Amazonの在宅勤務はきつい?監視カメラの噂は本当?ブラックバイトなのかを検証!

Amazonでは在宅ワークがあり、きついと言われているのを知っていますか。本記記事では、Amazonの在宅勤務はきついのか、監視カメラの噂は本当なのかなどを検証してきます。Amazonの在宅ワークを検討している方は、是非参考にしてみてください。

Amazonの在宅勤務はきつい?監視カメラの噂は本当?ブラックバイトなのかを検証!のイメージ

目次

  1. 1アマゾンの在宅ワークはきつい?仕事内容について
  2. カスタマーサービス(お客様対応スタッフ)
  3. 特徴
  4. 2アマゾンの在宅ワークはきついと言われる監視カメラの噂について
  5. カメラで監視される可能性
  6. 録音される可能性
  7. 面談などでテレビ電話を使用する可能性
  8. 口コミ・評判は企業秘密で守られている可能性
  9. 3アマゾンの在宅ワークがきついのに人気な理由
  10. 時給制の在宅ワークは珍しい
  11. 勤務場所が限定されない
  12. 福利厚生がしっかりしている
  13. 4アマゾンの在宅ワークはきついブラックバイトなのかを検証!
  14. 環境面
  15. 業務面
  16. 5アマゾンの在宅ワークはきついけどブラックではない!

アマゾンの在宅ワークはきつい?仕事内容について

Amazonの在宅ワーク(勤務)は本当にきついのか、仕事内容と共に解説していきます。

カスタマーサービス(お客様対応スタッフ)

Amazonの在宅ワーク(勤務)での仕事内容は、カスタマーサービス(お客様対応スタッフ)です。カスタマーサービス(お客様対応スタッフ)とは、お客様からの問い合わせに対して、電話・メール・チャットで対応するスタッフのことです。

問い合わせ内容は、注文した商品の配送状況や、お買い物の手順、Amazonプライムのサービス内容の確認など、Amazonサービスに対する問い合わせが数多くあります。

特徴

Amazonの在宅ワーク(勤務)での仕事内容は、カスタマーサービス(お客様対応スタッフ)です。そして、Amazonの在宅ワーク(勤務)には特徴があります。ここでは、Amazonの在宅ワーク(勤務)の特徴について解説していきます。

研修制度が設けられている

Amazonの在宅ワーク

Amazonの在宅ワーク(勤務)の特徴は、研修制度が設けられていることです。研修制度では、応対ツールの使い方などを1ヶ月から2ヶ月かけて学べるようになっています。研修期間中にじっくりと学ぶことができるため、実際の応対でもすぐにできるようになります。

研修終了後も先輩や同僚に相談が出来る

Amazonの在宅ワーク

Amazonの在宅ワーク(勤務)の特徴は、研修終了後も先輩や同僚に相談が出来ることです。研修後は、実際の応対に入っていきます。しかし、色んなケースがあるため、分からないことや、悩みも出てきます。そんな時は、先輩や同僚に相談することができ、全力でサポートしてくれます。

そして、相談しながら対応することで、自分自身の対応スキル向上にもつながります。研修制度だけではなく、バックアップ体制も整っているのです。

上司やマネージャーとの定期的な面談あり

Amazonの在宅ワーク

Amazonの在宅ワーク(勤務)の特徴は、上司やマネージャーとの定期的な面談があることです。面談では、応対について相談したいことや、自分自身のキャリアップについて話すこともできます。何でも相談できるため、安心して業務に取り組むことができるのです。

契約社員から正社員を目指せる

Amazonの在宅ワークの特徴

Amazonの在宅ワーク(勤務)の特徴は、契約社員から正社員を目指せることです。初めは、契約社員からですが、キャリア制度を導入しているため、正社員を目指すことができます。自分の頑張りを正当に評価してくれる制度なのです。

コーチやマネージャーなどのサポート業務を目指せる

Amazonの在宅ワークの特徴

Amazonの在宅ワーク(勤務)の特徴は、コーチやマネージャーなどのサポート業務を目指せることです。Amazonの在宅ワークでは、ある程度お客様の対応をしてから経験を積んで評価されると、キャリア制度により契約社員から正社員になります。

そして、対応スタッフからスタッフをサポートする、コーチやマネージャーになることもできるのです。Amazonで評価されれば、確実にステップアップできる環境なのです。

アマゾンの在宅ワークはきついと言われる監視カメラの噂について

Amazonの在宅ワークはきついという口コミ・評判があります。その中で、監視カメラの噂について解説していきます。

カメラで監視される可能性

Amazonの在宅ワークでは、カメラで監視されるという口コミ・評判があります。Amazonの在宅ワークの仕事内容は、カスタマーサービス(お客様対応スタッフ)です。そして、カメラで監視しなくても、受電件数・対応内容はPC内で管理されています。

よって、カメラで監視しなくても、さぼっていれば管理している内容ですぐにばれてしまいます。このことから、カメラで監視される可能性は低いと言えます。

録音される可能性

Amazonの在宅ワークでは、録音されるという口コミ・評判があります。在宅でなくても、カスタマーサービス(お客様対応スタッフ)では、お客様との会話が録音されています。なぜなら、対応内容の確認・対応品質の向上が目的とされています。よって、Amazonの在宅ワークであっても、録音される可能性は非常に高くなります。

面談などでテレビ電話を使用する可能性

Amazonの在宅ワークでは、面談などでテレビ電話を使用するという口コミ・評判があります。対応中分からないことが発生した場合、お客様との電話は保留にしてそのまま電話で相談することはできます。また、連絡事項などもテレビ電話でできます。在宅ワークなので、連絡手段として利用する機会は多いと言えます。

口コミ・評判は企業秘密で守られている可能性

Amazonの在宅ワークでは、口コミ・評判は企業秘密で守られているかもしれません。なぜなら、Amazonの口コミ・評判を検索してもあまり出てきません。実際にAmazonで勤務している人は、業務上できないはずです。よって、口コミ・評判は企業秘密で守られている可能性はあります。

アマゾンの在宅ワークがきついのに人気な理由

Amazonの在宅ワークがきついのに人気な理由について解説していきます。

時給制の在宅ワークは珍しい

Amazonの在宅ワークがきついのに人気な理由は、時給制の在宅ワークは珍しいためです。通常、在宅ワークでは、出来高制の場合がほとんどです。よって、長時間勤務しているのにもかかわらず収入につながらないケースが多くなっています。しかし、Amazonでは時給1100円なので、在宅ワークでもしっかりと稼ぐことができるのです。

勤務場所が限定されない

Amazonの在宅ワークがきついのに人気な理由は、勤務場所が限定されないためです。通常、地域によって時給は異なります。都会の方が高く、田舎の方が安くなっています。しかし、Amazonでは地域関係なく、一律1100円なので、どこにいてもしっかりと稼ぐことができるのです。

福利厚生がしっかりしている

Amazonの在宅ワークがきついのに人気な理由は、福利厚生がしっかりしているためです。通常の在宅ワークでは、外注になるため福利厚生はありません。しかし、Amazonの在宅ワークでは、Amazonに雇用されている形態になります。よって、社会保険があり、健康診断も受けることが可能です。

アマゾンの在宅ワークはきついブラックバイトなのかを検証!

アマゾンの在宅ワークはきついブラックバイトなのかを検証していきます。

環境面

Amazonの在宅ワークはきついブラックバイトなのかを、環境面で検証していきます。

通勤がないだけで会社勤務とあまり変わらない

Amazonの在宅ワークは、通勤がないだけで会社勤務とあまり変わりません。周りに人がいないだけで、仕事内容は全く同じです。会社にとっても交通費を出さずに済みますし、自分自身も通勤することなく仕事ができます。どちらにとってもメリットがあるため、ブラックバイトではないと言えます。

自宅だからといってサボることはできない

Amazonの在宅ワークは、自宅だからといってサボることはできません。カスタマーサービス(お客様対応スタッフ)では、お客様との会話が録音されています。なぜなら、対応内容の確認・対応品質の向上が目的とされているためです。

よって、自宅であっても全部知られているので、サボることはできませんし、会社で仕事している時と変わりないのです。このことから、ブラックバイトではないと言えます。

勤務時間は会社のシフトに従わなければならない

Amazonの在宅ワークでの勤務時間は、会社のシフトに従わなければなりません。一般的な在宅ワークでは、時給制ではないため片手間に仕事ができます。育児の合間や家事の合間などでもできます。しかし、Amazonの在宅ワークの仕事内容は、カスタマーサービス(お客様対応スタッフ)です。

よって、片手間に対応することは不可能です。会社勤務と何も変わりないため、勤務時間は会社のシフトに従わなければいけません。このことから、ブラックバイトではないと言えます。

業務面

Amazonの在宅ワークはきついブラックバイトなのかを、業務面で検証していきます。

クレーム対応はストレスがたまる

Amazonの在宅ワークの仕事内容は、カスタマーサービス(お客様対応スタッフ)です。そのため、商品が届かない・違う商品が届いたなど、対応内容は主にクレーム対応になります。これは、Amazonの在宅ワークに限らず、カスタマーサービス(お客様対応スタッフ)では当たり前のことです。

しかし、クレーム対応は非常にストレスがたまります。よって、ストレスマネジメントが重要になってきます。

人とのコミュニケーションが必須

Amazonの在宅ワークの仕事内容は、カスタマーサービス(お客様対応スタッフ)です。そのため、人とのコミュニケーションが必須になります。対応は全て電話・チャット・メールになります。コミュニケーション能力が低いと対応できません。ある程度のコミュニケーションスキルが必要なのです。

ThumbAmazonの在宅勤務の仕事内容は?応募方法や評判・口コミも紹介!
Amazonの在宅勤務の仕事内容・募集要項についてレビューし、Amazonの在宅勤務の募集に...

アマゾンの在宅ワークはきついけどブラックではない!

今回は、Amazonの在宅勤務はきついのかどうか、監視カメラの噂・ブラックバイトなのかを検証しました。結果、Amazonの在宅ワークはきついですが、ブラックではありません。福利厚生もしっかりしており、会社勤務と同じように稼ぐことが可能です。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
leiyu
皆さんのお役に立てる記事を分かりやすく書いていくライターを目指しています。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ