Androidスマホの人気おすすめ機種ランキング15選を紹介!【2019年最新】

iPhoneとAndroidはどっちがいいのか迷っているなら、コストパフォーマンスに長けているAndroidスマホに乗り換えてみるのも一興です。Androidに興味のある方のために、Androidスマホの最新版人気おすすめ機種ランキングをご紹介しましょう。

Androidスマホの人気おすすめ機種ランキング15選を紹介!【2019年最新】のイメージ

目次

  1. 1Androidスマホの特徴・iPhoneとの違い
  2. 2最新Androidスマホの人気おすすめ【ハイスペック機種:1位】
  3. 3最新Androidスマホの人気おすすめ【ハイスペック機種:2位】
  4. 4最新Androidスマホの人気おすすめ【ハイスペック機種:3位】
  5. 5Androidスマホの人気おすすめ【ミドルレンジ機種】
  6. 6Androidスマホの人気おすすめ【エントリー機種】
  7. 7Androidスマホの人気おすすめ【SIMフリー機種】
  8. 8重点ポイント!Andoroidスマホの選び方
  9. 9Androidスマホを使ってみよう

Androidスマホの特徴・iPhoneとの違い

AndroidスマホとiPhoneのシェア率調査結果

出典: https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1737.html

日本のスマホ市場ではiPhoneとAndroidスマホの人気が突出しており、とりわけiPhoneのシェア率が非常に高いという特徴があります。

海外では2010年頃にAndroidスマホの利用率がiPhoneの利用率を上回りましたが、日本では世界の流れに逆行するようなトレンドが継続。iPhoneの利用率がAndroidスマホの利用率を30%以上も上回っていた時期がありました。

しかし、インターネット全般に関する市場調査を行っているMMD研究所が15~69歳の男女5,000人を対象として2018年に実施した「モバイルデバイスシェア調査」にて、Androidスマホの利用率がiPhoneの利用率を上回るという逆転現象が観測されました

その理由の一つとして、年々高騰するiPhoneの本体価格が挙げられます。

今やiPhoneの最新機種の購入価格は軽く10万円を突破しています。機種変更時にかかる多大な出費に嫌気がさしたiPhoneユーザーが、続々とAndroidスマホに乗り換えるようになりました。遂に日本でもAndroidスマホがスマホ業界の主流になりつつあるようです。

特に、スマホ関連の通信費を気にする30~60代のスマホユーザーの間でAndroidスマホ人気が高まっています。実際のところ、iPhoneとAndroidスマホにはそこまで大きな性能差はありません「使えれば良い」という方にとっては、コストパフォーマンスに優れているAndroidスマホの方がおすすめと言えるでしょう。

iPhoneとAndroidスマホにはどのような違いがあるのか、両者の特徴を比較しながらAndroidスマホの長所を見ていきましょう。

ウィジェット機能が充実

ウィジェットとは、Androidスマホのホーム画面上に表示できる小型のアプリのことです。この機能を使えば、わざわざアプリを起動しなくてもワンタップで天気予報やカレンダーなどを表示できて大変便利です。

iPhoneにもウィジェット機能はありますが、Androidスマホの方が感覚的な操作でウィジェットの追加・編集・削除が出来る分、初心者でも使いやすい印象を受けます

スマホのウィジェットを自由にカスタマイズしたい方には、Androidスマホの方がおすすめです。

アプリの数と種類が充実

スマホの利便性を語る上で、対応しているアプリの数は極めて重要な要素です。

iPhoneの場合、App Storeから人気の最新アプリをダウンロードすることができます。Apple社の厳しい審査を通過しているためApp Storeのアプリにはセキュリティ面で信頼性がありますが、種類が限定的です。

一方、Androidスマホの場合、Google Playから人気の最新アプリをダウンロードすることができます。Googleのアプリ審査は比較的緩いため、メジャーなものからマニアックなものまで多彩なジャンルのアプリをAndroidスマホで使用することが可能です。

マイクロSDカードが利用できる

スマホの利便性を語る上で、ストレージ容量も極めて重要な要素です。

iPhoneのストレージ容量は端末ごとに決まっており、ユーザーが選択して購入することになります。iCloudなどのオンラインストレージを利用してカバーすることは可能ですが、基本的に保存容量を追加することは出来ません。

一方、Andrioidスマホの場合、SDカード(microSDカード)を拡張スロットに装着すれば、簡単にAndroidスマホのストレージ容量を増やすことができます。もしも写真や動画などのデータが溜まった時は、SDカード(microSDカード)にファイルを移動させて容量不足を回避できます。

独自のAndroid機能がある

iPhoneはApple社によって開発されているスマホです。機種によって多少の性能差はありますが、基本的に規格は統一されています。

しかしAndroidスマホは各メーカーによって独自に開発・製造されているスマホであり、種類も機能も千差万別です。SNS機能が強化されている機種もあれば、AI(人工知能)が操作をアシストしてくれる機種もあり、人気の最新Androidスマホの性能を比較する楽しさがあります

ThumbAndroidでSDカードを内部ストレージ化させてアプリを移動・保存する方法!
Android端末の容量不足を解消できる方法をご存知ですか?SDカードを内部ストレージ化させ...

最新Androidスマホの人気おすすめ【ハイスペック機種:1位】

多少割高でも機能性を重視してAndroidスマホを選ぶなら、高性能なハイスペック機種がおすすめです。高解像度のカメラや認証機能が搭載されていて、最高のスマホライフを満喫できます。

最新ハイスペック型Androidスマホの人気おすすめ機種ランキング1位に輝いた「Galaxy S10・S10+」の特徴をご紹介しましょう。

Galaxy S10・S10+【docomo・au】

Galaxy S10・S10+

出典: https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/products/detail.html?mobile-code=004AI

Galaxy S10・S10+は、Samsung(サムスン)によって製造されているAndroidスマホシリーズ・Galaxyの最新機種です。auからは2019年5月23日に、ドコモからは2019年6月1日に発売されました。以下の表のようなスペックを備えています。
 

機種名 Galaxy S10 Galaxy S10+
サイズ 約6.1インチ 約6.4インチ
重さ 約158g 約175g
CPU Qualcomm Snapdragon 855 Qualcomm Snapdragon 855
内蔵メモリ
RAM/ROM
8GB/128GB 8GB/128GB
インカメラ 約1,000万画素 約1,000万画素
アウトカメラ トリプルカメラ
  • 広角:約1,200万画素
  • 望遠:約1,200万画素
  • 超広角:約1,600万画素
トリプルカメラ
  • 広角:約1,200万画素
  • 望遠:約1,200万画素
  • 超広角:約1,600万画素

ディスプレイ割合93%・トリプルカメラ搭載・指紋認証・顔認証

Androidスマホの画面上部に見られる凹型のノッチデザインを廃止することで、ディスプレイ割合93%という大迫力の画面仕様が実現されています。動画を見る時やスマホゲームをプレイする時に、Galaxy S10・S10+の大画面が重宝します。

スマホ本体にはトリプルカメラを搭載。最大1,600万画素の高解像度に加え、スーパー手ブレ補正機能のおかげで動きの激しい動画撮影も可能です。

本人確認には、指紋認証と顔認証の2つに対応。パスコードロックよりもセキュリティレベルが高くて解除しやすいメリットがあり、自分の好きな認証方法を選択することが出来ます。

オリンピックモデルはドコモ限定

2020年の東京オリンピック開催を記念し、2019年7月24日にGalaxy S10+のOlympic Edition(オリンピックモデル)が発売されました。

スペックなどは通常のGalaxy S10+と同じですが、Androidスマホ本体に東京オリンピックのロゴが刻印されています。また、美麗なオリンピックロゴ入りのワイヤレスイヤホンも同梱されており、歴史的モデルを持っているだけでも知人に自慢できることでしょう。

Galaxy S10+のOlympic Editionは、ドコモでしか手に入らない1万台限定の最新人気機種です。欲しい方は、完売する前に購入手続きを行いましょう。

docomoのGalaxy S10、S10+、およびオリンピックモデルは以下のリンクから購入できます。

Galaxy S10 SC-03L
Galaxy S10+ SC-04L
Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L

auのGalaxy S10、S10+は以下のリンクから購入できます。

Galaxy S10 SCV41
Galaxy S10+ SCV42

最新Androidスマホの人気おすすめ【ハイスペック機種:2位】

ハイスペック型Androidスマホには、Galaxy S10・S10+以外にも様々なおすすめ機種があります。

最新ハイスペック型Androidスマホの人気おすすめ機種ランキング2位に輝いた「Xperia1」の特徴をご紹介しましょう。

Xperia1【docomo・au・SoftBank】

Xperia1

出典: https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/products/detail.html?mobile-code=004AJ

Xperia1は、SONYによって製造されているAndroidスマホシリーズ・Xperia(エクスペリア)の最新機種です。2019年6月14日に発売されました。以下の表のようなスペックを備えています。
 

機種名 Xperia1
サイズ 約6.5インチ
重さ 約178g
CPU Qualcomm Snapdragon 855
内蔵メモリ
RAM/ROM
6GB/64GB
インカメラ 約800万画素
アウトカメラ トリプルカメラ
  • 標準:約1,220万画素
  • 望遠:約1,220万画素
  • 超広角:約1,220万画素

21:9ディスプレイ・マルチウィンドウ・トリプルレンズ・シネマプロ

多くのAndroidスマホが16:9のスクリーン比率を採用している中、Xperia1は21:9というユニークな画面比を採用しています。実はこのアスペクト比は映画のスクリーンの画面比率と同じであり、AndroidスマホでNetflixなどの映画を見る時に最高級の臨場感を楽しめる魅力があります。

複数のタスクを並行して表示できる「マルチウィンドウ」に対応。動画を見ながらSNSに投稿するといった2つの作業を簡単に行える利便性があります。

標準・望遠・超広角に対応したトリプルカメラを導入。夜間でも対象物を正確に認識できるため、夜景を撮影する時に優れた性能を発揮してくれます。

docomoのXperia1は以下のリンクから購入できます。

Xperia 1 SO-03L

auのXperia1は以下のリンクから購入できます。

Xperia 1 SOV40

softbankのXperia1は以下のリンクから購入できます。

Xperia 1

最新Androidスマホの人気おすすめ【ハイスペック機種:3位】

ハイスペック型Androidスマホは、GalaxyやXperiaだけではありません。Androidスマホの最新人気機種の中には、他にもたくさんの高性能モデルがあります。

最新ハイスペック型Androidスマホの人気おすすめ機種ランキング3位に輝いた「AQUOS R3」の特徴をご紹介しましょう。

AQUOS R3【docomo・au・SoftBank】

AQUOS R3

出典: https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/products/detail.html?mobile-code=004AK

AQUOS R3は、SHARP(シャープ)によって製造されているAndroidスマホシリーズ・AQUOS(アクオス)の最新機種です。ソフトバンクからは2019年5月24日に、auからは2019年5月25日に、ドコモからは2019年6月1日に発売されました。以下の表のようなスペックを備えています。
 

機種名 AQUOS R3
サイズ 約6.2インチ
重さ 約185g
CPU Qualcomm Snapdragon 855
内蔵メモリ
RAM/ROM
6GB/128GB
インカメラ 約1,630万画素
アウトカメラ デュアルカメラ
  • 標準:約1,220万画素
  • 動画専用:約2,010万画素

10億色・動画専用カメラ・AI処理能力200%向上

AQUOS R3は前機種より色彩表現が強化されており、対応色数が1,677万色から10億色に増えました。これだけのカラーが実装されていれば、Androidスマホの画面上で限りなくリアルな映像を再現することが出来ます。

スマホ本体にデュアルカメラを搭載。動画専用カメラには約2,010万画素のレンズが採用されていて、高品質な映像を撮影することが可能です。

AI(人工知能)の処理能力も前機種から200%もアップ。AQUOS R3で動画を撮影すると、AIが自動的に最適なテーマを判断してショートムービーを作成してくれます。SNSに投稿する時に大変重宝することでしょう。

docomoのAQUOS R3は以下のリンクから購入できます。

AQUOS R3 SH-04L

auのAQUOS R3は以下のリンクから購入できます。

AQUOS R3 SHV44

softbankのAQUOS R3は以下のリンクから購入できます。

AQUOS R3

Androidスマホの人気おすすめ【ミドルレンジ機種】

3万円~5万円程度の予算で購入できるミドルレンジ機種は、コストパフォーマンスを重視するスマホユーザーにおすすめのAndroidスマホです。

最新ミドルレンジ型Androidスマホの人気おすすめ機種ランキング上位にランクインした「Google Pixel 3a/3a XL」、「Xperia Ace」、「Galaxy A30」、「HUAWEI P30 lite Premium」の特徴をご紹介しましょう。

【1位】:Google Pixel 3a/3a XL【SoftBank・SIMフリー】

Google Pixel 3a/3a XL

出典: https://www.softbank.jp/mobile/products/google-pixel/google-pixel-3a/products/

Google Pixel 3a/3a XLは、Googleによって製造されたAndroidスマホ・Pixel 3/3 XLの廉価版にあたる最新機種です。ソフトバンクからは2019年5月17日に発売されました。以下の表のようなスペックを備えています。
 

機種名 Google Pixel 3a Google Pixel 3a XL
サイズ 約5.6インチ 約6.0インチ
重さ 約147g 約167g
CPU Qualcomm Snapdragon 670 Qualcomm Snapdragon 670
内蔵メモリ
RAM/ROM
4GB/64GB 4GB/64GB
インカメラ 8メガピクセル 8メガピクセル
アウトカメラ シングルカメラ(12.2メガピクセル) シングルカメラ(12.2メガピクセル)

夜景モード・Googleアシスタント・Playground

Google Pixel 3a/3a XLは前機種の廉価版という位置づけですが、十分に優れた機能を実装しています。

スマホ本体に内蔵されているカメラには、「夜景モード」が搭載されています。暗い場所でもフラッシュをたくことなく綺麗に写真を撮れるため、屋外での撮影時に重宝します。

Googleの独自AIを活用した「Googleアシスタント」がスマホのシステムにインストールされているのも特徴的です。「OK Google!」と話しかけるか、またはスマホ本体を握りしめると、Googleアシスタントが起動。口頭で命令すると、検索やSNS投稿などの面倒な作業をAIが代行してくれて便利です。

また、「Playground」というユニークなARカメラ機能があり、「アベンジャーズ」や「名探偵ピカチュウ」などの人気キャラクターと一緒に写真を撮ることも出来ます。こういう遊び心はGoogleならではの機能と言えるでしょう。

softbankのGoogle Pixel 3a/3a XLは以下のリンクから購入できます。

Google Pixel 3a
Google Pixel 3a XL

SIMフリー版のGoogle Pixel 3a/3a XLは以下のリンクから購入できます。

Google Pixel 3a/3a XL

【2位】:Xperia Ace【docomo】

Xperia Ace

出典: https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/products/detail.html?mobile-code=004AM

Xperia Aceは、SONYによって製造されているAndroidスマホシリーズ・Xperia(エクスペリア)の最新機種です。ドコモからは2019年6月1日に発売されました。以下の表のようなスペックを備えています。
 

機種名 Xperia Ace
サイズ 約5.0インチ
重さ 約154g
CPU Qualcomm Snapdragon 630
内蔵メモリ
RAM/ROM
4GB/64GB
インカメラ 約800万画素
アウトカメラ シングルカメラ(約1,200万画素)

超広角セルフィー・4コマストーリーモード・イヤホンジャック搭載

Xperia Aceのインカメラには約120度の超広角カメラが搭載されています。人間の視野角並の広さであり、インカメラでも多くの被写体を写すことが可能です。

カメラには「4コマストーリーモード」を搭載。4枚の写真を集めて動画にしたり1枚の写真に仕上げたりして遊べる魅力があります。画像・動画編集の苦手な方におすすめの機能です。

スマホ本体には、防水・防塵対応のイヤホンジャックが付いています。イヤホンジャックを廃止しているAndroidスマホが多い中、有線イヤホンを使っている方でも安心してイヤホン機能を利用することが出来ます。

docomoのXperia Aceは以下のリンクから購入できます。

Xperia Ace SO-02L

【3位】:Galaxy A30【au】

Galaxy A30

出典: https://onlineshop.au.com/disp/CSfLastGoodsPage_001.jsp?GRP_ID=SCV43&dispNo=001005

Galaxy A30は、Samsung(サムスン)によって製造されているAndroidスマホシリーズ・Galaxyの最新機種です。auからは2019年6月6日に発売されました。以下の表のようなスペックを備えています。
 

機種名 Galaxy A30
サイズ 約6.4インチ
重さ 約176g
CPU Exynos7904
内蔵メモリ
RAM/ROM
4GB/64GB
インカメラ 約800万画素
アウトカメラ デュアルカメラ
  • 約500万画素
  • 約1,300万画素

デュアルカメラ・おサイフケータイ・防水防塵

Galaxy A30には広角と超広角のデュアルカメラが搭載されています。一眼レフカメラのように背景だけをボカして写す「ライブフォーカス」機能が使えるため、クオリティーの高い映像を作ることが出来ます。

スマホ本体に内蔵されているFeliCaで電子マネー等の決済を行える「おサイフケータイ」にも対応。楽天Edy、iD、モバイルSuicaなど多彩なスマホ決済を利用できるため、日々の買い物時に大変重宝します。

また、スマホ本体は防水・防塵仕様になっています。悪天候下でも問題なく使用できるので、屋外でAndroidスマホを使う時に安心です。

auのGalaxy A30は以下のリンクから購入できます。

Galaxy A30 SCV43

【4位】:HUAWEI P30 lite Premium【au・SIMフリー】

HUAWEI P30 lite Premium

出典: https://onlineshop.au.com/disp/CSfLastGoodsPage_001.jsp?GRP_ID=HWV33&dispNo=001005

HUAWEI P30 lite Premiumは、華為(ファーウェイ)によって製造されているAndroidスマホシリーズ・P30の最新機種です。米中貿易戦争の影響でHUAWEIのスマホ販売が見送られる中、問題ないと判断したauから2019年8月8日に発売されました。以下の表のようなスペックを備えています。
 

機種名 HUAWEI P30 lite Premium
サイズ 約6.1インチ
重さ 約159g
CPU Kirin 710
内蔵メモリ
RAM/ROM
4GB/128GB
インカメラ 約2,400万画素
アウトカメラ トリプルカメラ
  • 約2,400万画素
  • 約800万画素
  • 約200万画素

トリプルカメラ・ROM128GB

「HUAWEI P30 lite Premium」はau限定仕様機種です。ベストセラーモデルの後継機として高い人気を誇っているものの、アメリカが制裁を科している中国のHUAWEI社の製品なので、一時は販売中止になるのではとの声も上がりました。

3D湾曲デザインが採用されており、見る角度によって背面のデザインが変わる美しいグラデーション加工が特徴的です。

スマホ本体には最大約2,400万画素のトリプルカメラを搭載。AIが自動的に被写体を認識して最適な撮影モードを選択してくれるため、初心者でもプロカメラマン並の映像を撮ることが出来ます。

128GBの大容量メモリも実装。写真や動画データを大量に保存できるので、データ容量不足で困ることは皆無と言えるでしょう。

auのHUAWEI P30 lite Premiumは以下のリンクから購入できます。

HUAWEI P30 lite Premium HWV33

Androidスマホの人気おすすめ【エントリー機種】

Androidスマホの購入費用を少しでも抑えたい方には、初心者向けのエントリー機種がおすすめです。ハイエンドモデルに比べると性能こそ見劣りしますが、日常生活の中で使う分には全く問題ありません。

最新エントリー型Androidスマホの人気おすすめ機種ランキング上位にランクインした「jetfon P6」、「arrows Be3」、「arrows U」、「LG style2」、「AQUOS sense2 かんたん」、「LG K50」の特徴をご紹介しましょう。

【1位】:jetfon P6【SIMフリー】

jetfon P6

出典: https://www.jetfon.jp/phones/jetfon_P6/

jetfon P6は、MAYA SYSTEMによって製造されているAndroidスマホシリーズ・jetfonの最新機種です。2019年5月14日に発売されました。以下の表のようなスペックを備えています。
 

機種名 jetfon P6
サイズ 約5.7インチ
重さ 約162g
CPU Spreadtrum SC9850K
内蔵メモリ
RAM/ROM
2GB/16GB
インカメラ 約500万画素
アウトカメラ デュアルカメラ
  • 約800万画素
  • 約200万画素

クラウドSIM対応・連続テザリング27時間・画面は5.7インチ

jetfon P6の最大の特徴は、「クラウドSIM」に対応している点にあります。

クラウドSIMとは、クラウドサーバー上でSIMカードの交換ができる画期的なシステムのことです。通常のAndroidスマホの場合、SIMカードを交換するためにはスマホ本体から取り出す必要があります。しかしjetfon P6なら、インターネットを介して自由に通信IDを切り替えられます。

この仕様は、特に海外旅行をする時に大変重宝します。世界100か国以上で自由にAndroidスマホを使える上に、1日あたり数百円台から利用できる格安の通信費も魅力的です。

27時間にも及ぶ連続テザリングに対応している上に、3,400mAhの大容量バッテリーを搭載。長時間のインターネット接続にも十分耐えられます。

スマホ本体は、5.7インチの手のひらサイズ。片手操作がしやすく、手の小さい方にもおすすめできる機種です。

jetfon P6は以下のリンクから購入できます。

本体について | jetfon P6

【2位】:arrows Be3【docomo】

arrows Be3

出典: https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/products/detail.html?mobile-code=004AO

arrows Be3は、FUJITSU(富士通)によって製造されているAndroidスマホシリーズ・arrowsの最新機種です。ドコモからは2019年6月7日に発売されました。以下の表のようなスペックを備えています。
 

機種名 arrows Be3
サイズ 約5.6インチ
重さ 約145g
CPU SDM450
内蔵メモリ
RAM/ROM
3GB/32GB
インカメラ 約810万画素
アウトカメラ シングルカメラ(約1,220万画素)

タフさ・防水性・片手操作Exliderが進化

arrows Be3は耐久性に定評のあるAndroidスマホです。1.5mの高さから端末をコンクリートに落としても割れることがない上に、気温が0度を下回る「氷漬け」の環境下でも動作することが確認されています。

防水性もずば抜けており、スマホ本体を直接水洗いできるのが特徴的です。わざわざ乾いた布でこまめにスマホを拭く必要が無く、常に本体を清潔に保つことが出来ます。

arrows Be3の背面にセットされている「Exlider(エクスライダー)」というセンサーにより、指一本で画面操作を行うことが可能。片手でもスピーディーな操作を行えるメリットがあります。

docomoのarrows Be3は以下のリンクから購入できます。

arrows Be3 F-02L

【3位】:arrows U【SoftBank】

arrows U

arrows Uは、FUJITSU(富士通)によって製造されているAndroidスマホシリーズ・arrowsの最新機種です。ソフトバンクからは2019年6月28日に発売されました。以下の表のようなスペックを備えています。
 

機種名 arrows U
サイズ 約5.8インチ
重さ 約166g
CPU SDM450
内蔵メモリ
RAM/ROM
3GB/32GB
インカメラ 約800万画素
アウトカメラ デュアルカメラ
  • 約1,310万画素
  • 約500万画素

Googleアシスタント機能・ポートレート機能あり

arrows Uには、Googleの独自AI・Googleアシスタントが搭載されています。本体横に付いているアシスタントキーを押すと起動し、話しかけるだけで各種スマホ操作を代行させることが可能です。

デュアルカメラには「ポートレート機能」を搭載。背景をぼかして被写体を際立たせることで、一眼レフカメラのような美しい写真を簡単に撮影することが出来ます。

最新機種ながら本体価格も3万円程度と非常に安く、Androidスマホ初心者でも気軽に購入できる安心感があります。

softbankのarrows Uは以下のリンクから購入できます。

arrows U

【4位】:LG style2【docomo】

LG style2

出典: https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/products/detail.html?mobile-code=004AN

LG style2は、LG Electronics(LGエレクトロニクス)によって製造されているAndroidスマホシリーズ・LG styleの最新機種です。ドコモからは2019年7月12日に発売されました。以下の表のようなスペックを備えています。
 

機種名 LG style2
サイズ 約6.0インチ
重さ 約176g
CPU Qualcomm Snapdragon 450
内蔵メモリ
RAM/ROM
4GB/64GB
インカメラ 約810万画素
アウトカメラ デュアルカメラ
  • 約1,620万画素
  • 約1,310万画素

3,900mAhバッテリー・片手で使えるミニビュー搭載

LG style2に搭載されているバッテリー容量は3,900mAh。2019年にドコモから発売されたAndroidスマホの中で、トップクラスの耐久性を誇っています。日常的な用途なら、最大で5日間程度充電無しで連続使用することが可能です。

「ミニビュー」という独自機能も搭載されており、現在表示されている画面を利き手側に小さく寄せることが可能です。片手でも大画面ディスプレイをさらに効率よく使用できるように工夫されている点が好印象です。

docomoのLG style2は以下のリンクから購入できます。

LG style2 L-01L

【5位】:AQUOS sense2 かんたん【au】

AQUOS sense2 かんたん

出典: https://onlineshop.au.com/disp/CSfLastGoodsPage_001.jsp?GRP_ID=SHV4K&dispNo=001005

AQUOS sense2 かんたんは、SHARP(シャープ)によって製造されているAndroidスマホシリーズ・AQUOS senseの最新後継機種です。auからは2019年6月14日に発売されました。以下の表のようなスペックを備えています。
 

機種名 AQUOS sense2 かんたん
サイズ 約5.5インチ
重さ 約155g
CPU Qualcomm Snapdragon 450
内蔵メモリ
RAM/ROM
3GB/32GB
インカメラ 約800万画素
アウトカメラ シングルカメラ(約1,200万画素)

かんたんモード・指紋認証・顔認証

「かんたん」という名称通り、スマホ初心者を悩ませるようなAndroidの難解な仕様に対処されているのが特徴的です。

ホーム画面のアイコンが通常より大きく表示されており、しかもアイコンの下にその説明が丁寧に記載されています。スマホの専門用語を覚えるのが苦手な年配の方でも、説明を見ながら操作を進められる安心感があります。

本人確認は、指紋認証と顔認証の2つに対応。パスコードを覚えなくてもロックを解除できるセキュリティシステムが実現されています。

auのAQUOS sense2 かんたんは以下のリンクから購入できます。

AQUOS sense2 かんたん

【6位】:LG K50【SoftBank】

LG K50

LG K50は、LG Electronics(LGエレクトロニクス)によって製造されているAndroidスマホシリーズ・LG Kの最新機種です。ソフトバンクからは2019年7月5日に発売されました。以下の表のようなスペックを備えています。
 

機種名 LG K50
サイズ 約6.2インチ
重さ 約172g
CPU MT6762
内蔵メモリ
RAM/ROM
3GB/32GB
インカメラ 約1,300万画素
アウトカメラ デュアルカメラ
  • 約1,300万画素
  • 約200万画素

低価格帯ではバッテリーが3500mAhと大容量

LG K50は3万円程度で購入できる安価なAndroidスマホですが、3,500mAhもの大容量バッテリーが搭載されています。過度な使い方をしなければ、4日程度の連続使用が可能。バッテリーを気にすることなく、気軽に動画を視聴できるメリットがあります。

デュアルカメラには、ポートレート機能を搭載。また、AIが自動的に最適なモードを選択して被写体を撮影できる機能も実装されており、簡単にきれいな写真を撮れる魅力があります。

softbankのLG K50は以下のリンクから購入できます。

LG K50

Androidスマホの人気おすすめ【SIMフリー機種】

SIMフリータイプのAndroidスマホを購入すれば、契約キャリアを乗り換える時に端末をそのまま流用できて便利です。

最新SIMフリー型Androidスマホの人気おすすめ機種ランキング上位にランクインした「ASUS ZenFone Max(M1)」と「SHARP AQUOS sense lite SH-M05」の特徴をご紹介しましょう。

【1位】:ASUS ZenFone Max(M1)

ASUS ZenFone Max(M1)

出典: https://jp.store.asus.com/store/asusjp/ja_JP/pd/productID.5235555100/ZenFone-Max-M1-ZB555KLGD32S3?_ga=2.149163446.1285731590.1565609076-1108296936.1565609076

ASUS ZenFone Max(M1)は、ASUSによって製造されているAndroidスマホシリーズ・ZenFone Maxの機種です。2018年9月19日に発売されました。以下の表のようなスペックを備えています。
 

機種名 ZenFone Max(M1)
サイズ 約5.5インチ
重さ 約150g
CPU Qualcomm Snapdragon 430
内蔵メモリ
RAM/ROM
3GB/32GB
インカメラ 約800万画素
アウトカメラ デュアルカメラ
  • 約1,300万画素
  • 約800万画素

4,000mAhの大容量バッテリーを搭載。しかも電池の消耗を最適化してくれるインテリジェントパワーマネジメント技術が搭載されており、バッテリーを長持ちさせることが出来ます。

本体デザインには、2.5Dの曲面ガラスを採用。82%ものディスプレイ占有率で、大迫力の映像を楽しめる魅力があります。

2つのnanoSIMカードスロットと、最大2TB対応のmicroSDカードスロットを搭載。拡張性も高く、必要に応じて写真や動画データをmicroSDカードに保存することが出来ます。


ASUS ZenFone Max(M1)は以下のリンクから購入できます。(先に本体カラーを選択しないとカートに入れることが出来ません。)

ASUS ZenFone Max(M1)

【2位】:SHARP AQUOS sense lite SH-M05

SHARP AQUOS sense lite SH-M05

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%97-SH-M05-%EF%BC%88%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88%EF%BC%895-0%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%81-SIM%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3-SH-M05-W/dp/B0776PCRHG

SHARP AQUOS sense lite SH-M05は、SHARP(シャープ)によって製造されているAndroidスマホシリーズ・AQUOS senseの機種です。2017年12月1日に発売されました。以下の表のようなスペックを備えています。
 

機種名 AQUOS sense lite SH-M05
サイズ 約5.0インチ
重さ 約147g
CPU Qualcomm Snapdragon 430
内蔵メモリ
RAM/ROM
3GB/32GB
インカメラ 約500万画素
アウトカメラ シングルカメラ(約1,310万画素)

おサイフケータイ、伝言メモ(簡易留守録設定)、緊急地震速報など便利な機能が充実。指紋センサーを搭載しているので、ワンタッチでロックを解除できます。

スマホ本体が防水・防塵仕様になっており、悪天候下でも使用可能です。ノイズの少ないIGZOディスプレイが採用されているため、濡れた手でも誤動作しにくいのが特徴的です。

耐衝撃試験をクリアしている強化ガラスにより、表面に傷がつきにくいメリットがあります。また、横からのぞき込もうとしても画面がほとんど見えないプライバシー配慮型のスクリーン仕様も注目に値します。

SHARP AQUOS sense lite SH-M05は以下のリンクから購入できます。

Amazon | シャープ SIMフリースマートフォン AQUOS sense lite SH-M05(ホワイト) SH-M05-W | スマートフォン本体 通販

重点ポイント!Andoroidスマホの選び方

Androidスマホには数え切れないほど多くの種類があるため、どの機種を選べば良いのか非常に迷うことでしょう。

ここでは、Androidスマホを購入する際に意識すべき7つのポイントについて解説していきます。

自分の用途に合ったサイズを選ぶ

Androidスマホの大きさは機種によって千差万別です。

画面が大きい方が見やすいですが、大きすぎると片手で持ちづらくなります。反対に画面が小さいと持ち運びには便利ですが、文字が読みづらくなります。

人によって手の大きさは異なるので、自分が使いやすいと感じるサイズのAndroidスマホを選ぶことが大切です。可能であれば、売り場に行って実物を持ってみると良いでしょう。

キャリア専用スマホかSIMフリースマホを選ぶ

Androidスマホには、docomo・au・softbankなどのキャリアが販売している「キャリアスマホ」と、メーカーが販売している「SIMフリースマホ」があります。

キャリアスマホの場合、契約手続きが楽、SIMカードをスタッフがセットしてくれる、アフターサポートも万全というメリットがあり、初心者におすすめです。

SIMフリースマホの場合、格安SIM業者と契約することでスマホ代を大幅に安く抑えられるメリットがあります。(契約キャリアの乗り換えも簡単。)

しかし、SIMカードのセットやAndroidスマホの初期設定を全て自分で行う必要があるため、Androidスマホに関する知識が無いと窮地に陥るリスクがあることに注意が必要です。

カメラのこだわりは画素数を調べる

Androidスマホで写真や動画を撮影する機会の多い方は、カメラの画素数をチェックしましょう。一般的に、カメラの画素数の多いAndroidスマホの方がきれいな映像を撮ることが出来ます。クオリティーを重視するなら、最低でも800万画素以上のAndroidスマホを選ぶと良いでしょう。

また、ダブルレンズやトリプルカメラを搭載している機種なら、ポートレート機能やAIアシストで立体感のある映像を作れる強みもあります。

予算が許せばROMは大きいものを選ぶ

Androidスマホで写真や動画を撮影していると、あっという間にストレージ容量の残りが少なくなっていきます。出来れば32GB以上のROMが搭載されているAndroidスマホを選びましょう。

microSDカードを端末にセットすることで保存容量を増やすことも可能ですが、たまに拡張スロットの無いAndroidスマホも存在します。念のため事前に確認しておいた方が良いでしょう。

バッテリー容量も大きいなら電池切れの心配無用

Androidスマホを連続使用する方は、充電性能もチェックしましょう。

目安として、バッテリー容量が3000mAh以上あれば、長時間の連続使用に耐えられるタフなAndroidスマホと判断することが出来ます。高速充電に対応していれば、なお重宝することでしょう。

サクサク動かしたいなら大きいRAMを選ぶ

RAM(メインメモリ)の容量はAndroidスマホの作業領域を表しており、あまりにも少なすぎると動作がすぐに重くなってしまいます。

目安として、RAMが3GB程度あれば使用に際してストレスを感じることはほぼ無いでしょう。オンラインゲームや動画編集をするなら、4~6GB以上のRAMが欲しいところです。

各機種の機能を確認すること

Androidスマホは、機種ごとに異なる特長を持っています。
 

  • 音声認識AIが搭載されているAndroidスマホなら操作が簡単
  • おサイフケータイに対応しているAndroidスマホならスマホ決済を使える
  • 顔認証・指紋認証に対応しているAndroidスマホならセキュリティ面で安心

「Androidスマホを使って何をしたいのか」を考慮し、自分のスタイルに合ったAndroidスマホを選ぶことが肝心です。

Androidスマホを使ってみよう

66609504 466188390827055 3256689375894714520 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
smartphones_design

今回は、Androidスマホのおすすめ機種やAndroidスマホを選ぶときのポイントなどをご紹介いたしました。最後に本記事の要点をまとめると、以下の5点が挙げられます。
 

  • AndroidスマホとiPhoneに大きな性能差はないため、コストパフォーマンスに優れているAndroidスマホの人気が増えてきている
  • スペックを重視するなら、Galaxy、Xperia、AQUOSなどの最新機種がおすすめ
  • 安さを重視するなら、jetfon、arrows、LG styleなどの最新機種がおすすめ
  • ZenFone MaxやAQUOS sense lite SH-M05などのSIMフリー機種は通信費の節約に重宝するが、各種設定を自分で行わなければならないので初心者にはおすすめできない
  • サイズ・カメラ性能・メモリ・バッテリー容量などをチェックし、自分の用途に合った機種を選ぶことが大切

iPhone一強だった日本のスマホ業界でも、Androidスマホの魅力を再評価する機運が高まっています。これまでAndroidスマホを使ったことのない方は、ぜひ本記事を参考にしてAndroidスマホに乗り換えてみてもよいでしょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ