海外通販Banggood(バングット)の買い方やクーポンの使い方を紹介!【2020年】

海外の通販サイトのBanggood(バングット)では、スマホやPCの周辺機器などがお得に買えると話題になっています。この記事ではBanggoodとはどのようなサイトで、どのような使い方をすればいいのか、詳しく解説します。

海外通販Banggood(バングット)の買い方やクーポンの使い方を紹介!【2020年】のイメージ

目次

  1. 1Banggoodとはどのようなサイト?
  2. 中国発の通販サイト
  3. 価格が安い!
  4. 直接購入で格安で買える!
  5. スマホなどの電子関連機器に特に強い!
  6. アリババと違いバングッドが仕入れているので安心
  7. 世界200か国・地域への販売実績
  8. 2Banggoodは安心?その評判とメリットは?
  9. 届くのが遅すぎる?
  10. サイトは日本語化されていて安心
  11. 送料無料
  12. 購入補償が使えるPayPalを使えるので安心
  13. 3Banggoodで買い物をしてみよう!サイトの使い方について
  14. サイトに登録
  15. 住所登録は英語なので要注意!
  16. バングッドでの買い方について
  17. 4Banggoodのクーポンを使ってお得に買い物をしよう!
  18. クーポンの入手方法
  19. クーポンの使い方
  20. 5Banggoodを利用する上で気になることについて
  21. 注文してから届くまでの日数はどのくらいかかるのか
  22. 関税や消費税はどうなるのか
  23. 6Banggoodはお得に買える!ぜひ利用しよう!

Banggoodとはどのようなサイト?

Banggoodについて

日本で通販サイトは、楽天やAmazonなどが主なサイトです。しかし、最近では、海外サイトに興味を持つ方が増えています。海外のサイトといえば、アメリカならeBay、中国ならアリババ・アリエクスプレスが有名ですが、Banggoodに注目する方も増えています。

この記事では、Banggoodはどのようなサイトで、どのようなメリットがあるのか、どのように使うのか、について詳しくご紹介します。

中国発の通販サイト

Banggoodは、中国発の通販サイトです。中国の通販サイトといえば、アリババが一般消費者向けに運営しているアリエクスプレスが有名です。しかし、中国の通販サイトとして、アリエクスプレスよりもBanggoodの方が歴史が長いのです。

アリエクスプレスが開設されたのは2010年でしたが、Banggoodは2006年開設です。はじめは中国国内向けのサイトでしたが、現在は欧米にも出荷倉庫を持っており、とてもワールドワイドに展開している通販サイトです。

価格が安い!

Banggoodのユーザーは世界中に広がっていますが、その理由は、とにかくいいものが安く手に入るためです。世界の工場といわれている中国では、世界中に輸出されるさまざまな商品が販売されており、世界中から商品を仕入れにバイヤーが集まります。

世界中の商品の取引が盛んな中国市場で、Banggoodは直接仕入れています。通常は仲卸業者が間に入るため、中間マージン分だけ価格に上乗せされます。

Banggoodは、直接市場から仕入れたものを販売しているため、中間業者のマージンが必要なく、卸売価格で販売できます。その分安く販売し、世界中のユーザーから人気が急上昇中です。

100均の仕入れでも使われている卸売市場が近くにある

Banggoodの拠点は、中国のあちらこちらにあります。深圳市の義烏(イーウー)にもあります。この義烏には、世界最大規模の卸売市場があります。この卸売市場は、日本のダイソーや、キャン★ドゥなどの100円ショップが仕入れに利用しています。

最近の100均ショップには、本当に100円なのかと驚くような高品質な商品が売られています。Banggoodは、日本で100円で売っても利益が出るような価格で販売している市場から、簡単に仕入れて販売しています。そのため、日本国内で購入するときには考えられないような格安の価格で、良いものを購入できます。

直接購入で格安で買える!

Banggoodが人気の理由は、直接取引で格安の商品を購入できる点にあります。中国輸入での通販を、アリババから仕入れる方もいます。アリババの商品を、直接購入できるのがアリエクスプレスですが、アリババの方が安い商品がたくさんあります。

しかし、アリエクスプレスでは仕入れられない格安商品を、アリババから仕入れたいと思っても、日本からアリババと直接取引できません。代行業者を挟む必要があります。しかし、Banggoodなら代行業者を挟まず、直接取引ができます。

代行業者の中間マージンが必要ない点も、Banggoodが人気の理由です。

スマホなどの電子関連機器に特に強い!

Banggoodでは、幅広い商品を販売していますが、特にスマホやPC関連商品などの電子機器に強いのが特徴です。100均の仕入れにも使われている、義烏のある深セン市は、アジアのシリコンバレーと呼ばれることもあり、IT関連や電子機器関連の企業が数多くあります。

電子機器を扱うお店も、秋葉原の30倍もの数の店舗が立ち並んでおり、安くていいものを仕入れられます。深センの電気街で安く仕入れた商品を販売できるため、特に電子機器関連が充実していると人気です。

アリババと違いバングッドが仕入れているので安心

Banggoodについて

中国から仕入れをしている方の中には、アリババで大量に仕入れた商品が粗悪品だった、という経験をしたこともあるでしょう。アリババはモール型の仕入れサイトで、悪質な出店者も完全に排除できていないのが現実です。

Banggoodでも、買ったものが粗悪品で失敗することはあります。しかし、アリババとは違い、Banggoodでは自らが仕入れたものしか販売していません。モール型のショッピングサイトの場合、万が一商品が粗悪品だったり、壊れた商品だったりした場合の責任の所在が、あいまいになりがちです。

出店者と連絡が取れなくなってしまったら、泣き寝入りせざるを得なくなることがあります。その点、Banggoodは、Banggood自身が仕入れた商品を販売しているため、万が一の場合の対処もBanggoodが責任をもって行ってくれます。その点、アリババよりも安心できます。

世界200か国・地域への販売実績

Banggoodが信頼できるサイトだという証拠は、世界200か国・地域への販売実績がある点からもわかります。まさに、世界中からユーザーが集まる通販サイトです。安くていいものが手に入るサイトだからこそ、世界中の人たちからの信頼を勝ち取っています。

質の悪いものばかり売っているのであれば、これほどのユーザーが集まるわけがありません。世界中から信頼されているサイトだからこそ、利用してみる価値があります。

ThumbAliExpress(アリエクスプレス)のクーポンの使い方!種類やお得な購入方法・注意点を解説!
AliExpress(アリエクスプレス)で、クーポンを使ってお得に買物しましょう。AliEx...

Banggoodは安心?その評判とメリットは?

届くのが遅すぎる?

Banggoodのユーザーの中には、注文してから届くのが遅すぎるという声があります。日本のAmazonに注文すれば、プライム会員なら翌日には届きます。しかし、Banggoodが届くのが遅いとは本当なのか、ご紹介します。

海外からの発送なので仕方がない

まず忘れてはいけないのは、Banggoodは海外の通販サイトだということです。Banggoodは欧米には発送用の倉庫を構えていますが、日本にはありません。Banggoodで注文すると、中国の倉庫からの発送されます。国内からの発送よりも、配送に時間がかかります。

発送しても、スムーズに船や飛行機に載せられるわけではありません。税関を通る際に、関税の有無にかかわらず、個人購入においても、中国から輸出手続きと日本へ輸入手続きが必要です。

日本のAmazonで購入するときの様に、即日発送で翌日到着というわけにはいきません。海外発送のサイトから購入することを忘れず、発送されてからある程度の日数は必要になると、理解した上で購入しましょう。

また、商品によって、発送まで3週間ほど必要な商品があります。商品ページに「処理時間」として、発送されるまでの時間が書かれています。中国では春節の時期に長期休業を取るため、配送に時間がかかることがあります。

サイトは日本語化されていて安心

Banggoodについて

Banggoodは海外のサイトであるため、英語や中国語が使えないと利用できないのではと躊躇する方もいるようです。Banggoodの日本版サイトであれば、日本語化されているため、英語や中国語ができなくても安心です。

Banggoodの使い方でご紹介しますが、住所の入力だけは英語が必要です。しかし、英語を使うのは住所の入力だけですので、安心してください。

送料無料

Banggoodは海外からの発送のため、配送料が気になる方もいらっしゃるでしょう。日本から深センのある広東省宛に、小包を発送した場合は、2,000円ほど送料がかかります。通販を利用する際は、配送に関わる送料をできるだけ安く抑えたいところです。

Banggoodでは、基本送料無料の商品が多くあります。その場合には、Banggoodで配送方法をいくつか選択できるため、配送にかかる時間が短いものは送料発生します。しかし、配送に時間がかかっても構わない場合は、送料無料の配送方法を選べます。送料無料も選べる点は、大きなメリットといえるでしょう。

購入補償が使えるPayPalを使えるので安心

Banggoodでは、決済方法としてPayPalが選べます。PayPalとは、国際的電子決済サービスです。PayPalを利用すると、直接クレジットカード決済を利用するときには必要ない、PayPalの通貨換算手数料が必要です。

しかし、手数料を支払っても、PayPalがおすすめである理由があります。それは、購入補償が利用できるためです。万が一購入した商品が届かなかったり、配送途中で事故などで紛失や破損してしまったりした場合に、PayPalが商品代金を補償してくれます。

万が一Banggoodが返金に応じてくれなくても、PayPalが対応してくれるので安心です。

ThumbPayPalの使い方!アカウント登録支払い方法と特徴/安全性を解説!
海外サイトでの買い物時の支払いに便利なオンライン決済サービスPayPalの使い方について特集...

Banggoodで買い物をしてみよう!サイトの使い方について

サイトに登録

Banggoodについて
バングッドジャパン:RCカー、3Dプリンター、アパレル、ホームデコレーションのオンラインショッピング

まずはBanggoodのサイトに登録しましょう。

  • 右上の「サインイン」をクリック

Banggoodについて

  • あなたのアカウントを作成」をクリック

Banggoodについて

最初の登録に必要な情報は、メールアドレスとパスワードだけです。住所や名前は、あとで登録できます。

  • メールアドレスとパスワードを設定し、画像で表示されている検証コード入力
  • あなたのアカウントを作成」をクリック

Banggoodについて

  • 登録したメールアドレスに、認証用のメールが届く
  • メールを確認し、「Verify Your EmailAddres(メールアドレスを確認する)」をクリック

Banggoodについて

  • メールから認証用ページを開き、アカウントが認証されたことが確認できる

住所登録は英語なので要注意!

Banggoodについて

アカウントが作成できたら、購入した時にスムーズに配送先の住所を選択できるように、住所登録をしておきましょう。住所登録の方法を解説します。

  • BanggoodのWebサイトにログインし、ページの右上にあるアカウントのアイコンをクリックして「アカウント」を開く

Banggoodについて

  • 左サイドバーから「アドレス帳」を選択し、「新しい配送アドレスを加えます」をクリックし

Banggoodについて

  • 住所を入力できる画面が開かれる
日本語サイトから開けば、日本語で書いてあるので入力する項目は迷いません。しかし、海外サイトであるため、住所の入力は英語で行いましょう。日本語で入力すると、エラーになる可能性があります。必ず住所と名前は英語で入力しましょう。

Banggoodについて

住所を英語に変換する方法がわからない場合は、こちらの住所変換サイトがおすすめです。

JuDress | 住所→Address変換

バングッドでの買い方について

配送先と通貨を設定する

Banggoodについて

配送先と決済に利用する通貨を、設定しておきましょう。Banggoodのサイト、右上のアカウント名の上に「配送先 日の丸/JPY」と書いてあれば、配送先は日本、日本円で決済すると設定されています。他の国や通貨名が書いてあるようなら、こちらをクリックします。

Banggoodについて

配送先と通貨を選択できます。こちらからあなたの住所がある配送先の国と、通貨を選択しましょう。

商品をカートに入れる

Banggoodについて

サイトの上に検索窓があります。また、カテゴリーもトップページに表示されています。検索やカテゴリーから購入したい商品を探して見つけましょう。ほとんどの商品が日本語で検索できますが、日本語でうまくヒットしない場合は、英語で検索してみると良いでしょう。

  • 購入したい商品を見つけたら、「カートに追加します」をクリックし、カートに追加する

Banggoodについて

  • 画面上部に表示されているカートマークに、商品の数が数字で表示される
  • 購入手続きをすすめる際には、カートに入って手続きを行う

Banggoodについて

  • チェックアウトに進む」をクリックすると、支払い手続きに進む
「チェックアウト」とは、日本ではホテルや旅館を出ることを指しますが、この場合は「勘定・精算」といった意味で使われています。PayPalで支払いをするときは、「PayPal Check Out」に進むこともできますが、「チェックアウトに進む」でもPayPalを選択できます。

配送方法の選択は日本ダイレクトメールが早くておすすめ

Banggoodについて

チェックアウトに入ったら、配送先の住所の確認やクーポンの利用、支払い方法を設定します。「出荷情報」が、配送方法の選択箇所です。配送にかかる日数や送料がそれぞれ違います。送料無料にしたい場合は、通常配送を選ぶことをおすすめします。

では、送料をかけても早く欲しい場合は、「日本ダイレクトメール」と「EMS配送」のどちらがいいのでしょうか。

日本ダイレクトメールとは、民間の配送会社を利用する配送方法で、中国の配送業者から日本の配送業者へと引き渡されます。そして、EMSとは国際郵便のことです。何事もなければ日本ダイレクトメールの方が早く届くのでおすすめです。

ただし、日本ダイレクトメールとEMSでは、通関方法が異なります。関税がかかる商品を購入する場合は、日本ダイレクトメールよりも送料は高くかかりますが、EMSを選択しておく方が無難でしょう。

支払い方法の選択をPayPalにして購入決定

Banggoodについて

  • 支払い方法を最後に選択して「注文します」をクリックすると注文が決定
支払い方法はPayPalを選択することをおすすめします。

ThumbAliExpress(アリエクスプレス)の日本語サイトを見るには?設定方法や注意点を紹介!
物販をしている人や、より安く買えるサイトを探してる人に人気が高い通販サイトがAliExpre...

Banggoodのクーポンを使ってお得に買い物をしよう!

多くの通販サイトではクーポンを発行しており、お得に買い物ができるように工夫しています。Banggoodでも、クーポンを発行することがあります。こちらではBanggoodのクーポンについて、ご紹介します。

クーポンの入手方法

Banggoodについて

Banggoodのクーポンは、サイトの中のクーポン特集ページから入手できます。クーポン特集ページは、その時々でバナーの場所が異なるため、サイトのトップページをよく探しましょう。このページ内では「Coupon Deals」をクリックすると、クーポンの入手ページを開きます。

Banggoodについて

クーポンの入手ページを開いたら、入手できるクーポンが書かれています。その中で入手したいクーポンを選んで「Grab Now(今すぐ入手)」をクリックします。

クーポンの使い方

Banggoodについて

入手したクーポンを使いたい場合は、アカウントアイコンにマウスカーソルを合わせ、「クーポン」を開きます。

Banggoodについて

使えるクーポンを選べます。使いたいクーポンの「コピー」をクリックすると、コードがコピーされます。支払い手続きの時に、クーポンコードの貼り付け場所に、クーポンコードを貼り付けると、お買い物に適用できます。

ThumbeBayの購入方法!日本での買い方や流れ・注意点を初心者にもわかりやすく解説!
eBayは、アメリカのオークションサイトです。Amazonでは見つからないような商品が、お得...

Banggoodを利用する上で気になることについて

注文してから届くまでの日数はどのくらいかかるのか

まずは、Banggoodで注文した際に、発送から届くまでの日数についてです。Banggoodで注文した際に、発送までにかかる日数が商品ページに書かれています。その日数にプラスして、中国で発送されてから配送にかかる日数がプラスされます。

発送から日数が最もかからない発送方法は、日本ダイレクトメール便です。しかし日本ダイレクトメール便は、送料がかかります。国際郵便のEMSも発送から意外と早く届きますが、こちらは日本ダイレクトメール便よりもさらに送料がかかることがあります。

送料無料の通常配送では、配送だけで最大で発送から20日かかることがあります。土日祝日の休日を含まない日数なので、1か月かかることもあります。急ぎの場合は、日本ダイレクトメール便を選択しましょう。

関税や消費税はどうなるのか

Banggoodで購入した場合、関税や消費税がかかるのでしょうか。

関税とは、海外から商品を購入する際にかかるものです。関税をかけて商品の価格を上げることで、国内の業者を守るための仕組みです。基本的に、個人輸入でも関税がかかります。しかし、少額の個人輸入の場合は、関税が免除されます。

関税が免除される金額は、課税対象額が1万円以下の場合です。個人輸入の場合は、課税対象額は60%で計算されるので、課税対象額1万円とは、1万6,666円です。同梱物が1万6,666円以下にするように購入すれば、関税は免除されます。

ただし、すべての品目が免税となるわけではありません。関税がかかる品目もあります。関税が免税にならない品目は、税関のホームページで公開されています。購入前に必ずチェックしておきましょう。

課税価格の合計額が1万円以下の物品の免税適用について

消費税に関しては、個人輸入であろうと国内で関係する取引であれば全てかけられます。ただし、関税と同じ金額で、免除されます。つまり、1回あたりの購入を1万6,666円以下に抑えれば、消費税も支払わなくて済みます。

もしも消費税と関税が必要な場合は、配達されたときに請求されるか、後日請求書が送られてきて支払うことになります。注意しましょう。

Thumbロコンドの口コミと靴通販の購入・返品(返品先/期限)方法を解説!
ロコンドは靴をネットで購入して、家で試着したものを、簡単に返品できる話題の通販サイトです。利...

Banggoodはお得に買える!ぜひ利用しよう!

この記事では、日本でも注目度が上昇している中国の通販サイト、Banggoodについてご紹介しました。Banggoodでは、住所の登録だけ英語で行いますが、後は完全に日本語で表示されているため、英語が苦手な人でも安心して利用できます。ちょっと不自然な日本語が表示される点は、海外のサイトなので大目に見ましょう。

ファッション関連商品などもいろいろとありますが、スマホやPC関連商品などを、格安で購入したい場合に特におすすめしたいサイトです。特に、深センの安く品質のいい電子機器には定評があります。

また、アリババよりもいい商品が見つかる可能性があります。興味がある方は、どんな商品がどのくらいの価格で売っているのか、Banggoodを覗いてみましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
K.C
皆様のお役に立てる情報をお届けするために日々精進していきます。どうぞよろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ