じ表形式のファイル形式の1種類です。

ただし、Excelとは違い、テキスト形式で表示されているために、通常の開き方で開くと、Excelではうまく開けないので注意が必要です。

Comma Separated Valueの略でカンマで区切った値の意味

Excelとは拡張子も違うCSVファイルですが、「CSV」の意味は「Comma Separated Value」の略です。日本語に訳すと「カンマで区切った値」という意味です。

ExcelやGoogleスプレッドシートは、表がセルで区切られています。しかし、CSVファイルの場合には、セルの代わりにカンマでデータの区切りを表して、テキストとして保存されています。

そのために、表計算のデータをテキストファイルとして保存でき、メモ帳などのテキストエディタでも開ける点が大きな特徴です。

Excelとの違いとは?

拡張子が「.csv」のCSVファイルのExcelとの違いはどのような点にあるのか、もっと詳しく解説します。

CSVファイルの方が互換性が高くメモ帳などでも開ける

Excelファイルの拡張子は「.xlsx」ですが、拡張子が「.xlsx」のファイルは、ExcelもしくはExcelと互換性のあるソフトでしか正しく開くことはできません。無理やりメモ帳などで開くと、解読不明のわけのわからない文字列が並んでしまいます。

しかし、CSVファイルは、データそのものはテキストなので、ソフトの互換性がとても高い点が特徴です。表計算ソフトを持っていなくても、メモ帳などのテキストエディタでも開いて、データの内容の確認ができます。

相手が使っているソフトがわからない場合に便利

違う会社や、クラウドワーカーなど、データのやり取りをしなければならない相手が、どのようなソフトを使っているのかわからないこともあります。相手がExcelを使っているかわからない場合に、互換性の高いCSVファイルでやり取りをするととても便利です。

Excelと比べると装飾やグラフの作成などの機能性は低い

ただし、CSVファイルはテキストデータしか保存できません。Excelでは表の装飾やグラフの作成ができます。しかし、CSVファイルで保存した場合には、装飾やグラフが保存できないので注意しましょう。

ThumbWindows10でExcelファイルが開かない場合の9つの対処法と操作手順を解説!
Windows10でExcelファイルが開かない場合の9つの対処法と操作手順を解説します。W...

ExcelではなくCSVファイルを使うべき場面とは?

ファイルを出力する場合に、Excel形式ではなくCSVファイルで出力するべき場合とは、どのような場合があるのか解説します。

違う種類のソフト間で同じデータを共有する場合

CSVファイルで出力するべき場合とは、違う種類のソフト間で同じデータをやり取りする場合です。特に、Excelとの互換性があるかわからないソフトと、同じデータを共有しなければならない時には、CSVファイルで保存したほうが安心です。

相手がExcelを持っているか不明の場合

CSVファイルを利用すべき場合とは、相手がExcelやExcelと互換性のあるソフトを使っているかどうかわからない場合です。最近は、ネット上のやり取りだけで重要なデータをやり取りする場合も増えてきました。

Excelファイルで送っても、相手がデータを開けなければ意味がありません。CSVファイルで送れば、CSVならどのような環境でも開けるので安心です。

送信するファイルの容量を軽くしたいとき

相手がExcelを開けるファイルを持っていたとしても、CSVファイルで出力したほうがいい場合もあります。それは、ファイル容量を軽くしたい場合です。CSVファイルはテキストファイルです。グラフや背景の装飾も保存できるExcelよりもCSVファイルの方が、ファイル容量が軽くなります。

表計算のデータを公開する時

CSVファイルで出力したほうがいい場合とは、データを公開する時です。表計算のデータをWebサイトなどで公開する場合には、閲覧する相手がどのような環境でファイルを開くのかわかりません。そのようなときには、多くのソフトで開けるCSVファイルで公開するのが鉄則です。

GoogleアナリティクスなどのCSV形式のデータを出力する時

サイトやショップを運営している場合には、出力方法がCSVファイルに限定されていることがあります。

Googleアナリティクスを利用していたり、ECサイトでショップを開いている場合には、自分のWebサイトやショップのデータを定期的に出力する必要があります。

通常は、ダウンロードできるデータはCSVファイルで用意されています。自分でWebサイトやネットショップを運営している場合には、CSVファイルを扱えるようにしておいた方がいいでしょう。

ThumbGoogleスプレッドシートとExcelを相互に変換する方法!注意点や特徴を解説!
GoogleスプレッドシートとExcelは同じような機能を持ち合わせていますが、いざ自分が使...

ExcelでのCSVファイルの開き方

ExcelでCSVを開く方法を解説します。CSVファイルは表計算用のデータとして作られているはずなのに、普通のファイルの開き方でExcelで開こうと思うと、ファイル形式が崩れてしまうことがよくあります。

こちらでは、データの形式を壊すことなく、安全にCSVのデータをExcelで開く方法を解説します。

【要注意!】ダブルクリックで直接開かない

ExcelでCSVファイルを出力するときに、絶対にやってはいけないことがあります。それは他の種類のファイルを開くのと同じように、ダブルクリックでファイルを開くことです。CSVファイルは絶対にダブルクリックで開いてはいけません。CSVファイルをダブルクリックすると、ExcelもしくはExcelと互換性のある表計算ソフトで開きます。

CSVファイルとは?

しかし、CSVファイルをダブルクリックで開いてしまうと、上記の画像のように全てのデータが一つのセルの中に表示されてしまい、CSVファイルのデータがExcelのセルごとに分散されて評されません。

通常はうまく開けないという方の多くがCSVファイルをダブルクリックして開いてしまっています。CSVファイルのデータをExcelのセルごとに分散して表示させるためには、正しい手順があります。その手順を一つずつ解説します。

安全にCSVファイルを開く方法

それではExcelでCSVファイルを安全に開く方法を解説します。筆者はExcelではなく、Excelと互換性のあるKingsoft OfficeのWPSスプレッドシートを使っているので、WPSスプレッドシートで解説します。

Excelとは若干ボタンの位置や手順が違う点があるかもしれませんが、やるべきことはほぼ同じなので、ぜひ参考にしてみてください。

CSVファイルとは?

まずはExcelでCSV開くためのシートを作成し、CSVファイルのデータを開く先頭のセルにカーソルを合わせます。データを開く先頭を決めたら、上のメニューバーから「データ」をクリックします。Excelではその後「テキストファイル」を選択します。

するとフォルダからファイルを選択できる画面が開くので、出力するファイルを選択して「インポート」をクリックします。

CSVファイルとは?

CSVファイルをどのような形式で開くのか選択する画面が開きます。Excelで通常通り表示したい場合には、「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」を選択して「次へ」へ進みます。

CSVファイルとは?

区切り文字」の選択で「カンマ」をクリックします。

CSVファイルとは?

取り込むデータの形式を選択します。列ごとに形式を選べますが、基本的にすべてのデータを「文字列」「テキスト」で取り込んでおくと安心です。「データのプレビュー」で先頭の列を指定したら、shiftキーを押しながら最後の列まで指定します。

CSVファイルとは?

最後の列まで指定できたら、「列のデータ形式」で「文字列」もしくは「テキスト」にチェックを入れて「完了」をクリックします。

CSVファイルとは?

すると、CSVファイルのデータをこのように開けました。

ThumbNumbersで作成した書類をExcelやPDFに変換して開く方法を解説!
Macに標準搭載されている「Numbers」ですが、作成した書類やデータをExcelやPDF...

CSVファイルも作成してみよう!

この記事ではCSVファイルとはどのようなファイルで、ExcelとCSVファイルはどのように違うのか解説してきました。CSVファイルのExcelとの違いが判らなかったという方も、理解していただけたことでしょう。ExcelなどでCSVファイルを開くときには注意が必要です。CSVファイルを開く手順をもう一度確認して、安全に開けるようにしましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
K.C
皆様のお役に立てる情報をお届けするために日々精進していきます。どうぞよろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ