「Luna Display」でiPadをMacのサブディスプレイに!画質や機能を紹介!

iPadをMacのサブディスプレイ化できるおすすめのドングル「Luna Display」の特徴や使い方を紹介します。iPadをMacのサブディスプレイ化することで、作業効率化を図ることができるので、「Luna Display」を利用してみてください。

「Luna Display」でiPadをMacのサブディスプレイに!画質や機能を紹介!のイメージ

目次

  1. 1Luna Displayとは何?
  2. 2Luna Displayの画質や遅延は?【USB接続の場合】
  3. 3Luna Displayの画質や遅延は?【Wi-Fi(ワイヤレス)接続の場合】
  4. 4Luna Displayの機能や使用感は?
  5. 5Luna Displayの使い方は?
  6. 6Luna Displayは動画以外を表示するならかなり便利!

Luna Displayとは何?

「Luna Display」1

出典: https://lunadisplay.com/products/luna-display?variant=12792536563771

Luna Display | Turn your iPad into a second display

iPadやiPad ProとMacパソコン、両方のデバイスを所有している人は、その性能を完全に引き出せているでしょうか?本記事で紹介するドングル「Luna Display」を利用すれば、MacとiPad両方のデバイスを持つ価値を高めることが可能となります。本記事冒頭の本章では、「Luna Display」の特徴や価格、どういったことができるかについて紹介していきます。

iPadとMacを繋ぐドングル

「Luna Display」2

出典: https://lunadisplay.com/products/luna-display?variant=12792536563771

「Luna Display」はiPadとMac両方をつなぐドングルです。Macパソコン側のUSBポートに接続して利用します。

iPadをMacのサブディスプレイにできる

「Luna Display」3

出典: https://lunadisplay.com/products/luna-display?variant=12792536563771

ドングル「Luna Display」は、iPadとMacをワイヤレス・または有線接続して、MacパソコンのサブディスプレイとしてiPadを利用するためのドングルです。Macパソコンは、複数の仮想デスクトップを利用できることや、Split Viewを利用することが有名です。

それだけでも作業の効率化を図ることができますが、「Luna Display」ドングルを利用すれば、一つの作業をワイヤレスで2つにディスプレイを分けて作業することが可能です。Macパソコン上のウインドウやアプリをドラッグ&ドロップでiPad画面に表示することも可能で、その利用方法は無限大です。

「Luna Display」ドングル以外にも、MacとiPadをワイヤレスでサブディスプレイモニター化できるドングルは多数ありますが、その中でも「Luna Display」は注目されているドングルです。次の章では、ドングル「Luna Display」を使ったサブディスプレイモニターの画質や遅延について詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

価格は69.99ドル

「Luna Display」4

ドングル「Luna Display」の価格やUS79.99ドルとなっており、「Luna Display」公式ホームページや、Amazonで購入することが可能です。下記の価格表を参考に、ドングル「Luna Display」の価格を確認しておきましょう。

「Luna Display」の参考価格
Amazonの参考価格 8,780円(Mini DisplayPort)
7,589円(USB-C)
「Luna Display」公式サイトの参考価格 USD69.99

「Luna Display」5

「Luna Display」公式サイトでの購入は、下記の「Luna Display」公式サイトリンクにアクセスして情報を確認してください。

Luna Display
Amazon

Amazonからの「Luna Display」購入は、下記のAmazon「Luna Display」販売ページリンクにアクセスして情報を確認してください。

Amazon | iPadをセカンドディスプレイにする Luna Display ルナディスプレイ (Mini DisplayPort) | Luna Display | USBメモリ・フラッシュドライブ 通販
ThumbApple TVでミラーリングしてiPhone/iPad/Macの画面をテレビに接続する方法!
本記事では、「Apple TV」を使ってiPhone・iPad・Macパソコンの画面をテレビ...

Luna Displayの画質や遅延は?【USB接続の場合】

「Luna Display」7

出典: https://lunadisplay.com/

続いて本章では、「Luna Display」ドングルを利用して、MacとiPadをUSB接続した場合の画質や遅延についてレビューしていきます。サブディスプレイモニターとしてiPadとMacw接続する際に、一番注意したい部分は、サブディスプレイモニター側の操作遅延と動画の画質です。実際にUSB接続した状態での動作状況を紹介していきます。

高画質・低遅延で楽しめる

「Luna Display」8

MacとiPadを「Luna Display」USB接続した場合の画質は、非常に高く、遅延はあるものの非常に精度の高い操作性となっています。Macパソコン画面をドラッグする際に、若干の遅延・もたつきはあるものの、十分にサブディスプレイモニターとして利用することが可能です。

動画の画質はかなり悪い

続いて4K動画などの動画をiPadのサブディスプレイモニター側で再生した結果ですが、こちらは画質はそこまで高くないという実証結果となっています。しかし、動画の再生確認をMacパソコン本体で行い、iPad(サブディスプレイモニター)側で作業を進めれば大きな問題にはなりません。

使い方・操作方法を工夫すれば、十分にiPadをサブディスプレイモニター化できるので、おすすめのドングル商品と言えるでしょう。

接続には少し時間がかかる

「Luna Display」ドングルのデメリットは、MacとiPadの接続時間の遅延です。iPadをスリープモードにした状態で、接続回復する場合には数秒の遅延が発生します。作業をテキパキ進めたい人にとって、この再接続の遅延はストレスに思う人も多いでしょう。スリープモードをOFFにしておくなど、iPad側の設定を事前に変更しながら利用することをおすすめします。

ThumbiPadにおすすめのプリンター9選!AirPrint対応でiPhoneもMacも印刷できるものを紹介!
iPadやiPad ProとApple Pencilを使って作成したイラストや写真・画像など...

Luna Displayの画質や遅延は?【Wi-Fi(ワイヤレス)接続の場合】

「Luna Display」8

出典: https://apps.apple.com/app/id1250259715

前の章では、「Luna Display」を使ったUSB接続時のiPadとMacの動作状況を紹介しました。本章では、「Luna Display」をWi-Fi接続(ワイヤレス)した場合の画質や遅延のレビューを紹介していきます。

画質・遅延はUSB接続時と変わらない

「Luna Display」の優れている点は、Wi-Fi・ワイヤレス接続時の性能です。実際にMacとiPadをUSB接続する場合と、Wi-Fi接続(ワイヤレス)する場合とでは、その遅延や動作スピード、画質はほぼ変わらないという結果になっています。つまり、「Luna Display」でiPadをMacのサブディスプレイモニター化する場合は、ワイヤレス接続がおすすめということです。

充電面でUSB接続よりもおすすめ

「Luna Display」9

出典: https://apps.apple.com/app/id1250259715

「Luna Display」のワイヤレス接続をするもう一つのメリットは、iPadの充電という問題です。「Luna Display」をUSB接続してサブディスプレイモニター化する場合は、iPadのUSBソケットに常に「Luna Display」を挿入しておく必要があります。

サブディスプレイモニターは充電をかなり消費するので、Wi-Fi接続(ワイヤレス)しておくことで、iPad・iPad Pro充電したまま、長時間作業を続けられるのです。これは、iPad・Mac両方を操作する人にとっては、非常に重要なポイントで、その点については「Luna Display」はWi-Fi接続(ワイヤレス)でも十分に快適に利用できるのでおすすめです。

ThumbiOS端末のSafariのバージョン確認方法!Mac/iPhone/iPadが最新バージョンかの調べ方は?
Safariのバージョンが最新でない場合には動作が重くなったり、エラー表示が出るといった報告...

Luna Displayの機能や使用感は?

「Luna Display」10

出典: https://apps.apple.com/app/id1250259715

「Luna Display」の機能や使用感を紹介していきます。これまで紹介してきた、「Luna Display」のワイヤレス接続の性能の高さ以外に、下記の利用メリットがあります。
 

「Luna Display」の利用メリット一覧
「Luna Display」の利用メリット1 Pencil操作が可能
「Luna Display」の利用メリット2 Astropadと接続して液晶ペンタブレットとして使える
「Luna Display」の利用メリット3 Mac Miniと組み合わせることも可能

上記それぞれの機能・利用メリットを個別に紹介していくで、参考にしてみてください。

Pencil操作が可能

「Luna Display」ドングルで接続したiPadはApple Pencilでの操作も可能です。サブディスプレイモニター化したiPadに、Apple Pencilで手書き入力できるのは、大きな利用メリットの一つとなるでしょう。使い方次第では、サブディスプレイモニターとしてだけではなく、Macでできない操作を可能にしてくれるドングルであると言えるでしょう。

Astropadと接続して液晶ペンタブレットとして使える

Astropad
Astropad for iPad | Drawing Tablet App

AstropadはiPadで書いた手描きイラストや、手書きメモをそのままMacパソコンに映し出してくれるアプリです。Astropadを利用して、「Luna Display」を利用すれば、更に快適なMacとiPadの連携した利用方法を実践できます。液晶ペンタブレットアプリケーションのAstropadは下記のリンク先からインストール可能です。

Astropad iPad

iPad用の「Astropad」、下記のリンク先にアクセスしてください。Apple Storeのインストールページが表示されるので「入手」をタップして、「Astropad」アプリをiPad端末にインストールしてください。

‎Astropad Standard on the App Store
Astropad・Mac用

Mac用の「Astropad」は、下記のリンク先にアクセスしてください。「Astropad」公式サイトのインストールページが表示されるので「ダウンロード」をクリックして、「Astropad」アプリをMacパソコンにインストールしてください。

Astropad for iPad | Drawing Tablet App

Mac Miniと組み合わせることも可能

「Luna Display」はMac MiniとiPadを組み合わせて利用することが可能です。非常に便利で画期的なシステムと考えられますが、Mac MiniとiPadを「Luna Display」でワイヤレス接続する場合は、別途iPad以外のモニターを利用してセットアップする必要があります。

サブディスプレイ・モニターを持っていない人は、別途モニターを購入する必要があるのでおすすめできません。あくまでもオプションの利用方法の一つとして覚えておく程度で問題ないでしょう。

ThumbMacのデュアルディスプレイ設定方法!画面拡張してマルチモニター化して効率化する!
Macでプレゼンテーションや複数モニターを利用して作業する場合は、「デュアルディスプレイ」機...

Luna Displayの使い方は?

「Luna Display」11

出典: https://apps.apple.com/app/id1250259715

本記事最後の本章では、「Luna Display」の使い方を簡単に説明していきます。

Macのアプリを設定する

アプリのダウンロードをしよう

まずは、Macパソコンに「Luna Display」アプリをインストールしてください。下記の「Luna Display」アプリMac版インストールリンクをクリックして、「.Zip」ファイルをダウンロードします。圧縮ファイルを解凍して、インストーラーを起動して、表示される指示に従ってアプリのインストールを完了させてください。

Plug Luna in your Mac」というメッセージが表示されたら、「Luna Display」ドングルをMacパソコンに挿入してください。

Luna App Downloads – Luna Display

iPadのアプリを設定してMacと接続する

「Luna Display」ロゴ

アプリをダウンロードしよう

続いて「Luna Display」アプリをiPadにもインストールが必要です。iPad専用の「Luna Display」アプリは、下記のリンク先にアクセスしてください。Apple Storeのインストールページが表示されるので「入手」をタップして、「Luna Display」アプリをiOS(iPhone & iPad)端末にインストールしてください。

‎Luna Display on the App Store
「Luna Display」12

出典: https://apps.apple.com/app/id1250259715

iPadに「Luna Display」アプリをインストールしたら、Macパソコンで利用している同じWi-Fi回線に接続してください。Wi-Fi接続が完了すれば、「Luna Display」の設定は完了ですが、まれに接続がうまくいかない場合があります。その場合は、「Luna Display」アプリを起動して手動接続方法に切替えて、接続しましょう。

ThumbMacBookの画面をHDMIケーブルで接続してテレビやモニターに出力する方法解説!
便利なMacBookの画面をHDMIケーブル接続で、テレビやモニターに出力する方法を紹介しま...

Luna Displayは動画以外を表示するならかなり便利!

本記事では、MacとiPadを連携してサブディスプレイ化できるおすすめのドングル「Luna Display」を紹介しました。非常に満足度の高い商品となっているので、興味のある方は「Luna Display」を利用してみてください。

ThumbMacの画面をミラーリングして外部モニター(ディスプレイ)に出力する方法!
Macの画面ミラーリング・ビデオミラーリング・デュアルディスプレイモードなど、Macパソコン...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ