PayPalの評判は?ペイパルの危険性や注意点とデメリットについて解説!

今流行りの電子決済サービスの先駆者PayPal(ペイパル)ですが、その評判は一体どのようなものでしょうか。PayPal(ペイパル)の評判から電子決済サービスでPayPalを使うメリット、デメリット、そして危険性や注意点についてもご紹介します。

PayPalの評判は?ペイパルの危険性や注意点とデメリットについて解説!のイメージ

目次

  1. 1PayPal(ペイパル)とは?PayPalの基本情報を解説!
  2. 2PayPal(ペイパル)の3つのアカウント
  3. 3PayPal(ペイパル)のメリット
  4. 4PayPal(ペイパル) のデメリット
  5. 5PayPal(ペイパル)を使用する上での危険性と注意点
  6. 6PayPal(ペイパル)の実際の評判は?
  7. 7PayPal(ペイパル)のメリット・デメリットを知って便利に活用しよう!

PayPal(ペイパル)とは?PayPalの基本情報を解説!

昨今様々な電子決済サービスが誕生し、世間を賑わせていますが、そのブームよりも前に誕生し、電子決済サービスの世界的なブランドと歴史を持つのが、PayPal(ペイパル)です。世界200カ国以上で使用でき、日本では2007年3月からPayPal(ペイパル)の日本語表記サイトが開設され、日本国内のサポートセンターもほぼ同時に新設されました。

基本的な利用方法は、アカウントを開設し、メールアドレスとパスワードのみで、日本国内だけでなく、海外やネットでの送金、支払いに利用できます。また、PayPal(ペイパル)自体の口座から決済できるのはもちろん、クレジットカードや銀行口座から間接的にPayPal(ペイパル)を利用して支払いをすることもできます。

PayPal(ペイパル)の仕組み

PayPal(ペイパル)は基本的に、メールアドレスとパスワードだけで、相手に送金が可能です。歴史を持つ、逆に言えば古くからあるサービスですが、現在の話題になっているPayPayやLinePayなどの電子決済サービスにサービスや機能面では全く劣っていません。

お買い物時に支払いで使用できるのはもちろん、友達に送金したり、割り勘する時に、集金というサービスをしてPayPal(ペイパル)でお金を集める→支払いとできたりします。また、クレジットカードや銀行口座を登録しておくことで、クレジットカード情報や銀行口座の情報を教えることなく、PayPal(ペイパル)間のみでやり取りができるのも魅力です。

PayPal(ペイパル)を利用するのにおすすめな人

PayPal(ペイパル)が他の電子決済サービスと比較して優れている点は、なんと言っても全世界200カ国以上、1800万店舗以上で使用できるというワールドワイドに利用できる点です。海外サイトでは日本ではあまり周知されていないネット上の危険がたくさんあります。

PayPal(ペイパル)を使用すれば、クレジットカード情報や銀行口座の情報を完全に秘匿した状態でPayPal(ペイパル)の情報のみでやり取りができます。つまりこういっては失礼ですが、相手方のサイトの安全性が不安な場合に安全に取引ができるというのがPayPal(ペイパル)の大きな魅力になっています。

また、海外に向けて個人輸入などをする際の支払い先にPayPal(ペイパル)を利用してお金を受け取ることも可能です。PayPal(ペイパル)口座に預けられたお金は基本的にアメリカドルに換算されますが、日本円レートに変更して自分の銀行口座への入金ができます。

ただし、日本円換算で、5万円未満は250円の手数料がかかる、銀行口座への引き出しの依頼をしてから3営業日から6営業日(多くの場合は3営業日ほど)と実際に振り込まれるまでに時間がかかるといった注意点もあります。

ですが、直接口座へ海外口座とやり取りするのは面倒である他、安全性に不安が残るので、5万円未満の手数料とある程度の時間的なラグを踏まえてもPayPal(ペイパル)でのお金のやり取りは優れているといえます。

PayPal(ペイパル)を利用するべき、おすすめな人は、手軽な電子決済サービスとしてももちろんですが、安全性に不安があるサイトや、海外とのやりとりを多く使用する人といえます。

ThumbPayPalとは?PayPalの仕組みや危険性とメリット・デメリットを解説!
怖いと話題になったCMもあり、PayPalの名前だけ知っているが使い方や仕組みが分からない方...

PayPal(ペイパル)の3つのアカウント

PayPal(ペイパル)を利用するためには、アカウントの作成が必要不可欠です。PayPal(ペイパル)には3つのアカウントがありますが、その違いとはどういったものでしょうか。この項目では、PayPal(ペイパル)の3つのアカウントの違いを紹介します。

パーソナルアカウント

PayPal(ペイパル)でのベーシックなアカウントが、このパーソナルアカウントです。基本的に支払い専用のアカウントですが、友人間での送金やグループ集金など、他の電子決済サービスで利用できる機能は備えています。まずは、こちらを作って支払い時の使用感を確認してから、他のアカウントに移行するのおすすめです。

プレミアムアカウント

PayPal(ペイパル)でお金の受け取りをしたいなら、こちらのプレミアムアカウントを作る必要があります。パーソナルアカウントから、運転免許証などの本人確認資料を登録することでこちらのプレミアムアカウントにグレードアップできます。

パーソナルアカウントのグレードアップ版ですので、当然ですが面倒な本人確認さえしてしまえば、基本的にパーソナルアカウントの上位互換なアカウントになります。こちらもパーソナルアカウント同様、口座開設、維持手数料が無料なので、時間がある時にパーソナルアカウントからグレードアップしてしまうことをおすすめします。

ビジネスアカウント

PayPal(ペイパル)でのアカウントの中で、少し特殊なのがこのビジネスアカウントです。ビジネスアカウントは法人、事業名で登録でき、複数のユーザーによってアカウントを共有して使用できるという特徴があります。かわいい言い方をすれば、法人での大きなお財布のような使い方ができるのがこのビジネスアカウントです。

多くの人で共有できる以外には基本的に、プレミアムアカウントと同様に使用できます。ですが、ビジネスアカウントは基本的に法人での利用しかできない代わりに、プレミアムアカウントより手数料が安い、支払う相手の支払い方法がPayPal(ペイパル)でなく、クレジットカードや銀行口座からでも、即時に入金されるなど優遇されている面もあります。

ThumbPayPalの購入・支払い方法!海外送金の決済にかかる手数料についても解説!
こちらの記事では、PayPalでショッピングをした際の支払い方法、国内だけでなく海外送金の方...

PayPal(ペイパル)のメリット

ここでは、PayPal(ペイパル)の評判を語る上で欠かせない、PayPal(ペイパル)を使うメリットをご紹介します。PayPal(ペイパル)はそこそこの歴史を持つだけあって、使用するに足るメリットも多く存在します。

登録が簡単にできる

PayPal(ペイパル)を使う上のメリットの1つ目は、登録から利用開始までの手軽さにあります。一番基本のパーソナルアカウントでは、メールアドレスとパスワードのみでアカウントの開設ができ、利用開始するまでには、クレジットカードなどのPayPal(ペイパル)口座への入金方法の登録と、住所の登録といった簡単な項目の入力のみで利用が開始できます。

プレミアムアカウントへ移行するにも、本人確認と実際にお金を受け取る為の入金口座を登録しておけば、問題ありません。PayPal(ペイパル)では利用の開始は非常に簡単です。

取引が簡単にできる

今流行りの電子決済サービスの多くで採用されているシステムですが、PayPal(ペイパル)でも自分のアカウントのアドレスがあります。PayPal(ペイパル)ではアカウントさえ知っていれば、金額を指定するだけで簡単にお金のやり取りができます。

PayPal(ペイパル)のアカウント口座から実際の銀行口座への入金も、銀行口座への引き出し依頼は金額を入力して依頼をするだけです。3営業日から6営業日ほどの時間を要することが注意点ですが、依頼自体は非常に簡単にでき、その点は明確なメリットといえます。

会員登録費・年会費無料

PayPal(ペイパル)では、アカウント開設、アカウント、口座の維持費用が完全無料です。アカウントをつくってもっているだけでは、お金を支払う必要は全くありません。海外利用などの異なる通過同士では、手数料が発生する為、注意が必要ですが、同通貨間、つまり日本国で利用する分には基本的に無料で利用ができます。

クレジットカードを支払いに使えばポイントも貯まる

PayPal(ペイパル)では、支払う際にクレジットカードを利用することができます。その際、クレジットカードを利用した分は普通にクレジットカードを利用した時と基本的に同じ様に、ポイントが貯まります。クレジットカードはVISA、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ディスカバーカードに対応しています。

なので、それらの付いた楽天カードなど、ポイントサービスを展開しているクレジットカードでは、それらのポイントを貯めることができます。

安心安全なセキュリティ

PayPal(ペイパル)を利用する上での大きなメリットの一つが、高いセキュリティ性能です。特にPayPal(ペイパル)支払い時にクレジットカードを利用しても、相手に伝わるのはPayPal(ペイパル)の情報のみで、クレジットカード情報の一切を相手に伝える必要がありません

クレジットカードで支払いをするときには、クレジットカード情報、カード番号、有効期限やセキュリティコードを送信しなければ支払いができない場合がほとんどですが、PayPal(ペイパル)ではこれらを伏せて、実際はクレジットカードから支払いをするのだとしても、間にPayPal(ペイパル)をかませることで情報が秘匿できます。

PayPal(ペイパル)では公式でも、その高いセキュリティを謳っており取引を24時間365日の無休体制で監視しており、個人情報管理についても最高水準の暗号化をして、セキュリティ体制の向上を常に図っているようです。

PayPal(ペイパル)では高い安全性、セキュリティ体制で、ネット上の情報漏洩の危険性から情報を守ってくれています。これはPayPal(ペイパル)を使う上での大きなメリットだと言えます。

購入者保護のシステムも

PayPal(ペイパル)では、今では多くのクレジットカードで装備している購入者保護のシステムが導入されています。支払いをしても、商品が届かない、商品が明らかに別のものである、商品が壊れている、破損しているなど買い手側に落ち度のない、ある程度の悪質性が認められる場合にはPayPal(ペイパル)が返金に応じてくれます。

これにはPayPal(ペイパル)にその旨を伝え、特定の条件を満たす必要がありますが、見るからに悪質な場合には多くの場合で対応してくれるようです。なので、情報漏洩などのセキュリティ以外にもPayPal(ペイパル)利用者には安全に使用できるメリットが備わっています。

世界で通用するブランド力

PayPal(ペイパル)は日本ではネット上の支払いの際にひっそりと、支払い方法の一覧に並んでいる程度、という認識の人も少なくないですが、PayPal(ペイパル)は世界では他の電子決済サービス、場合によって特定のクレジットカード会社よりも認知されているほど、圧倒的なブランド力があります。

PayPal(ペイパル)は世界で利用する際には、他の支払い方法よりも信頼を持ってもらいやすく、対応している企業も多いため、グローバルに利用するにも最適な支払い方法の一つだと言えます。

ThumbPayPalとは?メリット/デメリットや仕組みと危険性・安全性を解説!
PayPalとは、安全に海外決済ができるオンライン決済サービスです。ここではPayPalのメ...

PayPal(ペイパル) のデメリット

どのようなものでそうですが、PayPal(ペイパル)にもデメリット、よくないと評判の部分もあります。PayPal(ペイパル)の評判、評価を語る上で、悪い側面であるデメリットもしっかり知っておく必要があります。ここではPayPal(ペイパル)の悪いと評判のデメリット部分についてご紹介します。

為替手数料が高い

PayPal(ペイパル)の大きなデメリットらしいデメリットは、この手数料の高さにあります。ものすごく高いわけではありませんが、海外で利用しやすく、セキュリティが高く安全である代わりに、単純にクレジットカードで直接取り引きするよりも手数料が高く付く場合があります。

日本円同士では、基本的に手数料は発生しませんが海外取引で別の為替と取引した際には、支払い時に3.5~4%、受け取り時には2.5%の手数料が発生します。これは高いセキュリティ性能という安全と差し引きして高いと見るか、安いと見るかによってPayPal(ペイパル)の評価は大きく変わります。

PayPal(ペイパル)はセキュリティが高く安全なメリットの代わりに、直接取り引きするよりも手数料が高く割高になり得るデメリットがある、というのはPayPal(ペイパル)を利用する上での注意点の一つです。

分割払いができない

PayPal(ペイパル)ではクレジットカードでは、多くの場合備えている分割払いができません。これはクレジットカードではなくPayPal(ペイパル)を利用しようという時に、感じるデメリットの一つです。一括でしか払えない為に、大きな買い物をするときにはそれ相応の予算が必要です。

安全なPayPal(ペイパル)を利用しようとしても、予算の関係でクレジットカードを使わざるを得ない状況が生まれてしまうのは、デメリットの一つと言えます。

ThumbPayPalが使える店やサイトを一覧!PayPalのメリットデメリットも紹介!
PayPalが使えるお店が最近特に増加しています。大きなキャンペーンの効果とも言えますが、ネ...

PayPal(ペイパル)を使用する上での危険性と注意点

PayPal(ペイパル)は高いセキュリティという安全の代わりに、少々割高なケースがある、というのがここまででご紹介できました。ですが、そんな高いセキュリティ性能を有し、安全性を誇るPayPal(ペイパル)にも使用上の注意点があります。ネット上にはどんなに高いセキュリティをも破ってしまう危険性が蔓延っています。

ここでは、PayPal(ペイパル)を使う上での注意点と危険性との向き合い方をご紹介します。

フィッシング詐欺に注意が必要

PayPal(ペイパル)では様々な危険性から利用者を守るために、多くの安全対策を施しています。ですが、そういった優秀なセキュリティを持っていても、それを掻い潜ろうとする犯罪は後を立ちません。そのPayPal(ペイパル)でも危険性が指摘されているのが、フィッシング詐欺、フィッシングメール詐欺です。

フィッシング詐欺とは、偽のサイトなどに誘導し、そこにPayPal(ペイパル)を含めたログイン、アカウント情報を入力させ、情報を抜き取る、この場合は釣り上げるように情報を奪い取る詐欺の手口です。

この詐欺の厄介で危険なところはどんなにPayPal(ペイパル)側が、どんなに厳重に対策したとしてもPayPal(ペイパル)とは別の場所へ誘導し、PayPal(ペイパル)側が守れる範囲の外で情報を抜き出させる為、PayPal(ペイパル)側の対策は、厳重で丁寧な注意喚起を、丁寧に危険性と注意点を列挙、アナウンスする他ないということです。

PayPal(ペイパル)ではこの問題も把握していて、しっかりと注意点を列挙し、危険性のアナウンス、対策法を案内しています。

自分が登録していない言語でのなりすましメール、PayPal(ペイパル)がメールで確認することはないと明言している、クレジットカード・デビットカード情報、銀行口座番号、運転免許番号、メールアドレス、パスワードを入力させようと質問してくる、あるいはメールからその様なサイトへのリンクがあり、ジャンプした際には危険なメールだと判断します。

そして、不審なメールはウイルスが添付されている場合もあるので、きっちりと削除することをおすすめします。フィッシング詐欺は実に巧妙で、公式のロゴが付いている場合があることや、公式と酷似したメールアドレスを使用することがありますから、常にこの様な危険性があることを認識し、常に注意点を頭に入れておく必要があります。

パスワード漏洩の危険性がある

パスワードの漏洩もPayPal(ペイパル)側では対策のし辛い問題の一つです。パスワードの漏洩や、なりすましは、極端な話、適当なメールアドレスに適当なパスワードを入力し続けることで、偶然に突破されうるものです。これはログインの仕組みを使っている以上どんなサイトやサービスでも起こりうるもので、対策が難しいです。

それでもいくつかの対策すべき点、パスワード設定上の注意点があります。パスワード設定時にその強度をPayPal(ペイパル)のアカウント作成時に示してくれます。この時、英数字を織り交ぜ、なるべく多くの文字数で作成し、自分の誕生日や、有名でメジャーなパスワード1234や、キーボードの並びでqwertなどを設定しない対策が必要です。

ThumbPaypalのコンビニでの使い方!チャージ(入金)と決済(支払い)方法を解説!
オンライン決済サービスPayPalをコンビニで使用できることをご存知でしょうか。今記事では、...

PayPal(ペイパル)の実際の評判は?

ここまでで、PayPal(ペイパル)を評価する上でのメリット、デメリット、そして恐ろしい危険性についてもご紹介しました。ですが、実際に利用する場合その評判はどうなのでしょうか。実際には、危険性も指摘され、一部で被害にあった方もいるようですが、基本的には他のパスワードやアカウントと同様、対策をすることで多くは安全に使えているようです。

その他、ネットではPayPal(ペイパル)のいい評判、悪い評判が聞こえてきます。実際のところ、PayPal(ペイパル)は利用すべきなのか、どうか、ネット上での評判から、PayPal(ペイパル)のいい面、悪い面をさらに掘り下げてご紹介します。

サポートセンターについて

PayPal(ペイパル)での評判を語る上で、よく話題に上がるのはサポートセンターの対応です。その評判の一部をご紹介します。

過去に問題が指摘されていた

PayPal(ペイパル)が日本でサービスを開始した当初、サポートセンターの対応はあまりよくなかったようです。元々が海外企業の運営ということもあって、日本語で上手く対応をしてくれない、まともに電話に繋がらないとPayPal(ペイパル)の利用に不安になるような評判も多くありました。

現在の対応は?

ですが、日本でのサービスを開始して大分たった今では、サポートセンターの評判もよいものに変わってきました。対応してくれる人が日本人ではない、という評判は多いのですが、日本語が流暢でとても親切で丁寧なサポートを受けられると評判です。

PayPal(ペイパル)ではサポートセンターがとても親切で丁寧だと評判です。安心して利用できます。

セキュリティ面を評価する評判が多数

PayPal(ペイパル)で一番評判の声が聞かれるのが、セキュリティの安全性の高さです。パスワード漏洩や、フィッシング詐欺の事例は残念ながらあるようですが、PayPal(ペイパル)のセキュリティを真っ向から突破されたことはないようです。

安全面で高い評判の声

PayPal(ペイパル)で一番良い点とされるのはセキュリティ面での、安全性です。その評判が世界中にあることで、PayPal(ペイパル)は確固としたブランド力があり、海外で利用する際にも、喜ばれる例があるほどです。

PayPal(ペイパル)は安全性の確立、危険性の排除には強い信頼があります。世界各国で使われ続ける、圧倒的なブランド力にはこういった、根本的な安心感が大事な役割を果たしているのかもしれません。

海外利用できるのを考えれば手数料は割安?

PayPal(ペイパル)では手数料が高い、PayPal(ペイパル)で注意点があるとすれば手数料高さ、などとの評判の声もあるようですが、圧倒的な安全性に裏打ちされていることを考えれば、海外利用ではある程度の手数料もそこまで高いものではないとの声もあります。

PayPal(ペイパル)での海外利用での注意点はむしろ、ある程度の手数料くらいです。安心安全に支払いをしたいときにはPayPal(ペイパル)の利用をおすすめします。

ThumbPayPalの購入・支払い方法!海外送金の決済にかかる手数料についても解説!
こちらの記事では、PayPalでショッピングをした際の支払い方法、国内だけでなく海外送金の方...

PayPal(ペイパル)のメリット・デメリットを知って便利に活用しよう!

PayPal(ペイパル)の評判と、メリット、デメリット、注意点についてご紹介しました。PayPal(ペイパル)は圧倒的なブランド力と安全性に裏打ちされている為に、そこそこの手数料が注意点であることをご紹介しました。

PayPal(ペイパル)にはメリット、デメリット双方がありますが、評判は総じてよいものが多いようです。PayPal(ペイパル)を利用する前にPayPal(ペイパル)のメリット、デメリットを知って楽しく利用しましょう

ThumbPayPalの支払い方法にVプリカを登録!アカウント作成できない対処法も解説!
ネット専用VisaプリペイドカードのVプリカはVisa加盟店でのPayPalの支払いに使うこ...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ