パスワードの安全な管理方法4つ!暗証番号・IDをメモ帳に書く以外は?

PCやスマホの安全な管理方法を知っていますか?PCやスマホには、重要な個人情報が保存されています。安全なパスワードを管理する方法を覚えて、個人情報の漏洩に努めましょう。本記事では安全なパスワード管理方法4選を紹介します。

パスワードの安全な管理方法4つ!暗証番号・IDをメモ帳に書く以外は?のイメージ

目次

  1. 1パスワードの安全な管理方法は4つ
  2. 2紙ベースのメモ帳にパスワード(暗証番号)・IDを書いて管理するメリットとデメリット
  3. 3アプリでパスワード(暗証番号)・IDを管理するメリットとデメリット
  4. 4専用デバイスでパスワード(暗証番号)・IDを管理するメリットとデメリット
  5. 5パスワード(暗証番号)・IDを覚えて管理するメリットとデメリット
  6. 6パスワードを安全に管理して情報漏えいやリスクを減らそう!

パスワードの安全な管理方法は4つ

本記事冒頭の本章では、おすすめの安全なパスワード管理方法4選を紹介していきます。安全なパスワード管理方法4選は下記の通りです。

・紙ベースのメモ帳にパスワード(暗証番号)・IDを書いて管理する
・アプリでパスワード(暗証番号)・IDを管理する
・専用デバイスでパスワード(暗証番号)・IDを管理する
・パスワード(暗証番号)・IDを覚えて管理する

紙ベースのメモ帳にパスワード(暗証番号)・IDを書いて管理する

紙ベースのメモ帳にパスワード(暗証番号)、IDを書いて管理する方法は、もっとも古典的な方法ですが、PCやスマホデバイスに保存しないことで、ウイルス感染などによる情報漏洩の可能性が低く安全なパスワード管理方法の1つとなります。

アプリでパスワード(暗証番号)・IDを管理する

スマホ

スマホやPCには、パスワード(暗証番号)・IDを管理することのできるセキュリティアプリが提供されています。無料アプリ・有料アプリがありますが、有料アプリの方がセキュリティレベルも高くおすすめです。

専用デバイスでパスワード(暗証番号)・IDを管理する

パスワードマネージャー

出典: https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01HE550QC/kuro.toypoodle-22/

パスワード(暗証番号)・IDを保存しておくことのできる専用デバイスを利用して管理するのもおすすめです。本記事でおすすめするパスワード(暗証番号)・IDを管理する方法の中でも、もっとも強固なセキュリティレベルを持つ方法です。

パスワード(暗証番号)・IDを覚えて管理する

最後におすすめするのが、パスワード(暗証番号)・IDを自分で覚えてしまうという管理方方法です。コストもかからず、パスワード(暗証番号)・IDを忘れない限り情報漏えいの可能性はかなり低いと言えるでしょう。

おすすめのパスワード(暗証番号)・ID管理方法を紹介しましたが、それぞれの方法にはメリットとデメリットが存在します。次の章からは、おすすめのパスワード(暗証番号)・ID管理方法のメリットとデメリットを個別に紹介していきます。

メリット・デメリットをしっかりと把握して、自分にあったパスワード(暗証番号)・IDの管理方法をみつけてみてください。

紙ベースのメモ帳にパスワード(暗証番号)・IDを書いて管理するメリットとデメリット

本章では、紙ベースのメモ帳にパスワード(暗証番号)・IDを書いて管理するメリットとデメリットについて紹介します。紙ベースのメモ帳にパスワード(暗証番号)・IDを書いて管理する場合は、手元にメモ帳があれば簡単にメモを取って保管しておくことができますが、デメリットもあるので確認しておきましょう。

メリット

紙ベースのメモ帳にパスワード(暗証番号)・IDを書いて管理するメリットは下記の通りです。

・簡単にパスワードを書き写しておくことができる
・デバイス端末とは違い、しっかりと保存しておくことで破損しない
・パスワード(暗証番号)管理デバイスやアプリが不要で費用がかからない。また、デバスを購入する手間がかからないので便利である
・アプリとは違い、オフライン状態でも簡単にパスワード(暗証番号)・IDの管理と修正・保存が可能
・オフライン状態でパスワード(暗証番号)・IDを確認できるので、ウイルス感染の心配が無い。
・パスワード(暗証番号)管理アプリ、デバイスよりも引き継ぎがしやすい。

デメリット

続いて、紙ベースのメモ帳にパスワード(暗証番号)・IDを書いて管理するデメリットは下記の通りです。

・日数が経過すると劣化してしまう
・常時メモを携帯して持ち歩きするのに不便である
・間違って廃棄してしまう可能性がある
・盗難等の管理・セキュリティ面が貧弱になる

紙ベースのメモ帳にパスワード(暗証番号)・IDを書いて管理するメリット・デメリットについて紹介しました。メモ帳の大きなデメリットは盗難・紛失などのセキュリティ面の貧弱さと、日数が経過することで発生する劣化です。劣化のデメリットは、下記のおすすめのパスワード(暗証番号)・ID管理ノートを利用することで克服することが可能です。

パスワード(暗証番号)・ID管理専用jノート1

出典: https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00DVZWVEE/kuro.toypoodle-22/

Amazon | ハイタイド パスワードブック イエロー CP013 | 文房具・オフィス用品 | 文房具・オフィス用品
パスワード(暗証番号)・ID管理専用jノート1

出典: https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00DVZWVEE/kuro.toypoodle-22/

Amazon | ハイタイド パスワードブック イエロー CP013 | 文房具・オフィス用品 | 文房具・オフィス用品

パスワード(暗証番号)・ID管理専用のノートには鍵付きのノートや、劣化に強いノートが販売されています。メモ帳を使ってパスワード(暗証番号)やIDを管理したい人は、上記のおすすめノートを活用してみてください。

アプリでパスワード(暗証番号)・IDを管理するメリットとデメリット

続いてパスワード(暗証番号)・ID管理専用のアプリを使った管理方法のメリットとデメリットを紹介します。外部アプリやMac・Windowsパソコンに専用のアプリを使ってパスワードを管理したい方は参考にしてみてください。

メリット

パスワード(暗証番号)・ID管理専用のアプリを使った管理方法のメリットは下記の通りです。

・パスワード、ID管理が非常に簡単
・持ち運びに便利で、どこでもパスワード(暗証番号)・IDの編集と管理が可能
・パスワード(暗証番号)管理専用アプリを利用すれば、2段階認証を使ってセキュリティレベルを高めることができる
・複数のパスワード(暗証番号)・IDを簡単に管理できる

デメリット

パスワード(暗証番号)・ID管理専用のアプリを使った管理方法のデメリットは下記の通りです。

・有料でコストのかかるパスワード(暗証番号)アプリがある
・パソコンやスマートフォン、タブレットなどのデバイスが必要
・デバイス操作が不得意の人には不向き
・すべてのパスワード(暗証番号)管理アプリが万全のセキュリティレベルではなく、中には悪質な不良アプリもある
・デバイスの充電がなくなると利用できない


スマートフォンにパスワード(暗証番号)管理アプリをインストールすることで、常に持ち運びできるので、非常に便利です。反面、セキュリティレベルの低いパスワード(暗証番号)管理アプリもあるので、注意が必要です。その中でも、おすすめするのが「1 Passward」というセキュリティ管理アプリとなります。

1 Password公式ページ
最も安全なパスワードマネージャー | 1Password

スマホ専用の1 Passwordアプリはこちらから

1 Passwordアプリ

出典: https://itunes.apple.com/jp/app/1password-password-manager/id568903335?mt=8

‎「1Password - Password Manager」をApp Storeで
1Password – パスワード保管庫 - Google Play のアプリ

専用デバイスでパスワード(暗証番号)・IDを管理するメリットとデメリット

パスワード(暗証番号)管理専用デバイス1

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B8%E3%83%A0-%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC-%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%83%91%E3%82%B9-PW10-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF/dp/B009CQFHV0/ref=sr_1_4?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=Z3GQLIRT1HDK&keywords=%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC&qid=1558038393&s=office-products&sprefix=%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%2Coffice-products%2C245&sr=1-4

続いて専用デバイスでパスワード(暗証番号)・IDを管理するメリットとデメリットを紹介します。

メリット

パスワード(暗証番号)管理専用デバイス2

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B8%E3%83%A0-%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC-%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%83%91%E3%82%B9-PW10-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF/dp/B009CQFHV0/ref=sr_1_4?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=Z3GQLIRT1HDK&keywords=%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC&qid=1558038393&s=office-products&sprefix=%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%2Coffice-products%2C245&sr=1-4

パスワード(暗証番号)管理専用デバイスでパスワード(暗証番号)・IDを管理するメリットは下記の通りです。

  • 複数のパスワード(暗証番号)・IDを簡単に管理できる
  • 携帯性も高く、持ち運びに便利である
  • オフラインで利用可能でネット接続、物理面両方で高いセキュリティ精度を誇る

デメリット

パスワード(暗証番号)管理専用デバイス3

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B8%E3%83%A0-KINGJIM-PW20-%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%80%8C%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%83%91%E3%82%B9%E3%80%8D-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF/dp/B01HE550QC/ref=sr_1_3?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=Z3GQLIRT1HDK&keywords=%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC&qid=1558038393&s=office-products&sprefix=%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%2Coffice-products%2C245&sr=1-3

パスワード(暗証番号)管理専用デバイスでパスワード(暗証番号)・IDを管理するデメリとは下記の通りです。

・デバイスコストがアプリより高い
外出先で利用する場合、紛失の可能性があり、荷物がかさばる
・電池が切れた場合に利用できない

メモ帳とパスワード(暗証番号)管理アプリ両面の良いところを1つにしたものが、パスワード(暗証番号)管理専用デバイスです。コストが高いというデメリットがありますが、PCと接続してバックアップを取っておくことができる商品もあるので、おすすめのパスワード(暗証番号)管理方法であると言えます。

パスワード(暗証番号)管理専用デバイス4

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B8%E3%83%A0-KINGJIM-PW20-%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%80%8C%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%83%91%E3%82%B9%E3%80%8D-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF/dp/B01HE550QC/ref=sr_1_3?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=Z3GQLIRT1HDK&keywords=%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC&qid=1558038393&s=office-products&sprefix=%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%2Coffice-products%2C245&sr=1-3

パスワード(暗証番号)・IDを覚えて管理するメリットとデメリット

最後にパスワード(暗証番号)・IDを覚えて管理するメリットとデメリットを紹介します。

メリット

パスワード(暗証番号)・IDを自分で記憶しておくことのメリットは下記の通りです。

・コストがかからず、デバイスも不要なので荷物がかさばらない
・情報漏えいのリスクがもっとも低く、セキュリティ面ではもっとも優秀である

デメリット

パスワード(暗証番号)・IDを自分で記憶しておくことのデメリットは下記の通りです。

・複数のパスワード(暗証番号)やIDを記憶するのが難しい
・パスワード(暗証番号)・IDを忘れるとパスワード(暗証番号)を再発行する必要がある
・引き継ぎができない


もっとも強固なセキュリティレベルを誇るのが、自分でパスワード(暗証番号)やIDを記憶して覚えておくことです。ですが、複数のパスワード(暗証番号)やIDを管理するには、記憶力が必要です。パスワード(暗証番号)を忘れてしまった場合は、パスワード(暗証番号)を再発行する手続きが必要になるというデメリットがあります。

パスワードを安全に管理して情報漏えいやリスクを減らそう!

本記事ではおすすめのパスワード(暗証番号)管理方法4選を紹介しました。万全なパスワード(暗証番号)管理方法はありませんが、様々なパスワード(暗証番号)管理方法があるので、自分に適した方法を選択してみてください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ