CloudReadyをWindowsPCにインストールして再利用する方法を紹介

古くなったWindows PCの再利用方法として、CloudReadyが注目されています。CloudReadyは、低スペックPCでも使いやすいChromebookにできると話題です。この記事では、CloudReadyのインストール方法を詳しく解説します。

CloudReadyをWindowsPCにインストールして再利用する方法を紹介のイメージ

目次

  1. 1CloudReadyとは?
  2. ChromebookのOSの1種類
  3. 古くなったWindows PCの再利用におすすめ
  4. 2CloudReadyのインストール方法
  5. CloudReady USB Makerのダウンロード
  6. インストール用USBメモリの作成
  7. CloudReadyをインストールするPCで起動してインストール
  8. 3CloudReadyの初期設定方法
  9. 言語やネットワーク設定などを行う
  10. Googleアカウントでログインする
  11. 4CloudReadyで古いPCを再生しよう!

CloudReadyとは?

Windows PCはOSのバージョンによって、サポート期間が決まっています。一定期間は無料でOSのバージョンアップが可能です。しかし、その間にバージョンアップするのを忘れてしまった場合は、セキュリティの面から古いPCは利用できなくなります。

そんなOSが古くて利用できなくなったPCの再利用方法として、CloudReadyが注目されています。この記事では、CloudReadyとはどのようなもので、CloudReadyを使ってどのように古いPCを再利用するのか、解説します。

ChromebookのOSの1種類

CloudReadyとは、PCをChromebookとして利用するための、OSの1種類です。

Chromium OSよりも入手しやすい

Chromebook用のOSといえば、Chromium OSです。CloudReadyは、Chromiumをベースにして開発されたOSです。しかし、Chromiumよりも入手しやすいメリットがあります。特に、PCにOSをインストールして再利用することが初めての方にとって、ChromiumよりもCloudReadyの方が扱いやすいため、おおすめです。

企業向けライセンスで大規模導入しやすい

また、企業などでWindows7を全てChromebookにしたい場合も、あるでしょう。そのような場合は、CloudReadyは企業受けライセンスも配布されています。Chromiumとは違い、CloudReadyなら大規模での導入もしやすい点も、メリットとして考えられています。

古くなったWindows PCの再利用におすすめ

CloudReadyが注目されているのは、古くなったWindows PCの再利用にも向いているため、という理由もあります。

サポートが終了したWindowsのOSの再利用に

史上最強のOSとも謳われたWindows7のサポートが、2020年1月に終了しました。Windows10へ無料でアップグレードするチャンスはありました。しかし、アップグレードする機会を失ってしまい、現在使えなくなってしまったWindows7が、世間には山ほどあります。

高額な料金を支払って、Windows10のライセンスを購入しようか迷っている方も少なくありません。そんな方にとって、古いPCをChromiumやCloudReadyをインストールし、Chromebookとして利用できる、という選択肢があります。

そして、CloudReadyの方がChromiumよりも扱いやすいため、おすすめなのです。

低スペックでも快適に動作するのがメリット

CloudReadyは、低スペックPCでも動かせるメリットがあります。WindowsのOSは、バージョンアップするにつれて、メモリもCPUもそれなりのスペックでなければ快適に動作できなくなります。メモリは最低でも、4GB以上が推奨されています。

しかしChromebookは、512MBのメモリでも快適に動作します。Windows7どころか、Windows XPのスペックでも、最新版のChromebookとして快適に再利用できます。Windows PCとしては利用できなくなった、古くて低スペックなPCの再利用方法として、CloudReadyは注目されています。

ThumbASUSのChromebook Flip C101PA 購入レビュー!スペック・外観やメリットを紹介
Chromebookは、数多くの機種が発売されています。その中でも、ASUSのFlip C1...

CloudReadyのインストール方法

CloudReadyをWindows PCにインストールして、Windowsとして使っていたPCをChromebookとして利用できるように設定する方法を、解説します。

CloudReady USB Makerのダウンロード

CloudReadyをWindows PCにインストールするためには、インストール用USBメモリを作成する必要があります。Windows7以降のPCを再利用する場合は、「CloudReady USB Maker」というツールが配布されているため、こちらをダウンロードし、インストール用USBメモリを作成しましょう。

CloudReady USB Makerは、以下のサイトからダウンロードできます。

CloudReady: Home Edition Download — Neverware
CloudReadyについて

DOWNLOAD USB MAKER」をクリックして、インストール用ツールをPCにダウンロードしてください。USB MAKERのダウンロードとインストール用USBの作成は、CloudReadyをインストールするPCではない、他のPCで行っても構いません。

インストール用USBメモリの作成

DOWNLOAD USB MAKER」がダウンロード出来たら、インストール用USBメモリを作成していきます。

CloudReadyについて

ダウンロードした「DOWNLOAD USB MAKER」をクリックします。上記の画面が開きます。こちらには必要なものが、次のように記載されています。

  • 8GBもしくは16GBのUSBメモリ
  • USBメモリを作成するために20分間必要

以上の準備ができたら、「Next」をクリックして次の画面へ進みます。

CloudReadyについて

CloudReadyをインストールする先のPCの、ビット数を選びます。こちらで間違えると、CloudReadyのインストールが上手くいかないため、あらかじめ確認しておきましょう。

CloudReadyについて

DOWNLOAD USB MAKER」をインストールする先の、USBメモリを選びます。複数ある場合は、利用するものを選んでチェックを入れ、「Next」をクリックします。USBメモリの中身は全て消えるため、必要があればバックアップを取っておきましょう。

CloudReadyについて

次の画面で、インストール用USBメモリの作成が始まります。終了するまで20分ほどかかるので、しばらく待ちましょう。

CloudReadyをインストールするPCで起動してインストール

CloudReadyのインストール用USBメモリが作成出来たら、CloudReadyをインストールし、Chromebookに再利用するWindows PCを起動しましょう。再利用するWindows PCに、CloudReadyをインストールする手順は次の通りです。

PCの中は全部消えるため、必要なファイルはバックアップしておく

Windows PCにCloudReadyをインストールすると、PCの中身は全て消えてしまいます。他のWindows PCでも使えるファイルもあるでしょう。Microsoft Officeで作成したファイルは、CloudReadyでChromebookになっても、Android用のWordやExcelで開けます。

CloudReadyをインストールしてしまった後では、復元できません。必要なファイルは、あらかじめクラウドサービスや外付けHDDなどにバックアップしておきましょう。

PCをUSBで起動するようにあらかじめ設定しておく

PCにCloudReadyをインストールするために、PCをUSBメモリから起動できるよう、あらかじめ設定しておきましょう。BIOS設定等で設定を行いますが、PCのメーカーや機種によって設定方法が異なります。CloudReadyをインストールして再利用する予定の、PCのUSBメモリからの起動方法を確認して、あらかじめ設定しておきましょう。

USBからブートさせるとCloudReadyのインストールができる

必要なファイルのバックアップが終わり、USBメモリからPCが起動するように設定したら、いったんPCの電源を落とします。CloudReadyのインストール用USBメモリをPCに挿して、PCの電源を入れます。その後、USBメモリの中のインストール用ファイルが起動して、自動的にCloudReadyが古いWindows PCにインストールされます。

Thumb【2020年】Chromebookのおすすめ9選!軽量で低価格の最新モデルを紹介!
価格が安く動作も重量も軽いパソコンとしておすすめされているのが、Chromebookです。こ...

CloudReadyの初期設定方法

CloudReadyがインストールできたら、初期設定が必要です。CloudReadyの初期設定方法を解説します。

言語やネットワーク設定などを行う

CloudReadyのインストールが終わると、設定画面が開きます。CloudReadyは最初は英語で表示されているため、言語設定を行いましょう。「Language」から日本語を選択すると、日本語表示されます。

言語設定ができたら、ネットワーク設定を行いましょう。お使いのWi-Fiのパスワードを入力して、インターネットに接続できるようします。

Googleアカウントでログインする

言語設定とネットワーク設定ができたら、最後にお使いのGoogleアカウントでログインします。Googleアカウントでログインすると、AndroidやGoogle Chrome、Gmailなどの設定や中身が自動的に同期されて、CloudReadyをインストールしたPCでも利用可能になります。

ThumbChrome OS(Chromium OS)のPCへのインストール・ダウンロード方法を解説!
廃盤寸前のPCを使ってChrome OSインストール・ダウンロード方法を解説。低スペックのP...

CloudReadyで古いPCを再生しよう!

この記事では、CloudReadyとはどのようなもので、どのようにPCにインストールするのか解説しました。Windows7のアップグレードができずに、古いPCをどうしたらいいのか迷っている方も多いことでしょう。

CloudReadyなら、どんなPCでも簡単に、Chromebookにできます。個人利用なら無料でインストールできるため、ぜひ古いPCの再利用方法にCloudReadyを検討してみましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
K.C
皆様のお役に立てる情報をお届けするために日々精進していきます。どうぞよろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ